土曜日, 4月 13, 2024
ホームGITMOJAG、絞首刑を再開へ

JAG、絞首刑を再開へ

By Michael Baxter -2022年8月20日(Real Raw Newsより翻訳)

米海軍法務官(Judge Advocate General)部隊は、9月初旬に死刑囚の絞首刑を再開すると、JAGの事務局の情報筋がReal Raw Newsに語った。

6月、JAGは絞首刑を放棄し、代わりに銃殺でディープ・ステーターたちを処刑することを発表した。最初の切り替えの理由は、時間的制約とコストに起因すると情報筋はReal Raw Newsに語った。ダース・E・クランドール副提督もまた、彼が「絞首台の芝居」と呼ぶものに嫌気がさしていた。

ジェニファー・ディロンとマイケル・サスマンの処刑は、予期せぬ、しかしおそらく予測できた結果をもたらした。サスマンの引き金を引いた海兵隊員は、志願して総合的な心理検査を受けたにもかかわらず、その後、汗びっしょりになって夜間震動に襲われ、目を覚ましたのである。彼は、14年間勤務した戦闘のベテランであり、決して平凡な人間ではない。アフガニスタンに2回、それぞれ15か月間派遣され、2015年にはアフガニスタンの都市サンギン付近で数人の反乱軍を殺害したと本人が認めている。JAGの審査では、この海兵隊員は自分自身を「戦闘に慣れている」「奉仕する準備ができている」と説明し、PTSDの臨床的徴候は見られなかった。

情報筋はRRNを米海軍の精神科医に接触させ、その精神科医は次のような見解を示した。

「私は、その海兵隊員を審査したわけでも、カウンセリングをしているわけでもないので、大まかな一般論としてしかコメントできない。海兵隊員が任務のために宣言された敵との戦闘で自分を守ることと、非武装で目隠しをした人間を処刑することには、劇的な違いがある。表面的には、海兵隊員は自分の誓い、命令、責任に従っていると感じるが、同時に殺人、不名誉な行為を犯していると感じるかもしれない。しかし、その一方で、自分が殺人を犯している、不名誉な行為をしていると感じているかもしれない」と彼女は述べた。

サスマンを処刑した海兵隊員はカウンセリングを受けているが、ジェニファー・ディロンを処刑した22歳の米陸軍特殊部隊員はそうではない。彼は死んでしまったので、セラピーの恩恵を受けられないのだ。ディロンを撃った1か月後、彼はカッターナイフで手首を切り、出血多量で死んだ。

海兵隊員と同様、彼もまた厳しい審査を受けた。しかし海兵隊員と異なり、米陸軍の特殊部隊員は目に見えるトラウマの兆候を見せたことがなかった。震えもない。寝汗もない。精神的な落ち込みもない。判断に迷うこともない。自殺した夜までは。

海軍の精神科医は、「大きなストレスを受けると、それを爆発するまで内面化することによって、非常に説得力のあるカモフラージュをする人がいる」と述べている。

これらの大惨事の後、JAGは囚人の絞首刑を再開することになった。

「至近距離から人を撃つというのは、非常に近しいものです。絞首台の兵士は、ボタンを押すかレバーを引くだけです」と精神科医は述べた。

最後に、RRNは、米軍がグアンタナモ湾の警備の改善を完了し、9月初旬に裁判を再開する予定であると聞いている。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

2 コメント

  1. 軍備という面では、グアンタナモは、大した事はないような気がする。
    本格的な戦争は、想定していないだろうから。
    本格的な軍が攻撃してきたら、とてももたないだろう。
    ペンタゴンの指揮命令権が、どちらにあるかが分からない。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す