日曜日, 6月 16, 2024
ホーム外部ソース米国保健社会福祉省の内部告発者が、「子供たちを犯罪者の手に渡す」ために費やされた「税金」を明らかにした。私の女性スポンサーは「私を男性にポン引きする」。

米国保健社会福祉省の内部告発者が、「子供たちを犯罪者の手に渡す」ために費やされた「税金」を明らかにした。私の女性スポンサーは「私を男性にポン引きする」。

20221129日(projectveritas.comより翻訳)

タラ・リー・ロダス、誠実・効率に関する監察総監評議会。「(Project Veritasでの私の証言を)聞いている人たちの税金は、子どもたちを犯罪者の手に渡すために支払われているのです」。

ロダス:「私たちのスポンサーは通常、市民ではありません。彼らは永住者ではありません。彼らは法的な存在感がないのです」。

ロダス:「スポンサーは(移民の)子供に『強制退去命令』を突きつけて、『これはあなたの強制退去命令です。もし、私の言うことを、私の言うときに実行しないなら、私自身がICEを呼び出すことになる』と。私たちはお金を払って子供たちを犯罪者の手に渡しているのです」。

ロダス:「(司令部の幹部に)『(テキサス州オースティンに)また子供を送る準備をしている』と言ったら、『タラ、子供を長く預かりすぎると訴えられるだけだということを理解した方がいいんじゃないか。人身売買業者から訴えられることはないんです。分かりましたか? 私たちは人身売買業者から訴えられることはありません」。それがアメリカ連邦政府の答えだったんですねHHSはこの情報を流出させたくなかったのです」。

ロダス:「彼らは私が保護された情報開示をしたことを知っていて、内部告発者である私に報復し、現場から追い出させ、もう事件を調査できないようにしたのです」。

移民の女性の子供:「おばさんが(私の)スポンサーになってくれたけど、家から追い出された。彼女は私をポン引きしていたので、私はそれが好きではありませんでした。彼女は私を男性にポン引きしていたのです」。

移民の女性の子供:「ある晩、私は逃げ出したの。私は彼女(おばさん)に『コインランドリーに行ってくる』と言ったんです。おばさんはコインランドリーに行ったけど、私はいなかった。その後、彼女は入国管理局に電話しました」。

[WASHINGTON, D.C. – Nov. 29, 2022] Project Veritasは本日、Council of the Inspectors General on Integrity & Efficiency [CIGIE]という連邦政府機関内で働く内部告発者を取り上げた新しいビデオを公開した。

内部告発者であるタラ・リー・ロダスは、米国保健社会福祉省[HHS]の同伴者なしの移民の子供たちの処理を支援するために志願し、カリフォルニア州ポモナの緊急受け入れサイトに配備された。

ロダスはProject Veritasの創設者であるジェームズ・オキーフと対談し、現在の児童スポンサー制度がこれらの未成年者にとっていかに不安定なものであるかを説明した。

「聞いている人々の税金は、犯罪者の手に子供たちを渡すために支払われているのです」と、ロダスはオキーフに言った。

「私たちのスポンサーは通常、市民ではありません。彼らは永住者でもない。彼らは法的に存在しないのです」と彼女は言った。

スポンサーは『国外退去命令』を子供に突きつけて、『これはあなたの国外退去命令です。もし、私の言うことを聞かないなら、私自身がICEに通報しますよ』と。私たちはお金を払って子供たちを犯罪者の手に渡しているのです。

内部告発者は、連邦政府の官僚に、その機関の中で起きている不正の可能性について質問したことがあるが、その反応はたいてい彼女の懸念に否定的だったと断言する。この問題を提起したことで、職場で報復を受けたと彼女は考えている。

私が「もう一人、テキサス州オースティンに送る準備をしています」と言うと、「タラ、私たちが訴えられるのは、子供を長く保護した場合だけだということを理解する必要がありますね」と言われました。人身売買業者から訴えられることはないんです。分かりましたか? 私たちは人身売買業者から訴えられることはありません」。それがアメリカ連邦政府の答えだったわけです。HHSはこの情報を外に出したくなかったのです」とロダスは言った。

「私が保護された情報公開をしたことを知っていた彼らは、内部告発者である私に報復し、もう事件の調査ができないように現場から追い出させたのです」と、彼女は述べた。

ロダスが名乗り出た結果、Project Veritasのジャーナリストは、個人をインタビューして人身売買が行われているかどうかを調査するために、内部告発者が提供した複数の住所を訪れた。
ベリタスのジャーナリストは、そのうちの1回で移民の女性未成年者に話を聞き、彼女がスポンサーから性的虐待を受けていたことを明かした。

「おばさんがスポンサーになってくれたんだけど、私を家から追い出したの。彼女は私をポン引きしていたのですが、私はそれが好きではありませんでした。彼女は私を男性にポン引きするんです」とその子は言った。

「ある晩、私は逃げ出したんです。おばさんに『コインランドリーに行ってくる』って言ったんだ。おばさんはコインランドリーに行ったけど、僕はいなかった。その後、彼女は入国管理局に電話しました」。

Project Veritasは、ストーリーが進展するにつれて、今週中にこの問題に関するより多くの情報を公開する予定です。同様の状況に気づいている内部告発者は、国民が知るべき情報をもって、VeritasTips@protonmail.com までご連絡ください。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す