日曜日, 7月 14, 2024
ホームアメリカクリントン軍事法廷 第5日目 有罪判決

クリントン軍事法廷 第5日目 有罪判決

By Michael Baxter – 2021年4月16日(Real Raw Newsより)

ヒラリー・クリントン元国務長官の軍事法廷は16日、殺人、殺人の共謀、殺人の共犯、児童売買、未成年者への危険行為、反逆、扇動の罪で有罪判決を下した。

男性2名、女性1名で構成された委員会は、クリントン氏に対する軍の訴訟を担当したジョン・G・ハンニンク副提督が、クリントン氏の元戦略家で愛人のフーマ・アベディン氏を検察側の最後の証人として紹介した直後に、満場一致で評決を下した。
アベディンは、減免と司法取引の代わりに、クリントンと一緒に、別居中の元夫アンソニー・ウィーナーと未成年の子供を「共有」していたことを証言した。アベディンは、「共有」という言葉の定義を明確にするよう求められ、クリントンがアメリカに輸入した恵まれない未成年者に対して、淫らな行為を「練習」したと答えて、回答を修正した。
「アメリカの子供たち?」ハンニンク副提督が尋ねた。
「そうですが、主にそうではありません。彼らを追跡するのは簡単すぎます。貧しい国の子供であることが多いですね」とアベディンは答えた。
「この法廷で、どのようにしてこれらの子供たちを手に入れたのか話してくれますか?」とハンニンク副提督が尋ねた。
「ヒラリーは政府の資格を利用しました。国務長官、元国務長官、元ファーストレディとしての全権委任状を持っていました。シリアやアフガニスタン、イラクなどから孤児を連れてくるのは簡単なことでした。誰も質問しないのです。探す人もいませんでした」とアベディンは冷淡に答えた。
アベディン氏は、クリントン氏が実りある生活を提供すると称して米国に連れてきた未成年の少年少女の数は数えられないとしながらも、法廷では「多くの子供たちがいた」と述べ、そのほとんどが後にクリントン派の有力者に「売られたり寄付されたりした」と語った。
「その人たちは誰ですか?」とハンニンク副提督が尋ねた。
「私たちは正確には知りませんでした。ヒラリーが自分で売り込んだわけではありません。彼女は誰かにそれを扱わせていて、私はその人の名前を知りません」とアベディンは答えた。
ハンニンク副提督は、「それにしても、彼女はまだ話すことを拒否しています」と指摘した。
ハンニンク副提督は、クリントンがアメリカと人類に対して行った残虐行為について、軍が圧倒的な証拠を提示したことについて、十分に聞いたかどうかを法廷に尋ねた。通常の刑事裁判とは異なり、クリントンを有罪にするためには、全会一致の評決は必要ない。多数決であれば、正義は満たされるのである。
委員会は、わずか5分の審議で有罪の評決を下した。セス・リッチ、ヴィンス・フォスター、アントニン・スカリア最高裁判事の殺害、ハイチをはじめとする第三世界の未成年者の売買と虐待、大統領候補者暗殺の共謀など、軍が用意したすべての容疑について、クリントンを有罪としたのである。
判決文が読み上げられ、死刑を勧告されても、クリントンは裁判中と同様、不気味に沈黙していた。ハンニンク副提督は、軍がどのように刑を執行するかについて希望があるかどうかをクリントンに尋ねたが、彼女はまだ何も語ろうとしなかった。
「あなたは弁護士を拒否しました。あなたは弁護人を拒み、自分を守ることを拒んだ。よって本法廷は、被告であるヒラリー・ローダム・クリントン被収容者を、死ぬまで首吊りにすることを決定する」とハンニンク副提督はきっぱりと言った。判決は4月26日のタップス(葬送のラッパ)の後に執行される。
RRNの情報によると、フーマ・アベディンは彼女自身の軍事裁判を受けることになる。
トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す