日曜日, 5月 19, 2024
ホームアメリカ子供用Covidショットからスズメバチの毒が検出される

子供用Covidショットからスズメバチの毒が検出される

By Michael Baxter -2022年7月27日(Real Raw Newsより翻訳)

恐怖は終わらないのか?

米軍は、製造元のファイザーとモデルナが製造し、生後6か月から5歳の子供用に減衰したとされるCovid-19ワクチンから、異常な成分を発見し続けている。先週、Real Raw Newsは、軍がニューヨーク、カリフォルニア、ワシントンの集団予防接種センターで、有害な特性を持つ幻覚剤混合物であるスコポラミンを発見したことを独占的に報告した。犯罪者バイデン政権とCDC長官のロシェル・ワレンスキーは、「これらの予防注射は、私たちがこれまでに直面した最も致命的な病気から子供たちを守るだろう」と言っているのである。しかし、米軍内のホワイト・ハットは、これらの大量接種場所を偵察し、化学分析のためにワクチンの小瓶を密かに押収してきたのである。最新のデータでは、ワシントン州レッドモンドのワクチン接種センターから入手したサンプルには、タランチュラ・ホーク・スズメバチの毒が含まれている。昆虫学者のジャスティン・シュミットによれば、この毒は地球上で最も痛い刺し傷にランクされているとのことである。

7月25日、米陸軍医療研究所のホワイト・ハットは、レドモンドで採取された75本(450回分)の子供用Covidワクチンを受け取った。75本のうち4本には、1,000本あたり19mgの毒液が含まれていた。典型的なタランチュラ・ホークの刺し傷は100mcgの毒を出す。平たく言えば、各バイアルには19,000mcgの毒が含まれており、1回あたり42.5mcgの毒が含まれていることになる。しかし、被害者は幼い幼児や子供であり、痛みのしきい値が低い。

大人はタランチュラ・ホークに刺されるとスズメバチよりひどいと表現しており、明らかに痛みを伴い、一時的に衰弱することが示唆されている。

さらに悪いことに、スズメバチに刺されたアレルギーのある子供の約1%がアナフィラキシーショックに耐えている。エピペンなどの抗ヒスタミン剤がない場合、一回刺されただけで死んでしまう子供もいる。

しかし、ホワイト・ハットは、スズメバチの毒が、子供を根絶する優生学プログラムの一部だとは考えていません。むしろ、ディープ・ステートが、邪悪だが完全には解明されていない計画の一環として、国民の最も弱い層である子供たちに計り知れない苦しみを与えることを目的とした、広範囲なプログラムに関与していると断言する。

「これは明らかに、子供たちがCovidの注射を受けるときに痛みで悲鳴をあげるようにするためのものだ。注射だけでも十分痛いが、スズメバチの毒が加わると100倍ひどくなる」と医療研究開発司令部のジョン・フォーサイス大尉は言う。「汚染されたワクチンを接種する子供たちがごく一部であることは、問題ではありません。それは言いようのない恐ろしさと、それを受けた人に害を及ぼす可能性があるからです。汚染物質がなくても、ワクチンは十分に致命的です」。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

1コメント

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す