土曜日, 4月 13, 2024
ホームアメリカブラジル暴動はバイデンのCIAの責任

ブラジル暴動はバイデンのCIAの責任

By Michael Baxter -2023年1月9日(Real Raw Newsより翻訳)

バイデン政権の中央情報局(CIA)は、現職の保守派ジャイル・ボルソナロと対立候補のリベラルな左派ルイス・イナシオ・ルラ・ダ・シルバが勝利した選挙の余波で、ブラジリアを揺るがす抗議行動を扇動した責任がある。ボルソナロ支持者と称する人々は日曜日、議会、最高裁、大統領官邸を襲撃し、不正な選挙とみなし、抗議した。デモ隊は警備のバリケードを避け、屋根に登り、窓ガラスを割って、週末にはほとんど人がいないと思われる3つの建物すべてに侵入した。デモ隊の中には、ボルソナロ氏を政権に復帰させるか、ルーラ氏を大統領職から追放するために軍事介入を求める声もあった。

ルーラ氏は記者会見で、ボルソナロ氏が「ファシストの狂信者」を使って政権を不安定にさせていると非難した。

どこかで聞いたことがあるような?

米陸軍サイバー司令部、フォートゴードンのホワイト・ハットは、Real Raw Newsに、犯罪者CIAは選挙前にブラジルに「数百の資産」を置き、同国の保守的な有権者の間に不和をもたらすことを意図していると語った。彼らの目的は、ブラジルの選挙プロセスへの不信感を煽り、臆病なボルソナロがブラジルを脱出してドナルド・J・トランプ大統領のフロリダ州マー・ア・ラゴ邸に避難したと世界に信じ込ませることだったが、この疑惑には現地関係者が反論している。

我々の情報筋によると、サイバーコマンドは選挙の数か月前からCIAの会話を傍受し始めたという。CIAの高官は、ルーラがボルソナロを破る前に、ブラジルに挑発工作員を送ることについて議論しており、CIAが結果を予見していなかったことを示唆している。それにもかかわらず、CIAはボルソナロの敗北を予想し、コストのかかるブラジルでの活動を強化した。諜報員はブラジルの保守層に入り込み、「ボルソナロが負けたのなら、ルナがズルをして勝ったに違いない」と人々に信じ込ませるために、「混乱させる」ことを任務としたと、この情報筋は述べている。

「我々の知る限り、CIAはブラジルに500人の諜報員を送り込んだ。率直に言って、選挙が不正に行われたかどうかは分からないし、それは私たちの関心事ではない。分かっているのは、ボルソナロが負けた場合、CIAはブラジリアで1月6日的なイベントを起こし、それをトランプ大統領に絡めることに非常に興味があったということだ」と情報提供者は語った。

ルーラが勝利宣言をし、ボルソナロが相手の就任式を欠席すると言った直後、CIAはMSMの共謀者に偽情報を流し始め、恐れたボルソナロがフロリダへの始発便に乗り、トランプ大統領と交友を深めたと述べたのである。オーランドのどこかに潜伏しているとも言われている。

「バイデンの依頼を受けたCIAは、トランプとボルソナロが協力してブラジルで反乱を起こしたとMSMに信じさせたいのだ。CIAの目的はボルソナロを復権させることではなく-偽政権はボルソナロを嫌っている-、トランプ大統領が外交問題に口出ししているとほのめかして、さらに悪者にすることなのです。それくらい、ディープ・ステートはトランプを排除しようと必死なのだ。彼らは手段を選ばない」と情報筋は言う。

ボルソナロの居場所とは関係なく、民主党は日曜日、ジョセフ・バイデンに対し、彼をブラジルに送還し、”暴動を扇動した”罪で裁判を受けさせるよう要求した。バイデンはこれに対し、ボルソナロを民主主義の敵と呼び、ブラジルの新しい進歩的な政府と協力することを楽しみにしていると述べた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す