水曜日, 6月 7, 2023
ホームアメリカジョージ・W・ブッシュ、GITMOで絞首刑

ジョージ・W・ブッシュ、GITMOで絞首刑

Michael Baxter-2022年1月6日(Real Raw Newsより翻訳)

ジョージ・W・ブッシュの非道の武勇伝はついに終わった。


火曜日の朝、第43代アメリカ合衆国大統領は、「ホワイト・ハット」運動に忠実な軍幹部の集団の前に立ち、死ぬまで首を吊られ、その命なき体は朝のそよ風に揺られた。

彼の一日は、他の多くの大統領と同じように、縄に縛られたまま始まった。朝5時に起こされ、最後の食事にするか、それとも安全かみそりでひげを剃るか、と尋ねられた。

「食べる? 髭を剃る? 何の意味があるんだ?」とブッシュはGITMOの警備員にそう言ったという。

一時間後、両手に手錠、足首に足かせをつけられた彼は、ハマーの後部座席に乗り込み、自分の人生が終わる場所と知っていたに違いない場所に向かっていた。

処刑場には、ダース・E・クランドール少将と2人の海兵隊大将が、鉄骨に組まれたロープの下に、名札も階級章もつけていない兵士がロープの張りを確かめるように引っ張り、悲惨な装置につながる浅い金属階段の下近くに立っていた。クランドール少将の脇には、聴診器を首から下げた海軍軍医と、欽定訳聖書を手にした従軍牧師がいる。

ブッシュを現場まで送った警備員たちは、ブッシュを階段に誘導し、階段を上がって縄を操る兵士の指示に従えと指示した。兵士はブッシュの頭を縄の中に滑り込ませ、クランドール少将を見下ろしながら言った。

「ジョージ・W・ブッシュ、あなたは殺人と反逆の罪で有罪となり、国家と国民に対して犯した罪のために絞首刑を宣告されたのです。最後の儀式を望みますか、最後の言葉はありますか?」とクランドール少将はブッシュに尋ねた。

「それで、これが私の送別会か? 私がこの国を守るためにしてきたことのために、2人の軍人の裏切り者を捕まえたのだ。必要なことは何でもやれ。地獄で会おうぜ」とブッシュは言った。

「処刑しろ」クランドール少将が台の上にいる兵士に言った。

ブッシュの首が折れたのは、彼の下のトラップドアが開いた瞬間だった。彼の死体は数秒うねり、地面に下ろされ、医師によって死亡が宣告された。遺体はウレタン製の袋に入れられ、別のハマーの荷台に乗せられ、どこかへ運ばれた。

クランドール少将は、傍らの海兵隊員2人に「軍事法廷に立つブッシュは、彼が最後ではないだろう」と言った。
トランプの真実
RELATED ARTICLES

1コメント

  1. この方は、あそこのお家に生まれていなければ、普通の人生を歩めたのかもしれませんね。ヒラリーさんの娘さんもですが。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

やまとたける on バーガー将軍行方不明
ウッチー on GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 on 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す