水曜日, 5月 22, 2024
ホームアメリカクリントン軍事法廷 第3日目

クリントン軍事法廷 第3日目

By Michael Baxter -2021年4月14日(Real Raw Newsより翻訳)

火曜日、グアンタナモ湾でヒラリー・クリントンに対する軍事裁判を起訴しているジョン・G・ハンニンク副提督は、アーカンソー州リトルロックのローズ法律事務所でクリントンの元同僚だったヴィンス・フォスター(Vince Foster)の数十年前の死を持ち出した。彼はアーカンソー州の忠誠主義者がクリントン政権に加わる陰謀の一部としてワシントンにやってきた。


当時のクリントン大統領は、フォスターをホワイトハウス評議会の副議長に任命し、彼は政権幹部の審査を任されていた。しかし、フォスターは失敗の連続だった。クリントン氏が最初に指名した2人の司法長官は、不法移民を雇っていたために辞退せざるを得ず、フォスター氏はホワイトハウスのトラベルオフィスにいたクリントン氏の友人数人を解雇するというスキャンダルに巻き込まれてしまったのだ。

1993年7月20日、フォスターはバージニア州のフォート・マーシー・パークで、後頭部に3発の銃弾を受けて死亡しているのが発見された。公式の調査では、フォスターはビルとヒラリーを失望させたために自殺したと判断された。

「彼女がセス・リッチにしたことは、ヴィンス・フォスターにもしました。殺人に時効はありません」とハンニンク副提督は3人の将校の審査員たちに語った。

ハンニンク副提督は、茶封筒の中から、シュレッダーにかけられ、セロテープで再構成された紙片を取り出した。

「これはヴィンス・フォスターの辞表とされるもので、彼の死に関する公式調査では遺書と呼ばれています。しかし、問題があります。この筆跡はヴィンス・フォスターのものではありません。巧妙な偽物です。軍は4人の筆跡分析の専門家に、フォスターの筆跡のサンプルと比較させました。4人とも微妙なニュアンスの違いを見つけ、フォスターが書いたものではないことを証明しました」とハンニンク副提督は言った。

ハンニンク副提督は、封筒の中から別の紙を取り出し、その紙の出所は明かせないが、法医学の専門家がその筆跡をヴィンス・フォスターのものと認めたと述べた。その手紙は、フォスターの殺害直後に発見され、2017年8月にドナルド・J・トランプ大統領が謎の入手をするまで、銀行の貸金庫に隠されたままだったという。

手紙の一部にはこう書かれている。「もし私に何かあったら、この手紙が発見されることを願っています。はっきりさせておきますが、私は自殺願望があるわけではありません。万が一、私が行方不明になったり死んだりした場合には、ヒラリーとビル・クリントン大統領以上の適任はいません。彼らは私が知っていることを知っています。昨年(1992年)の6月、実際に何が起こっているかを管理しているヒラリーは、退役軍人省から2,300万ドルを横領し、彼らの多くの非公開の銀行口座(多くは海外)に分散して預金しました。私は間違えて、そのケーキの薄切りを”友人たち”に頼んでしまいました。もっとよく知るべきでした。彼らは、悪であると同時に貪欲なのです。沈黙を守るという約束が守られるかどうか分かりません。私が間違っていることを願います。」

ドナルド・J・トランプ氏は、トランプ氏が大統領在任中にフォスター氏殺害をほのめかしていたにもかかわらず、軍がクリントン氏に対する鉄壁の立証を行うための時間を保証したかったため、手紙を保留したとハニンク副提督は法廷で語ったという。

実際、トランプは意見を述べていた。2017年、トランプは、フォスターが殺害されたのは、彼が「何が起こっているかを熟知していた」からであり、ヒラリー・クリントンがフォスターの死に役割を果たしたかもしれないと述べた。また、トランプ氏は、ヴィンスが「起こっていることをすべて知っていたのに、突然、自殺した」と指摘しています。フォスターの死を取り巻く状況は 「非常に怪しい」とトランプ氏は観察しており、反則行為に関する説は「非常に可能性がある」としています。

「トランプ大統領は、すぐにでもクリントンを捕まえたかったのですが、我々が調査を完了するまで保留するほど賢明でした。何だと思いますか? 我々はその年の退役軍人省の記録を入手し、精査した結果、フォスターが主張した通り、2,300万ドルの食い違いを発見しました。そのお金がどこに行ったかは証明できません。OMBの記録によると、”雑多な調達費用”に再利用されたとあります。その意味するところが何であれ」とハンニンク副提督は言った。

ハンニンク副提督は、クリントンに何か言うことはないかと尋ねたが、裁判の間中ずっとそうであったように、彼女はニヤリと笑って話すことを拒否した。

ハンニンク副提督は、クリントン氏に向かって威嚇するような視線を送りながら、「そうか、誰か何か言いたいことがあるんだな」と言った。

クリントン大統領の下でホワイトハウスの顧問を務めたことで知られるアメリカの弁護士、バーナード・ウィリアム・ヌスバウム(Bernard William Nussbaum)氏がビデオ会議で審議に加わった。

「ヌスバウムさん、あなたが宣誓したときに私に言ったことを、この法廷で正確に話してください」とハンニンク副提督が言った。

「私は年老いた男であり、あまりにも多くの秘密と、あまりにも多くの後悔を抱えています。1993年6月14日、私はヒラリー・クリントンがホワイトハウスの補佐官、ジョン・ポデスタ(当時)に、ヴィンス・フォスターが自分とビルの両方にとって重大な脅威となっているので、何か手を打つ必要があると話しているのを耳にしました。それから1か月余り後、もちろん彼は遺体で発見されました」とヌスバウムは述べた。

「あなたの記憶に間違いはありませんか?」とハンニンク副提督が尋ねた。

「残念ながら、そうです」とヌスバウムは答えた。

ハンニンク副提督は、クリントンがフォスターの死を命じたのは、彼が彼女を脅迫していたか、あるいは単に未解決の問題を片付ける必要があったからだ、という自分の主張を法廷に提出した。クリントンは、何百人、何千人もの人を殺した責任があると主張した。

「しかし、それらすべての死に対して彼女を有罪にするのはあなたの仕事ではありません。完全に調査するには一生かかるでしょう。拘留者の命を保証するためには、これらの罪状のうち1つだけでも有罪を決定する必要があります。殺人の共謀でも反逆罪でも何でもいいのです」とハンニンク副提督は述べた。

ハンニンク副提督は、さらに多くのことが起こるだろうと付け加え、法廷は水曜日の午後まで中断された。
トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す