日曜日, 7月 14, 2024
ホームアメリカモルデナCEOのバンセルが崇拝していた悪魔 "バフォメット"

モルデナCEOのバンセルが崇拝していた悪魔 “バフォメット”

By Michael Baxter -20221129日(Real Raw Newsより翻訳)

JAG捜査官が血栓製造者のiPadから吸い上げた日記のような記述によると、軍が11月18日に絞首刑にした故モデルナCEOステファン・バンケルは、長い間バフォメットという悪魔のような存在を崇拝していたそうだ。

Wikipediaによると、バフォメットはテンプル騎士団が崇拝していたとされる神で、後に様々なオカルトや西洋密教の伝統に取り入れられるようになった。バフォメットという名前は、1307年に始まるテンプル騎士団の異端審問の裁判記録に登場し、19世紀にテンプル騎士団の弾圧の理由についての議論や推測の中で、英語で一般的に使用されるようになった。イラストでは、半人半ヤギの姿で描かれることが多い。

バンセルがオカルトの世界に入ったきっかけは明らかにされていないが、バンセルがこの装置を所有していた2015年から2022年にかけての書き込みから、バンセルとこの生物が知り合ったのは、彼がミネソタ大学で生物工学を学んでいた1年生の時だったと思われる。バフォメットは「角のある救世主」と表現され、最初は夢の中に現れ、後に幻影の中に現れたと書いている。

バンセルの書き込みの多くはフラッシュバックで、まるでいつか歪んだ悪魔のような自伝として出版することを意図しているかのようである。

大学時代、バフォメットはしばしば彼の心の中に現れては語りかけ、誘惑の言葉を浴びせ、永遠の忠誠と引き換えに豊かな未来を約束したと、バンセルは書いている。その「配達人」はバンセルに、その導きには代価が必要だと言ったが、彼の言葉を借りれば、バンセルがその意味を知るのは数年後のことであった。

「バフォメットは私に名前を告げたが、その約束を果たした。成績は上がり、社会不安は消え、自信がつき、女の子から話しかけられるようになった。ドラッグやアルコールを使わずに、多幸感を味わうことができた。バフォメットは私を愛し、私も彼を愛した」と、バンセルは20161112日付のエントリに書いている。

しかし、2人の関係は、バンセルの3年生のときに一時的に荒れ模様になった。その年に言及した文章には、バンセルが頼みごとをするのをためらった後に起こった、憑依と痴漢の脅迫が記されている。

「彼は私にある女の子に何かしてくれと言った。そして断ると、3日続けて耐え難い痛みで朝目が覚め、背中から血が漏れていた。私は『ごめんなさい』と言って、彼に身を委ねた。彼は私を開き、私は彼を招き入れた。彼は私に迷惑をかけない、守ってくれると言いった。そして彼の言うとおりにしたーあの娘に」。

バンチェルの記録は、彼が誰に何をしたのか、詳しくは書かれていない。

また、バンセルとバフォメットの共生関係についても書かれている。「私は、私たちがお互いを必要としていることを感じていた。お互いが独立して、相手なしで生き残れたか、それは分からない。彼は卒業後も私のそばにいた」と、バンセルは2017415日付けのエントリに書いている。

2019417日、バンセルは、バフォメットが物理的に姿を現したと書いている。「鏡を見て、私たちを見た。彼は私に自分を重ね合わせていた、彼の体、私の頭、角の冠をかぶった姿を」。 彼の書いた独白によると、この事件は彼がイーライ・リリー・アンド・カンパニーで働いているときに起こったようだ。

バフォメットは数年間、バンセルのもとを離れていたようだ。「私は孤立し、孤独で、空虚で、黄身のない卵の殻のようだと感じた。彼は私を見捨てたのだ。しばらくは彼から解放されたと感じたが、2011年に再び現れ、私は完全なものになったと感じた」。

2011年は、バンセルがモデナのCEOに就任した年だ。

「彼は、自分を通して、世の中の不純物を浄化する火の帽子をもたらす手助けをすると言った。彼は、私を夢にも思わないほど裕福にし、私の家族が何一つ不自由しないことを保証すると言った」と、バンセルは2012220日に書いている。

バフォメットは、自分を利用したように、他人を利用することを望んでいるのだとバンセルは言う。悪魔はバンセルに、彼の二人の子供たちに「影響」を与えるためのパイプを提供させようとした。正気なのか性格なのか、バンセルがたじろぐと、「家族の未来は決まっている、指示に従わなければ苦痛と永遠の呪いを受けることになる」と念を押された。

バンセルのiPadへの最後の書き込みは2020220日、FDACovid-19ワクチンの緊急使用許可を出した3か月後に行われた。

正気なのか性格なのか、バンセルがたじろぐと、「家族の未来は決まっている、指示に従わなければ苦痛と永遠の呪いを受けることになる」と念を押された。

バンセルのiPadへの最後の書き込みは2020220日、FDACovid-19ワクチンの緊急使用許可を出した3か月後に行われた。

「頼まれたことはすべてやった。あなたの役割が完了したことを確認してください。私たちの生活と生存は、あなたの有能な手に委ねられているのです」とバンセルは書いており、表向きはバフォメットに直接コメントを向けている。

バンセルのバフォメットへの信頼は、彼の命を救うことはなく、彼の財産(少なくとも米国の銀行にあるもの)は、逮捕時に差し押さえられた。

はっきり言って、RRNJAGもバンセルが悪魔と接触したと断言はしておらず、単に頭がおかしかっただけかもしれない。しかし、天と地は夢物語ではない。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す