火曜日, 5月 30, 2023
ホームCovid-19軍事法廷がモデルナ社のCEOステファン・バンセルに有罪判決

軍事法廷がモデルナ社のCEOステファン・バンセルに有罪判決

By Michael Baxter -20221115日(Real Raw Newsより翻訳)

20221114日(月)米国東部時間午前10時。

米海軍の軍事裁判部は、モデナ社のステファン・バンセルCEOに対する証拠調べのために、3人の公平なパネリストを見つけるのに苦労した。週間にわたる調査の結果、JAGはバンセルに対して最も悪意のない男性海兵隊員2名と女性海軍大尉1名の計3名を選んだ。しかし、ダース・E・クランドール副提督がJAGの主張を退け、「彼のワクチンが世界に与えた損害に見合った罰をバンセルに与えてほしい」と懇願した5分後に、バンセルに有罪判決が下されたのである。

この製薬会社の社長が、冒頭で述べたことが、裁判の流れを決定づけた。バンセルは、この法廷を「違法なカンガルー法廷」と非難し、パネルと目を合わせないようにしながら、Covidワクチンは臨床的に安全で効果があり、「偶然の怪我や死亡事故」については、米国食品医薬品局(FDA)が同社製品に関する訴追を免除しているので、自分は責任を問われないとしたり顔で言った。

クランドール副提督は、「自分の立場を考えろ。本当にFDAに答えられると思ってるのか?」と彼に言った。

「これが安全で効果的だと思うのか?」と彼は続け、ロイド・オースチン国防長官が兵士は全員注射を打たないと懲戒処分を受けるという命令を出し、注射を打ちに行った兵士の死体が大型テレビに映し出されたのである。その兵士の目は風船に穴を開けたように破裂し、心停止で死んでいた。

クランドール副提督は「これは彼が最初の注射を受けた29時間後に起こったことだ。彼は19歳で、健康で、国のために働く準備ができていた。あなたのワクチンは、彼からそのすべてを奪ったのです」と述べた。

この兵士は、600点満点中580点という優秀な成績で合格しており、非常に健康であったことが分かる。

バンセルは、フランス語のアクセントで、こう反論した。「こんなのは何の証明にもならない。兵士が入隊するとき、何種類のワクチンを打ちますか? 答えは分かっています。そのうちの1本が害にならないと言えるのですか? もしかしたら、スクリーニングで見つからなかった基礎疾患があったのかもしれません。それに、たった1回の接種で重篤な副作用が出たという証拠もない……」。クランドール副提督は、「それは、あなたやモデルナが公表していない、その後のワクチン接種による副作用の実質的な証拠があることを意味しています」と遮った。

「私の言葉に口を挟まないでください。私はそんなことは言っていない」とバンセル。「あなたは一人のアメリカ人兵士の死を理由に裁判を起こそうとしている。これは本当に言ったことです」。

「被拘束者バンセル、私はちょうどウォーミングアップできたところだ」とクランドール副提督は口火を切った。

彼の手には、1回目または2回目のモデルナ接種後14日以内に死亡または軍務に就けないほど負傷した70人の軍人の名前が書かれた紙束があったそうだ。多くは心筋炎やステージ4の高血圧を発症した。ある人は不治の病である脳性まひになった。ある人は下肢の血流を失い、両足を切断した。慢性の神経症を患っている人もいる。32人が死亡した。

彼は、バンセルを口汚くののしりながら、パネルに資料を確認するように求めた。「バンセル被拘束者、時間があれば、この委員会は、何千何万もの過失殺人、すべての民間人犠牲者のケースであなたを告発する証拠を検討できたが、我々にはそんな時間はないのだ。他にやるべきことがあるのです。質問させてください。なぜ、被拘束者であるバンセルが予防接種を受けていないのですか?」

クランドール副提督によれば、海軍の看護婦が、バンセルがグアンタナモ湾に到着して間もなく採血をしたという。その血液は、Covid-19抗体を検出する融合タンパク質を含むカードに導入された。

彼は、米海軍グアンタナモ湾病院長のリチャード・G・ゼーバー大尉を証人席に呼び、記録のために自分の名前、階級、資格を述べた。ゼーバー大尉は、生物学の学士号と検眼士の博士号を取得している。個人的な勲章には、レジオン・オブ・メリット、国防功労勲章、勲功賞、海軍表彰、海軍功労賞、善行賞がある。

「この人は眼科医だ。ウイルス学者でもなく、免疫学者でもない。彼はワクチンについてコメントする資格はない」。

「抑留者バンセル、自制するのだ、さもなくば我々がそうしてやる」とクランドール副提督は警告した。

「ゼーバー大尉、あるいは医師でもよいが、ここにいるバンセルがCovidの予防接種を受けたことがないと断言できますか?」

医師は、100%決定的な検査はないが、血液中に抗体がないことから、バンセルがワクチン未接種であることは98%確実であると答えた。

「私はここで混乱しています、被拘束者バンセル、そして多分あなたは私を助けることができます。もしあなたの科学がそれほど完璧で、あなたのワクチンがとても安全で効果的で、世界中の何千万人もの人々に勧めたのなら、どうしてあなた自身がそれを受けていないのでしょうか?」とクランドール副提督は言った。

「その質問には答えません」バンセルがぶっきらぼうに言った。

「よろしい」クランドール副提督はそう答えると、ゼーバー大尉に目を向けた。「ゼーバー博士、きょうここに提出された医療報告書を十分に検討されましたか?」

ゼーバー大尉は肯定的に答えた。

「ゼーバー博士、きょうの死亡例だけに絞って、あなたの専門的な意見として、18歳から25歳の男女32人の軍人がワクチン接種後2週間以内に死亡する確率はどのくらいですか?」とクランドール副提督は彼に尋ねた。

「統計的にありえないことです」とゼーバー大尉は言った。「この悲劇を目撃するよりも、パワーボール(宝くじ)が当たったり、雷に打たれたり、サメに食われたりする確率のほうが高いのです。死亡者数だけでなく負傷者数も考慮すると、もしワクチンを摂取していなかったら、これほど多くの軍人が病気になったり死亡したりする確率は、数億分の1です」とゼーバー大尉は説明した。

「あなたの評価に基づいて、結論を出していただけますか?」とクランドール副提督が言った。

「できます。ワクチンと死亡の間には明白な因果関係があります。死者から発見された血栓の大きさは、医学がこれまで見たこともないようなものです」とゼーバー大尉は言った。

クランドール副提督はこの証人を退席させた後、パネルに対して、バンセルはモデルナのCEOとして血栓注射の有害性を十分に知っていたはずだが、利益を最大化するためにそのデータを隠していた、と主張した。モデルナのCovid注射はバンセルを数十億の富豪にした。

クランドール副提督はバンセルに「あなたがそれを使わないことを心から願っています」と言った。

委員会の判決は、死傷者の責任はバンセルにあるとし、人道に対する罪の償いとして、死ぬまで首吊りにすることを提案した。

この判決を聞いたバンセルは、激怒して席を立ち、手錠をかけられた手首を振り回し始めた。「どうしてこんなことができるんだ。私は実業家だ。私はビジネスマンで、2人の子供がいるんだ」。

クランドール副提督が口を挟んだ。「ワクチンを打っていないことを祈ろう。この委員会は閉会とする」。

バンセルは11月18日、GITMOで絞首刑になる予定だ。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

やまとたける on バーガー将軍行方不明
ウッチー on GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 on 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す