火曜日, 5月 21, 2024
ホームアメリカ海兵隊大将が国防長官を非難「私の隊員にワクチン接種を義務付けることはない」

海兵隊大将が国防長官を非難「私の隊員にワクチン接種を義務付けることはない」

By Michael Baxter -2021年8月10日(Real Raw Newsより翻訳)

海兵隊のデビッド・H・バーガー大将が、月曜日、ロイド・オースティン国防長官が軍法会議や除隊の恐れがある場合、すべての軍人にCovid-19ワクチン接種を義務付ける命令を非難したと、バーガー将軍のオフィスで2人の激しい会話を耳にした関係者が語った。


バーガー大将が国防長官に電話をかけたのは、国防長官が記者会見で「軍の即応性を維持するためにはCovid-19の接種が必要であり、FDAの承認状況にかかわらず義務的な接種政策を実施する」と発言した数分後だった。


バーガー大将は、「我が海兵隊に強制的な予防接種は行われない」と述べた。


Real Raw Newsが確認した通話記録では、バーガー大将はオースティン氏を非難し、裏切り者の烙印を押した。


「どんなことがあっても、海兵隊員は、FDAが完全には承認していない、潜在的に危険な予防接種を受けることを強制されることはない。あなたは臆病者であり、裏切り者であり、我が国に安全を提供する男性と女性に悪い政策を押し付ける人々に操られている。あなたも、あなたの操り人形である大統領も、このような政策を実施する権限はありません」と、バーガー大将はオースティンに言った。


オースティン氏は、義務的な予防接種は常に軍隊に入隊する兵士の必要条件であり、米国政府の所有物である彼らには、Covid-19の接種を受けるかどうかを決める権利はないと主張した。連邦政府とバイデン大統領が彼らに代わって決めることになる、とオースティンは言った。


「彼らは十分な情報を得た上で判断することができません。だから、彼らのリーダーである私たちが、彼らができない大きな決断をするのです。バイデンとハリスが責任者であり、個々の兵士ではありません」とオースティンは述べた。


そして、オースティンは政治的な話をした。「保守派や福音派の人たちが、我々の戦闘部隊がワクチンを接種するのを見れば、自分たちも接種する可能性が高くなるでしょう」とオースティンは述べた。


バーガー大将は、確立された予防接種と、副作用をほとんど気にせずに急いで市場に投入された製品とを比較するのは不公平であると述べた。彼はCDCとファウチ博士を堕落した存在と呼び、オースティン氏に、なぜ傀儡政権がワクチン接種と何千人もの死亡者との関係を示すNIH(アメリカ国立衛生研究所)の報告書を国民から隠したのかを尋ねた。


「誰かが死んでも、Covid-19のせいだと言う。ワクチン接種には、特定の人に死をもたらす副作用があることを認めようとしないのです」。


「私は医師ではありません。私は、ジョセフ・R・バイデンの国防長官であり、命令に従うだけです」とオースティンは言い返した。


「念のためだが、バイデンは軍の責任者ではないし、君もそうだ。あなたはメディアに好きな嘘を売ることができる。あなたは自分の魂を売ったのだ、ロイド、自分自身と向き合ってほしい」とバーガー大将は語った。


バーガー大将は、他の統合参謀本部からも支持されており、非合法な政権からの非合法な命令を無視するように要請すると述べた。


「兵士がワクチン接種を望むならば、それは構わない。もしそうでなければ、彼は袖を上げないでしょう。もし、私の海兵隊員の一人でも強制的にワクチンを接種しようとするならば、武装して来た方がいい」と言って、バーガー大将は電話を切った。


バイデン氏は月曜日の午後に発表した声明の中で、オースティン氏のメッセージを強く支持し、兵士が入隊時に受ける予防接種にCovid-19の予防接種が加わることを「熱望する」と述べた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

1コメント

  1. 民間株式会社インチキ政府が、何を言って来ようとも無効である。
    バーガー将軍はその事実を言い放った。
    魂を悪魔に売り渡した者共がいつまでも地球市民のリーダーである
    かのようなふりをし続けることは許されない。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す