木曜日, 4月 18, 2024
ホームアメリカホワイト・ハットが中間選挙を監視する

ホワイト・ハットが中間選挙を監視する

By Michael Baxter -2022年6月2日(Real Raw Newsより翻訳)

ホワイト・ハットの情報筋がReal Raw Newsに語ったところによると、分裂した米軍のホワイト・ハットは、激戦州の地上部隊と要塞化された司令部のサイバーセキュリティ専門家チームで、中間選挙の結果をリアルタイムで積極的に監視する予定だ。

2020年の再現を阻止しようとするホワイト・ハットの指揮官は、自暴自棄になった狡猾な民主党が再び米国の選挙プロセスを妨害しようとする十分な証拠を持っているのだ。ホワイト・ハットは暗号化されたメールもプレーンテキストメールも匿名のアカウントから傍受しており、それらは軍がディープ・ステートの資産によって運営されていると考えている、と彼は具体例を挙げずに語った。また、ディープ・ステート関係者は、無害な仮名で選挙窃盗計画について議論しているという。

「彼らは我々が監視していることを知っていて、より巧妙になっている。我々の努力を妨げるので多くは語れないが、中間選挙を貶めるための大規模で統一された努力が進行中であることを示唆する疑わしいパターンを確認した」と、この情報筋は述べた。

ホワイト・ハットは、その結果を阻止するために、相当な戦力を投入している。私服に身を包んだ特殊作戦部隊のメンバーは、少なくとも9つの州で投函箱と投票所を張り込む予定だ。また、民主党のお気に入りの戦術である、有権者ID法のない州の投票所間を移動するANTIFAと不法移民のバスにも目を光らせている。

「捕まった者は即座に逮捕されるか、国外追放される」と、情報筋は語った。

同時に、ホワイ・トハットの選挙アナリストは、ゴードン要塞の難攻不落の司令部壕に座り、そこで有権者の不正が蔓延している「ホットスポット」をリアルタイムで監視することになる。不正はすぐに追跡され、対処されることになる、と情報筋は述べている。

「2020年にバイデンが午前3時に謎の票の束を受け取ったが、我々はそれを阻止する立場にある。もし、カウンターの机の下に無防備な投票用紙が入ったスーツケースが置かれているのを発見したら、その場所に踏み込んで、すべての投票用紙を精査する」と説明した。

ホワイト・ハットは何人くらいこの作戦に参加しているのか、という質問には、「私でもその数は知らない。たくさんだ。特殊部隊、陸軍レンジャー、海兵隊との共同作戦だ。民主党がアメリカ国民に不正な選挙をしないように、あらゆる方法を駆使するつもりだ」と語った。

ホワイト・ハットが共和党の上院議員、下院議員、知事に説明したかどうかという質問に対しては、「計画は知っているが、詳細は知らない」と答えた。ホワイト・ハットは不正の印象を避けたいので、ロジスティックスの詳細を「軍事のみ」に限定している。

「包括的なブリーフィングを受けたのはトランプ大統領だけであり、我々は彼の祝福を受けている」と、この情報筋は述べた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

11 コメント

  1. また、当然不正をするのではないかと心配していました。結果に期待しています。トランプ氏側候補者の大勝を期待しています。軍は、本当に行動力がありますね。いつも感心します。

  2. 又、ドミニオン社製のカウントシステム使うなら海外からも数を操作出来るから見張ってても防げないのでは?と思います。テキサス州の様に夜から早朝まではシステムのネットを遮断するとかしないと。

  3. 投票の進捗がタイムリーに分かるようにしたら、前回みたいな誰も投票してない夜中に大量のバイデン票が入った的な異常現象は、流石に??と思われるでしょうから民主党側も操作しにくくなるかと。

  4. ドミニオンの投票機は、CIAが発展途上国の選挙を自由に操るために作ったそうです。アメリカも悪いことをしてますね。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す