木曜日, 4月 18, 2024
ホーム外部ソースウィルス研究をめぐる、科学者の巨大利権の疑い

ウィルス研究をめぐる、科学者の巨大利権の疑い

●元CDC長官:実験室リーク説で仲間の科学者から死の脅迫を受けるとは思わなかった

エド・モーリシー 2021年06月03日Hot Airより翻訳)

別の見出し:目覚めた科学者の異端審問を誰も予想していない! ヴァニティ・フェア誌は、COVID-19の起源に関する実験室リーク仮説の議論を封じ込めようとする、科学、メディア、政府の組織による奇妙だが広まっている試みについて、広範囲かつ印象的な調査を行っている。元CDC長官のロバート・レッドフィールドは、この仮説を公に提案したために、他の科学者から死の脅しを受けたほどである。


ヴァニティ・フェア誌の数ヶ月にわたる調査では、40人以上の関係者へのインタビューと、内部メモ、会議議事録、電子メールのやり取りなど数百ページに及ぶ米国政府の文書を調査あした結果、議論を呼んだウイルス研究を支援する政府の大規模な助成金に起因する利益相反が、COVID-19の起源に関する米国の調査をあらゆる段階で妨げていることが判明した。ある国務省の会議では、中国政府に透明性を求めようとした職員が、同僚から武漢ウイルス研究所の機能獲得型研究を調査するなと明確に言われたという。


ヴァニティ・フェア誌が入手した内部メモによると、国務省軍備管理・検証・コンプライアンス局のトーマス・ディナンノ元次官補は、自分の局と国際安全保障・不拡散局の2つの局のスタッフが、自分の局のリーダーに「COVID-19の出所の調査を進めないように」と「警告」したと書いているが、それは「このままではパンドラの箱を開けてしまう」からである。…


しかし、昨年のほとんどの期間、実験室からの漏洩というシナリオは、単に可能性が低い、あるいは不正確であるというだけでなく、道徳的にも許されないものとして扱われていた。3月下旬、元疾病対策センター長のロバート・レッドフィールドは、COVID-19が研究室で作られたものだとCNNに語った後、同僚の科学者たちから死の脅迫を受けた。「別の仮説を提案したために、私は脅迫され、追放された」とレッドフィールドはヴァニティ・フェア誌に語っている。「私は政治家からそう言われるのを期待していましたが、科学者からは期待していませんでした」。


トランプ大統領が退任したことで、彼の外国人嫌いを否定することができるようになりましたが、それでも、なぜ世界のあらゆる場所で、世界で最も広範なコウモリウイルスのコレクションを保有し、最も積極的な研究を行っている研究所のある都市で、アウトブレイクが始まったのかを問うことができるはずです。


ニュース速報:トランプ大統領の「外国人嫌いの政策」を否定しても、この質問をすることはずっと可能だった。多くの人がそうしたが、陰謀論者や人種差別主義者、あるいはその両方としてメディアに同情された。


CNNのインタビューがパンデミックの初期に行われたかというと、そうではない。レッドフィールドが人獣共通感染症による感染の可能性に懐疑的な見解を示したのは2021年3月、ちょうど2ヵ月前のことだ。その4日後には、WHOのテドロス・ゲブレイエスス事務局長も、実験室からの漏洩仮説を本格的に調査する必要があると示唆しており、レッドフィールドのプレッシャーが軽減されたことは間違いない。このような基本的な科学的調査に対する脅迫や誹謗中傷は、政治的な正しさを押し付けようとする協調的な努力や、科学よりも中国に迎合しようとする姿勢を如実に物語っている。


その呪縛が解けた今、誰もがなぜ中国が真剣に科学的調査を行うことを妨げているのかに興味を持っているようだ。例えば、ワシントン・ポスト紙は、中国がウイルス研究と武漢ウイルス研究所の運営について、独立した調査とオープンな議論を行うことに難色を示していると、今日の読者に伝えている。


中国の初期のパンデミック対応を監督した機関である武漢CDCによる遠征から得られた科学については、中国国外では何も知られていない。洞窟で発見されたウイルスがあったとしても、それを公表していないし、調査が行われた時期も明らかにしていない。3月に発表された世界保健機関(WHO)の報告書によると、武漢CDCは、コロナウイルス発生以前のコウモリウイルスに関する保管や研究活動を否定しているが、ビデオの中で田俊华(Tian Jun-hua)氏が「何十ものコウモリの洞窟を訪れ、300種類ものウイルスベクターを研究した」と自慢していることとは、整合性が取れない。


田氏は1年以上も公の場で発言していない。


科学者の口封じ、全面的な否定、生データや生物学的サンプルの慎重な管理、これらはコロナウイルス発生の各段階における中国当局のアプローチを象徴するものである。中国当局は、世界が答えを得るのを妨害し続けているのだ。


この3つの段落、特に最後の段落は、過去18ヶ月の間にいつ書かれてもおかしくなかった。そして、レッドフィールドが実験室リーク説に興味を示した時に書かれた可能性もある。


中国当局は、WHOが派遣した国際チームをあまり快く思っていなかった。中国当局は、WHOが派遣した国際チームをなかなか受け入れようとしなかった。現地に到着した国際チームに与えられたアクセスは限られたものであった。初期のコロナウイルス感染者がいたとされる市場を訪れたが、その市場は1年前に閉鎖され、内容物はとっくに取り除かれていた。武漢ウイルス研究所への訪問は3時間だった。中国の科学者たちが事前に収集したデータをもとに、彼らは満足のいく報告をしなければならなかった。


その結果、パンデミックの原因について世界の理解を深めるには至らない報告書となってしまった。


このことは、WHOによる独自の調査が行われている間に、痛切に感じられた。確かに一部のメディアは、中国が調査員にきちんと協力しないことを報じていた。しかし、3月末にゲブレイスス氏が認めるまで、ほとんどのメディアは、ワシントン・ポストの言葉を借りれば、人獣共通感染症による感染以外の説はすべて「否定された」と主張した。そして、COVID-19の出所についてきちんとした調査を求める人々を攻撃し続け、もし中国に隠し事がないのであれば、なぜ中国が調査を妨害しているのかを自問しようともしなかった。


このような質問は、通常、ジャーナリストが自分で調査しようとするきっかけになるものではないだろうか? 科学者はもちろんのこと、ジャーナリストも。


結局、科学者には重大な利益相反があるかもしれない。ランセット誌は、人獣共通感染症による感染を有力な説というだけでなく、唯一受け入れられる説明として世間に広める役割を早くから果たしてきた。その努力はどこから始まったのだろうか。


ランセット誌の声明は、ピーター・ダスザックという動物学者が署名しただけでなく、組織したものであることが明らかになった。彼は、米国政府の助成金を再梱包して、機能向上研究を行う施設に割り当てており、その中にはWIVも含まれている。現在、ハドソン研究所の上級研究員であるデビッド・アッシャーは、国務省でCOVID-19の起源に関する日々の調査を担当していた。彼によると、連邦政府の中には「巨大な機能向上のための官僚機構がある」ことがすぐに明らかになったという。


科学界は「科学に従った」のではなかった。彼らは金に従ったのだ。COVID-19がどのようにして誕生したのか、武漢ウイルス研究所がこれ以上のパンデミックを引き起こすことはないのか、といったことについても独立した調査が必要であると考えている。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す