日曜日, 7月 14, 2024
ホームCovid-19Covidの検査用綿棒が致死性の細菌に汚染されていた

Covidの検査用綿棒が致死性の細菌に汚染されていた

By Michael Baxter -2022年1月7日(Real Raw Newsより翻訳)

米軍に配布されたCovid-19鼻腔用綿棒の特定のロットが、壊死性筋膜炎(皮膚の下の組織が急速に破壊され、壊死が始まる前に抗生物質を静脈内投与しないとしばしば死に至る肉食性疾患)を引き起こす致命的な細菌に汚染されていると、ウォルター・リード軍伝染病研究機関(WRAIR:Walter Reed Army Institute of Medical Research)の医学博士で感染症専門家のジェイコブ・ダウニング(Jacob Downing)大尉は述べている。


12月27日、WRAIRはテキサス州サンアントニオのラックランド空軍基地に駐留する3人の飛行士が、Covid-19の鼻腔スワブ検査を受けた後72時間以内に壊死性筋膜炎の症状を呈したという報告を受けた。ダウニング博士がリアル・ロー・ニュースに語ったところによると、この報告がウォルター・リードに届いたときには、すでに2人の飛行士が入院して集中治療を受けていたとのことである。一人は顔に潰瘍、水疱、黒い斑点があり、鼻腔の両側の病変から膿がにじみ出た状態であった。

「この患者は12月21日、Covid-19の検査を受けてから3日後に初めて細菌感染症の症状を呈した。ラックランドの医師は抗生物質を内服させたが、効果がないことが判明した。24日には、急性壊死と敗血症を発症し、臓器不全に陥っていた。彼はICUに収容され、広範囲に及ぶ抗生物質を積極的に静脈内投与された。彼は今、腎臓移植と皮膚移植を必要としている。ラックランドの外科医が彼の病気の顔の一部を切り取ったからだ」とダウニング博士は言った。

もう一人の患者の症状も不気味なほど似ていた。彼もまた、鼻腔に綿棒を入れてから数日で溶連菌性毒性ショック症候群に陥った。幸いなことに、彼は臓器が停止し始める前に点滴治療を受け、多少の後遺症はあるものの、生存の予後は良好であるとダウニング博士は述べた。

3人目の患者は、それほど幸運ではなかった。肝臓、腎臓、肺が組織的に崩壊するのを外科医が必死に食い止める中、手術台で死亡したのだ。12時間もの間、医療スタッフは彼の命を救おうとしたが、無駄であった。ラックの医療報告書を見たダウニング博士は、その損傷があまりにも大きく、全身に及んでいたため、彼の体を襲った感染症から助かる可能性は5%以上なかったと語った。

「患者が病気になったことと鼻腔スワブ液の間には、直接的な相関関係があった。この時点で、私たちはラックランド社に鼻腔スワブの採取を中止し、残りの未使用のスワブを送ってくれるように頼みました。それを受け取ったとき、私たちは憂慮すべきことを発見したのです」とダウニング博士は語った。。

Covid-19鼻腔スワブ診断検査(迅速検査ではない)は、何十年も前から溶連菌の検査に咽頭スワブが使われているのと似ている。 鼻から採取したサンプルは、ラボで細菌を増殖させるための特別なプレート(培養液)の上に置かれる。感染症の種類は、化学的な検査によって特定される。細菌が増殖しない場合、培養はCovic陰性で、その人はCovid-19に感染していないことになる。しかし、細菌が増殖した場合、その患者はCovid陽性と判断される。軍では、「Covid-19検査専用」とラベル付けされた密封パックでCovidスワブを受け取る。

「ラックランドは5,000本の綿棒を密封して送ってきました。その5,000本のうち250本からメチシリン耐性黄色ブドウ球菌が検出されました。バクテリアは酸素のない環境では増殖できないので、パッケージ自体も検査しました。250個の包装には、増殖に十分な酸素を通す微細な穴がありました」とダウニング博士は述べている。

「これは意図的なものと思われ、我々は誰によって行われたのかを突き止めようと努力しているところです」と、最後に述べた。
トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す