土曜日, 4月 13, 2024
ホームアメリカクリントン軍事法廷 第4日目

クリントン軍事法廷 第4日目

By Michael Baxter -2021年4月15日(Real Raw Newsより)

水曜日のグアンタナモ湾での審理は、ジョン・G・ハンニンク副提督が、ヒラリー・クリントンと彼女のキャンペーン・マネージャーであるジョン・ポデスタとの間で2016年9月28日と10月10日(それぞれ第1回と第2回の大統領討論会の翌日)に行われた一連の電子メールのやり取りを、3人の士官に見せることから始まった。これらのメールは、クリントン氏の悪名高い私的なメールサーバー(当時はすでに解体されていた)ではなく、Gmailに代わるYandexと呼ばれる公共の無料メールサービスで送受信されていたと指摘している。ハンニンク副提督は、このメールの内容は、クリントンがいかに傲慢で思い上がった態度をとり、共犯者に支えられて、誤った無敵感を抱いていたかを物語っていると述べている。


「軍がこれらの電子メールをどのように入手したかは、ここに含まれる内容よりも重要ではありません。重要なのは、デジタル・フォレンジック(*注)によって、これらの暗号化されていないメッセージが、ニューヨーク州チャパクアの自宅に関連したインターネット・プロトコル・アドレスを持つ被拘禁者のラップトップから発信されたことが決定的に証明されたことです」とハンニンク副提督は述べている。

クリントンがポデスタに送った最初のメールのタイムスタンプは、2016年9月28日午後6時45分だった。このメールの中で、クリントンは、討論会の聴衆の中に、自分のビジョンよりもトランプのアメリカに対するビジョンを支持しているような人が多いことへの怒りを表明していた。

ハンニンク副提督は、法廷で短い(彼女の)メッセージを復唱した。「彼(トランプ)は尊大な愚か者だが、彼のメッセージは危険なまでに、彼のとんでもなく哀れな群衆と共鳴している。愚か者が話すと、彼らは耳を傾ける。心配はしていないが、もっと注意深く見ているべきだった。今はもっと注意深く見ていなければならない。事故は起こる」。

「30分後、ポデスタはクリントンに返信しました」とハンニンク副提督は言い、ポデスタの返信を印刷したものを読み上げた。「以前にも起きたことがあり、また起きる可能性があります。だからこそ、人々は事故に遭わないように注意しなければならないのです」。

ハンニンク副提督は、このメッセージが、さらなる文脈なしには、毎日の星占いのように漠然と解釈できる二重表現の寄せ集めにすぎないことを認めた。しかし、2016年10月10日のメール交換の文脈で考えると、クリントンとポデスタのベールに包まれた風刺は、突然、大統領候補者に対するあからさまな脅しになった。

「クリントンが書いたこの手紙は、第2回大統領討論会の翌日の夜にポデスタに送られました。そして、私は読みます『あの野郎が、自分が大統領になったら私は刑務所に入ることになると言ったことがまだ信じられない。彼が私を刑務所に送ることも、大統領になることもできるように。そして、彼に万雷の拍手を送る馬鹿者たち。金があっても無敵ではない。私は、彼が理解できない言葉を使うのが好きだから、彼の存在を酸で洗い流そうと真剣に考えている。彼が私に触れるチャンスはない。私たちはそれができる。どうだ?』」

ハンニンク副提督は、手錠をかけられたクリントンを見て、自分の行動について話す気があるかどうかを尋ねた。彼女は暗いくすんだ目を彼に向けたが、何も言わず、法廷が始まってからずっと同じように寡黙な態度を貫いた。

ハンニンク副提督は、「あなたの沈黙がすべてを物語っています、クリントン被拘禁者、あなたはこの委員会を脅かすことはありません」と言った。「ポデスタは、1時間後に彼女に返信を送った。今夜はお酒を飲んでいるのかどうかわからない。言葉には気をつけてください。彼は無名ではないし、彼を舞台から追い出すには面倒な予防措置が必要だ。配管工が必要かもしれない」。

