水曜日, 6月 7, 2023
ホームFEMAFEMAの悪事を防ぐため、ホワイト・ハットは積極的に嵐に見舞われたルイジアナへ向かう

FEMAの悪事を防ぐため、ホワイト・ハットは積極的に嵐に見舞われたルイジアナへ向かう

By Michael Baxter -2022年12月14日(Real Raw Newsより翻訳) 

デビッド・H・バーガー将軍は、水曜日の朝、ルイジアナ州のユニオンパリッシュに海兵隊の2個小隊を派遣した。海兵隊は負傷者を慰問したり、避難所を提供したりすることはない。むしろ将軍は、彼らの存在によって、昨年10月にフロリダで、そして2021年9月にルイジアナ州メテイリーで起こったように、襲撃してきたFEMA(連邦緊急事態管理局)職員が避難民をなぶり殺し、強盗、拷問することを考え直すようになることを期待しているのである。後者の場合、市民がCovid注射を受けることに同意するまで、FEMAは緊急事態の提供を差し控えた。

将軍のオフィスの関係者は、バーガー将軍は繰り返しを許さないだろう、彼は自身の警察活動を拒否する機関から市民を守ることを目的としていると、Real Raw Newsに語った。

「FEMAが彼らの犯罪的要素に対処しないなら、我々が彼らのためにそれを行うだろう。我々は国内外のあらゆる敵から国を守ることを誓った」と、我々の情報源は言った

キャンプ・レジューンの第247海兵隊の2個小隊は、水曜早朝にルイジアナに向けて南下した。海兵隊はFEMAの侵攻を防ぐのに十分な武器を携えているが、それが目的ではないと関係者は付け加えた。

「誰も銃撃戦を望んでいるわけではありません。我々の存在によってFEMAが最善の行動を取ることを望んでいます。私たちが地域の人々の生命と財産を守るために必要であれば行動することは、以前の争いで分かっているはずです。流血は我々が求めているものではありません」と情報筋は言う。

とはいえ、海兵隊員は即興性、適応性、克服性といった備えを誇り、FEMAがいわゆる災害救助任務に、ロックされ装填された武器を持ち込んだ歴史があることも知っている。FEMAは、食料、ボトル入りの水、一時的なシェルターの代わりに、自動小銃や弾薬の入った木箱を持ち込む傾向がある。

昨年10月、ハリケーン「イアン」の余波で生活が一変したフロリダ南西部の住民には、食料と水の代わりにN-95マスクとCovidブースターが提供された。

海兵隊は、キャンプ・ルジューンから食糧備蓄品を持ち出したが、数十人が1週間生活するのに十分な量であったという。

「私たちの資源は限られています。私たちはできる限りのことをします。しかし、我々の仕事はFEMAを牽制することです。FEMAの大部分が到着する前に、我々の部隊がユニオンパリッシュに到着することを望んでいます」と、情報筋は述べている。

昨夜、FEMAのスポークスマン、アレクサンドラ・トラビスは、連邦緊急事態管理局が嵐の被害を評価するためにルイジアナ州に人員を派遣していると述べた。彼女は、フロリダのネープルズで被害を受けた家から現金、金、銃が消え始めた10月に同じ声明を出している。

英語のサイトでの注:コメント欄に “ナンシーはどうなんだ “と書き込まないでください。彼女の裁判は今朝現在進行中です。結論が出るまで、報告はしませんし、それが今日になるかどうかもわかりません。ありがとうございました。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

1コメント

  1. バーガー将軍は、アメリカの「良心」の表れと思われるが、肝心のトランプ氏がフラフラしているので可哀想。どういう結末になるのやら。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

やまとたける on バーガー将軍行方不明
ウッチー on GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 on 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す