月曜日, 7月 22, 2024
ホーム外部ソースヒドロキシクロロキンを覚えているか?

ヒドロキシクロロキンを覚えているか?

ドナルド・トランプが宣伝したヒドロキシクロロキンを覚えているか? インドで行われた研究で、Covid-19の治療薬として支持される

Prabhash K Dutta  2021年6月7日(INDIA TODAYより翻訳)

昨年、アメリカのドナルド・トランプ元大統領が魔法のようなCovid-19治療薬として宣伝したマラリア治療薬であるヒドロキシクロロキンが、インド内科医会の雑誌に掲載された予防的研究で有効であることが判明した。

昨年、ドナルド・トランプ元米国大統領によって魔法のようなCovid-19治療薬として宣伝されたマラリア治療薬であるヒドロキシクロロキン(HCQ)が、先週、インド内科医会(Journal of The Association of Physicians of India:JAPI)に掲載された予防的研究で有効であることが判明した。


この研究では、HCQとして親しまれているヒドロキシクロロキンが、その投与法によって程度の差こそあれ、SARS-CoV-2感染を予防できることが示された。最も予防率が高かったのは、ヒドロキシクロロキンを6週間またはそれ以上の期間投与した人で、72%の予防率が得られた。


この研究では、「他の危険因子を調整した場合、政府の推奨通りのHCQ投与量、2-3、4-5、6以上の期間で、Covid陽性の確率が34%、48%、72%減少した」と述べている。


この研究は、昨年の5月から9月にかけて行われたもので、当時はまだHCQがCovid-19の治療プロトコールにおける連邦保健省の推奨事項の一部だった。


HCQをめぐる攻防


この研究は、ドナルド・トランプ氏とその顧問である米国の感染症のトップ専門家アンソニー・ファウチ博士を含む当局や専門家の主張に異議を唱えることを背景に始まった。


2020年3月、ドナルド・トランプ氏は、ヒドロキシクロロキンはCovid-19との戦いにおいて「ゲームチェンジャー」となる薬だと宣言した。ファウチ博士は、研究や証拠がないことを理由にこの主張を退けた。ファウチ氏の反論にもかかわらず、トランプ氏はHCQを予防薬として服用することを声高に主張し続けた。


なお、連邦保健省は6月6日、ヒドロキシクロロキンをCovid-19の治療プロトコルから削除した。保健サービス局長が日曜日(6月6日)に発表した9ページのガイドラインの中で、ヒドロキシクロロキン、イベルメクチン、ファビピラビルは言及されていない。


今回の政府の決定は、Covid-19症例にヒドロキシクロロキンを推奨する研究ベースの証拠がないことを指摘した専門家からの批判を受けてのものである。しかし、政府のガイドライン改訂版は、5月17日に発表されたインド医学研究評議会(Indian Council of Medical Research:ICMR)の勧告と矛盾している。


ICMRのガイドラインでは、軽度のCovid-19症例にヒドロキシクロロキンを使用することが定められている。


この研究が重要な理由


この予防的(病気の予防に関する)研究の著者は、本研究が「HCW(医療従事者)に対するHCQの予防投与に関する最大の多施設共同研究であり、Covid-19のリスクがある12,000人以上のHCWを対象としている」と述べている。


この研究は、昨年5月から9月にかけて、17州の44の病院で、数百人の医師を巻き込んで行われ、彼らはヒドロキシクロロキンの投与を受けた。


ある研究者の言葉である。


この研究の共著者の1人であるRaj Kamal Choudhry博士は、「1985-86年版の『Harrison’s Principles of Internal Medicine』(医科大学で医学を学ぶ学生に強く推奨される本)の中で、ファウチ博士は、HCQは抗マラリア薬であるにもかかわらず、抗ウイルス剤として働くと書いている。当時はCovid-19はなかった。HCQの抗ウイルス性は知られていた」と述べている。


ビハール州のバガルプール医科大学でHCQの予防研究の責任者だったDr Raj Kamal Choudhryは、「約2,700人の医師やパラメディカルスタッフ、洗濯屋や厨房の人たちに、HCQの予防投与を行った。HCQ 400mg 1×2を初日に投与し、その後1日1錠を4日間投与した」と言う。


「動悸があり、QT延長(心臓病の指標)がある人には投与しなかった。この薬を飲んだ人は、5と6を除いてCovidにかかっていないい。その効果は絶大だった。その後、軽症の人にもこの薬を投与した。ICUに入っている患者だけは投与しなかった」。


「HCQを投与された2,700人のうち、700人は医師だった。BhagalpurでSARS-CoV-2に感染したのは5~6人だけだったが、重篤な合併症を発症した者はおらず、Covid-19で死亡した者もいなかった」とRaj Kamal Choudhry医師はIndiatoday.inに語った。


ちなみに、10月にCovid-19の陽性反応が出たドナルド・トランプ氏は、コロナウイルス感染症から急速に回復し、重篤な合併症を示すことはなかった。


研究者の提言


研究者らは結論として、「HCQはCovid-19のリスク低減に有効であり、800mgのローディングと400mgの週間投与で2週間以上の投薬が必要である」と述べている。


また、HCQは参加者の間で「良好な忍容性」を示したという。本研究の政策的含意として、著者らは、「ワクチンには限界があるため、特に低資源環境では、HCQのような予防の代替戦略が重要である」と述べた。


この研究結果は、インドが深刻なワクチン不足に直面しており、国内でワクチンの入手が可能になるまでにはまだ数か月かかることを考えると、重要な意味を持る。しかし、どのような人にHCQの予防投与を勧めるかについては、連邦保健省とICMRが再検討する必要があるだろう。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

1コメント

  1. HCQとインドで開発された新薬によって、ワクチンを打たなくてもCovid-19は撃退できるのではないかと思う。

    それなのに、なぜCDC、マスコミ、民主党はHCQを否定したのか? つまりワクチンを打たせたい「目的」の疑いが浮上してくる。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す