月曜日, 7月 22, 2024
ホーム外部ソースマスク氏、トランプのツイッター禁止令を覆すと発言

マスク氏、トランプのツイッター禁止令を覆すと発言

クリス・ミルズ・ロドリゴ – 2022年5月10日(The Hillより翻訳)

イーロン・マスク氏は22日、トランプ前大統領のツイッター禁止令について、同プラットフォームの買収が完了すれば、撤回すると述べた。

テスラのCEOであるマスク氏は、フィナンシャルタイムズのイベント「Future of the Car(車の未来)」で講演しながら、「はっきり言って、道徳的に悪い決断で、極端に愚かだったと思う」と述べた。

「ドナルド・トランプを追放したのは正しくなかったと思う。あれは間違いだったと思う。それは国の大部分を疎外し、最終的にドナルド・トランプが声を上げないという結果にはならなかった」と付け加えた。

ツイッターは2021年1月6日の国会議事堂での暴動直後に、当時の大統領のプラットフォームへの投稿がさらなる暴力を助長しかねないとして、トランプ氏を永久追放した。

マスク氏とツイッターは先月末、約440億ドル相当の取引で、テスラのCEOが同社の発行済み株式すべてを買い取ることに合意した。

一部の市民団体は早くから、ハイテク億万長者が言論の自由を絶対視すると公言していることから、マスク氏のプラットフォーム買収はトランプ氏の復帰を意味しかねないと警告していた。

トランプ氏は、マスク氏によるツイッター買収の契約が確定した直後、再び招待されてもプラットフォームに戻ることはないと発言していた。

ツイッターで8,000万人以上のフォロワーを誇った前大統領は、代わりに自身のメディア企業Truth Socialが立ち上げたソーシャルメディア・プラットフォームに留まると述べている。

トランプ氏は最近、そのプラットフォーム上でより積極的に活動し、そこで266万人のフォロワーと「真実」を共有している。

しかし、Truth Socialに留まるという約束にもかかわらず、トランプが頻繁に批判者と口論し、2020年の選挙とCOVID-19に関する誤った情報を後押ししたツイッターが提供するリーチの魅力は、元大統領が復帰を果たすことを確信させる可能性があるのだ。

$54.20で株式を買い取るという提案を株主がまだ受け入れなければならないことを考えると、ツイッターを買収するためのマスクの取引は完了するのに数か月かかるかもしれない。また、米連邦取引委員会の調査が報じられたことで、取引が滞る可能性もある。

その間、同社の現指導部は、買収提案前と同じように経営を続けるとしている。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す