日曜日, 5月 19, 2024
ホームアメリカバイデンの宴会後に逮捕されたハリウッド・プロデューサーをJAGが名指しで紹介

バイデンの宴会後に逮捕されたハリウッド・プロデューサーをJAGが名指しで紹介

By Michael Baxter -2022年12月4日(Real Raw Newsより翻訳)

アメリカ海軍法務官(JAG)部隊は、先週木曜日の夜、犯罪者バイデン政権の宴会に出席した後、逮捕されたハリウッドのプロデューサーの名前を公表した。その人物は、アメリカの映画監督、脚本家、プロデューサー、俳優であり、その名前は拷問ポルノの代名詞となっているイーライ・ロスである。ロスは映画『ホステル』の監督として最もよく知られている。この映画では、魅力的で薄着の若い女性が、欲求不満の大学生を秘密結社が所有する工業用倉庫に誘い込むという、おぞましい恐怖の作品である。そこで少年たちは監禁され、裕福でサディスティックなエリートたちに競り落とされ、想像を絶するほど醜悪でグロテスクな方法で犠牲者を切り刻まれるのである。ロスは、IMDBによると43のプロデューサーとしてのクレジットがあり、クエンティン・タランティーノ監督の戦争映画『イングロリアス・バスターズ』でドニー “ザ・ベア・ジュー”ドノヴィッツ役を演じている。さらに、ロスは映画『2001人の狂宴(2001 Maniacs)』を共同制作したが、南部とゲイの映画監督ティム・サリヴァンを公然と侮蔑したため、続編には招待されなかった。

イーライ・ロスは、映画で制作したものを実生活でも実践していると、JAG関係者はReal Raw Newsに語った。

RRNが調べた軍の逮捕状によると、ロスのスナッフ映画は完全にフィクションというわけではなかった。『ホステル』、『キャビン・フィーバー』、『グリーン・インフェルノ』の主要撮影が始まる前に、ロスはアルバニアのビリシュトに土地を借り、裏社会のコネを使ってアルバニア・マフィアのメンバーを雇い、最終的に映画に登場する方法で人々を拷問・殺害させたと文書では主張されている。

しかし、その犠牲者はアメリカ人であり、ロスの路上で拾ったホームレスが中心であった。映画に出演して金をもらうと言われ、アルバニアに飛ばされた被害者たちは、その多くが知的障害を持ち、拷問を受け、手足を切断され、首が切られたと言われている。

ロスの映画には実際の殺人は登場しないが、JAGは、ロスがアルバニアで16人の男女の殺害を自ら指揮・監督したことを認める音声とビデオを入手したという。そのうちの一人は14歳の家出少女であったとロスは認めている。

「我々は多くの情報を持っており ロスは同じ悪事を働く他のエリート達と深く関わっている この変態野郎は映画で拷問されるのがアメリカ人だからアメリカ人を殺すことに固執していた。彼の逮捕は、他の連中の逮捕につながるだろう。ハリウッドの影響で、このような頭の悪い俳優が刑事司法制度で罰せられないでいるのだ。軍の司法制度はそれほど優しくはない」とJAG関係者は語った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す