「私は、彼らがドナルド・トランプを殺害することを暗黙のうちに共謀していたと主張します」と ハンニンク副提督は続けた。「しかし、あなた方のような合理的な役員は、言葉や書面による脅迫が現代社会、特にソーシャルメディア上ではありふれたものであることを認識しているでしょう。シークレットサービスは4年間で、ドナルド・トランプ氏に対する13万2千件以上の脅迫を調査しました。そして、その人たちはここで法廷に直面していません。クリントンは、当時のトランプのライバルとして、平均的な不満を持つトランプ嫌いの人々よりも高い基準を持っていなければなりません。加えて、彼女はポデスタとの間に前後関係があり、それは共謀に等しい。まだまだ、あるのです。」

彼は部屋のドアを守っている憲兵に、軍の証人が証言する準備ができているかどうかを尋ねた。憲兵たちは一旦部屋を出て、白い囚人服を着たジョン・ポデスタを連れて戻ってきた。前述したように、トランプ大統領の権限で動く米軍特殊部隊が、イースターの日曜日にポデスタと妻のメアリーを逮捕したのだ。

憲兵たちは、ポデスタをクリントンの真向かいに座らせた。クリントンは目をナイフで切ったような細く開き、かつての友人であり選挙マネージャーであるポデスタをじっと見つめた。

ハンニンク副提督は続けた。「抑留者クリントン、この男はもうすぐ自分の裁判を受けることになるが、君とは違って、彼は喜んで話をする。ポデスタさん、私はイエスかノーかの答えが欲しいのです。ですから、私が指示しない限り、答えについて説明しないでください。メールはさておき、ヒラリー・クリントンは、ドナルド・トランプを暗殺させるつもりだと、面と向かってはっきりとあなたに言いましたか?」

「はい」と ポデスタは震えるような小声で言った。

ハンニンク副提督は、「この法廷で、クリントンが何を言ったのか正確に教えてください」と尋ねた。

「ヒラリーと私はチャパクアで一緒になり、第2回目の討論会の3日後に、彼女は私にトランプを殺す人を雇うように頼みました。結局、リスクが高すぎて実行には至りませんでしたが、彼女は何日も前から私に『何とかしてくれ』としきりに言っていました。彼女は500万ドルを払う用意があった」とポデスタは語った。
ハンニンク副長官は、ポデスタに誰を雇うつもりなのかと尋ねた。

「彼女には多くの元諜報機関・CIAの友人がいます。4、5人のリストを持っていました。1人には2.5ドルを海外口座に送金し契約完了時に残額を支払う予定でした」とポデスタは言った。

「ヒラリー・クリントンの指示で?」とハンニンク副提督が尋ねた。

「はい」。

ポデスタは、自分とクリントンが関係した殺し屋の名前を開示しなくてもよいと約束されていたと言った。

「ヒラリー・クリントンのアイデアで中止になったのですか?」ハンニンク副提督が尋ねた。

「いいえ、私の考えです。実際、あまりにも危険だと思ったので、彼女に隠れて中止しました。彼は、約束どおり2.5をキープしました」とポデスタは答えた。

「協力する代わりに、死刑以下の刑罰が保証されているので、証言を捏造していないのですか」。ハンニンク副提督は言った。

「きょう、私が言ったことは真実です。ヒラリー・クリントンは、殺人者であり、ナルシストであり、悪質な女だ」とポデスタは言い、法廷室から護送されていった。

最後にハンニンク副提督は、木曜日の午後に最終的な証拠を提出すると法廷で述べ、クリントン氏に対する軍の訴訟を裁く将校たちに、一つ一つの証拠を慎重かつ丹念に吟味するよう促した。

委員会は、木曜日の正午(米国東部時間)に再開されると述べた。


*注:デジタル・フォレンジック
主にコンピュータ犯罪に関連して、デジタルデバイスに記録された情報の回収と分析調査などを行うこと。
トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す