日曜日, 7月 14, 2024
ホームアメリカ米海軍法務官、マイケル・ペンスの再逮捕のための逮捕状を発行

米海軍法務官、マイケル・ペンスの再逮捕のための逮捕状を発行

By Michael Baxter -2022年2月12日(Real Raw Newsより翻訳)

関係者がリアル・ロー・ニュースに語ったところによると、米海軍法務部隊は2日、マイケル・ペンス前副大統領の逮捕状を発行したとのことである。


今回の発行は、1807年の反乱法で認められた権限を用いて、「ホワイト・ハット」軍当局が裏切り者の共和党員を追及する2回目の出来事となる。昨年5月に報告されたように、ペンスは海軍法務官(JAG)が彼の裏切り行為の証拠を入手した後、国際的な軍の捜索の対象となった。

ペンスとディープステートは盗まれた選挙を確認するために協力したのだ。彼は1か月間、チャーターしたジェット機で世界中をジグザグに移動していたが、最終的に米軍の特殊部隊がバージニア州のホテルで気付かないうちに捕獲した。当時、彼はトランプに謝罪し、将来の政治的野心を捨て、ディープステートの共謀者を名指しした告白文書に署名することに同意すると約束し、軍の訴追を免れた。しかし、ペンスはどうやらその誓約を破り、影に隠れてしまい、最近になって再び政治の世界に戻ってきたようだ。

「私には選挙を覆す権利はありません。大統領職はアメリカ国民に、そしてアメリカ国民だけに属しています。そして率直に言って、誰か一人がアメリカの大統領を選ぶことができるという考えほど、アメリカ的でない考えはないのです。ドナルド・トランプは間違っており、彼の行動は民主主義を傷つけるものです。ジョセフ・バイデンはアメリカ大統領です」と、ペンス氏は今月初め、保守的な連邦議会で語った。

今、ペンスは、トランプが大統領執務室の正当な位置に就くことや2024年の予備選挙に参加することを阻止するために、ディープステートのプレーヤーと一緒に働いて、彼の古い策略に戻っている。

今月初め、ペンス、ペロシ、チャック・シューマーは、D.C.の高級レストランで食事をしたと、情報筋は語った。彼らの話題は いかにしてトランプをさらに悪者にし、アメリカの繁栄を国民に取り戻そうとする彼の努力を妨害するかということだ。

「ペンスは1月と2月にこれらの関係者と何度も会合を持ち、それは犯罪ではないが、合衆国憲法を破壊し反逆を犯すことと引き換えに金銭的報酬を受け取ることは犯罪です。JAGは今、ペンスが誰にでもトランプの悪口を言うのと引き換えに、何百万ドルも受け取っている証拠を掴んでいます。前回は、トランプがペンスに好意的だったため、ペンスは大目に見てもらえました。それはもはや事実ではありません。ペンスは自分の行動に対して裁判を受け、軍事委員会に答えることになるでしょう」と、情報筋は語った。

ただし、米軍がいつ、どのように令状を執行するかは明言していない。

「近いうちにそうなるでしょう。我々は対象を切り分けられるようになってから、こうした起訴に踏み切るのが望ましいのです。今現在、ペンスはアンソニー・ファウチと同様に、ディープステートの業務に深く入り込み、彼らの保護を受けています。彼は決して一人ではなく、常に側近に囲まれており、家で寝ることさえ避けています。なぜなら、私たちが彼のために来ることを知っているからでしょう。しかし、彼らはいつも間違いを犯し、その時こそ我々が動く時なのです。時間の問題です」と情報筋は言う。
トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す