日曜日, 5月 19, 2024
ホームアメリカ軍がディープ・ステートの"クローン科学者"を逮捕

軍がディープ・ステートの”クローン科学者”を逮捕

By Michael Baxter -2023年1月4日(Real Raw Newsより翻訳)

米軍のホワイト・ハット部隊は火曜日、ミズーリ州の地下のクローン研究所で働いていたと思われるディープ・ステートの「クローン科学者」と呼ばれる人物を捕えたと、エリック・M・スミス将軍の事務所の関係者がReal Raw Newsに語った。

既報のとおり、米軍特殊部隊は12月20日、ミズーリ州オーザックにあるヒトクローン研究所を発見し、破壊した。研究所を崩壊させる前に、彼らはコンピュータータワー、ノートパソコン、ホログラフィックプロジェクターを押収した。

情報筋によると、これらの機器は米陸軍サイバー司令部(フォート・ゴードン)に送られ、専門家がここ数週間、高度な暗号化を突破するために奮闘しているとのことだが、あるケースでは壊滅的な被害を受けた。パスワードの暗号化を解除しようとしたところ、ノートパソコンが熱くなり、その後溶けてしまった。化学分析の結果、誰かが内部にテルミット*・ペーストを塗り、低電圧で着火させる方法を巧妙に突き止めたのである。ノート・パソコンを渡した専門家は、手と顔に第2度の火傷を負ったと、情報筋は語った。

「あのパソコンは損失だった、かなり効果的な改ざん防止機構だった。サイバー司令部は、さらなる予防策を講じ、2台目のPCからハード・ディスクを抜き取ることに成功した。彼らはディレクトリにアクセスすることができたが、ほとんどすべての文書とファイルは、彼らが解読していないものによって暗号化されている」と情報筋は語った。

しかし、このセキュリティをインストールした人は、ルートディレクトリにあるMicrosoft User Accountフォルダを暗号化するのを忘れていたという、取り返しのつかない失態を犯していた。さらに、許可されたユーザーにエイリアスを割り当てることも忘れていた。

「彼らにとっては杜撰(ずさん)、我々にとっては好都合。3人の名前」と関係者は語る。

しかし、3人のうち2人は死んでいる。1人は2021年4月の「事故」で死亡した。彼と彼の車はマリブの崖の側面を越え、渓谷に着地したのである。もう一人は、アップル社に長年勤めたコンピューター・エンジニアで、2022年6月に「Covidの合併症」で死亡している。

軍が火曜日の朝に逮捕した生存ユーザーは、ドイツ生まれの49歳の科学者で、ボストン大学で遺伝学&ゲノム学の博士号を取得した。卒業後、彼はマサチューセッツ州にある非公開のバイオ・テクノロジー企業で7年間働き、その後、コンピュータに彼の名前が再登場するまで、グリッドから姿を消していた。

サイバー司令部の調査が完了するまで、彼らの名前とバイオ・テクノロジー企業の名前は伏せられるとのことだ。

ホワイト・ハットがどうやって科学者を見つけたのか、どの軍の資産が逮捕に影響したのか、今のところ明らかにしていないが、「今言えることは、裕福な男性が、老朽化した1ベッドルームのアパートで、身の丈に合わない生活をしていたことが分かったということだ。彼名義の車は2001年式のボロボロのトヨタ・カローラだけ。彼は何百万ドルも持っていた」と語った。

この科学者は隠れ家で尋問を受けている、と彼は付け加えた。

「もし、彼が他のクローン研究所の場所や、誰がクローンを作ったかを知っていれば、その情報を聞き出すことができる」と、情報提供者は最後に述べた。


訳者注:

テルミット
アルミニウム粉と酸化鉄粉末との等量混合物。点火すると反応して酸化アルミニウムと鉄を生じ,その際きわめて高熱を発生するので,鉄,鋼などの溶接に用いられ,焼夷(しょうい)弾として使用されたこともある。クロム,コバルト,マンガンなどの還元冶金(テルミット法,ゴルトシュミット法)にも利用される。
トランプの真実
RELATED ARTICLES

1コメント

  1. クローンを研究することが、国家反逆罪になるのでしょうか?

    画像みたいな美人のクローンなら、素敵ですね。

    ファウチのクローンは、不気味ですが。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す