水曜日, 2月 21, 2024
ホームFEMA海兵隊、マウイ島の犯人67人を逮捕

海兵隊、マウイ島の犯人67人を逮捕

By Michael Baxter – 2023年8月24日(Real Raw Newsより翻訳)

8月8日に発生した大火災が南国の風景を焦がし、住民や観光客が島当局の指示を仰いでいたとき、マウイ島の緊急事態管理最高責任者であるハーマン・アンダヤの責任はただひとつ、島の80サイレンの警報システムを鳴らすことだった。彼は島の民間防衛シェルターのどこからでも、あるいは電話一本で警報を鳴らすことができた。しかし、ラハイナが燃えている間、アンダヤは100マイル(約160.9km)離れたホノルルにいて、FEMAのエリック・レッキー任務支援副長官とともに、まるで勝利を祝うかのように、ブルーオーシャン・シーフード&ステーキでメカジキのポシェットと高価なアルコールを楽しんでいた。

この日の食事が、自由人として最後の食事となった。

スミス将軍の指揮下にあるアメリカ海兵隊は火曜日にアンダヤを反逆罪で逮捕した。アンダヤは、一般市民がサイレンを津波警報と勘違いすることを恐れた、と自分の決断を擁護した。

オアフ島北西端のデリンジャー飛行場で逮捕されたアンダヤは、カウイ島に向かうセスナ310の到着を待っていた。彼は徒歩で逃走しようとしたが、すぐに取り押さえられ、逮捕されたと伝えられている。

情報筋によると、ホワイト・ハットは炎上の2日前、8月6日にラハイナでアンダヤとレッキーが会っている様子を映したビデオを持っているという。Real Raw Newsは以前、何百人ものFEMA職員がその日にホノルルに到着し始めたと報じたが、これは極悪非道な機関がマウイ島の一部がまもなく炎上することを知っていたことを示唆している。

「映像は決定的だ。アンダヤがエリック・レッキーにラハイナを案内し、被災地に閉じ込められる市民を守るためにバリケードを設置する場所をアドバイスしている。我々が持っている情報のほとんどは、FEMAの封鎖から逃れた市民からのものです」と情報筋は言う。

レッキーは火曜日の夜、グランド・ワイレア・アストリア・ホテルの外で逮捕された。レッキーと65人の部下たちは、1泊1,000ドルのホテルのスイートルームで、税金で賄われた休暇を楽しんでいた。

情報筋によれば、FEMAはいくつかの高級ホテルを徴用し、正規の宿泊客を追い出して、絶え間なく続くと思われる武装した捜査官たちのための場所を確保したとのことである。

しかし海兵隊は、8月6日以降マウイに到着したFEMA職員全員の写真を持っており、利用可能なあらゆる出口や隙間からホテルから逃げようとする65人の連邦政府のチンピラを特定し、捕まえることができた。海兵隊に死傷者は出なかったが、逮捕に抵抗したFEMAの数人が表面的な怪我を負った。

海兵隊は、ハワイ諸島に残っているすべての捜査官を収監するか、さもなければ始末すると決めている、と情報筋は言う。

「FEMAはマウイ島に2,500人いた。何人かは捕まったが、何人かは敵の戦闘員として戦死し、何人かは飛行機でアメリカ本土に逃亡した。まだたくさんいる、彼らは自分たちが追われていることを知っている」と情報筋は述べた。

最後に、バイデン政権に忠実な軍隊が、FEMAを支援するためにマウイ島に到着したことを確認した。

「これは悪い展開であり、さらに流血が続くことは避けられないようだ」。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す