日曜日, 7月 14, 2024
ホームアメリカディープステートがロジャー・ストーンを 「ドローンで攻撃」

ディープステートがロジャー・ストーンを 「ドローンで攻撃」

By マイケル・バクスター-2021年4月25日(Real Raw Newsより)

土曜日、トランプの盟友ロジャー・ストーンとラジオパーソナリティのマシュー・エリック・”マンカウ”・ミュラーは、ブロワード郡の石油倉庫で起きた大爆発は、実はストーンを排除するためのドローン攻撃だったと投稿動画で語った。オークランドパークの爆発の震源地から250フィート以内にオフィスがあるストーン氏は、特に自分が標的になったかどうかは分からないとしながらも、自分のビジネスに関連して爆発が近かったことに疑問を呈している。
ニューズウィークのような主流の出版物は、ドローンによる攻撃を根拠のない陰謀論として退けているが…(こちらに投稿動画あり)
2020年の選挙を無効にするというトランプのミッションに関与している機密情報源がRRNに語ったところによると、ディープステートの工作員は、ヒラリー・クリントン、ジョン・ポデスタ、フーマ・アベディン、ジェームズ・コミー
といった人々の大量逮捕に対抗して、トランプの同盟者に報復しているとのことである。
「今は “いたちごっこ “です。あなたが私たちの仲間を連れて行くなら、私たちはあなたの仲間を連れて行く。それがメンタリティなのです。ストーンは長い間、広い範囲をターゲットにしてきました。バイデンに忠誠を誓う軍人はまだ少数派で、彼らは素晴らしい武器を持っています。トランプ氏がほぼ即座に爆発事故の調査を開始したこと、そして彼の法医学者が軍用機器が爆発事故を引き起こしたことを証明する証拠を入手したことは、彼らが知る由もないことです」と情報源は語った。
トランプ氏は、爆発でストーン氏のオフィスがほぼ全壊したことを知った数時間後に、戦災査定チームを現地に派遣したという。調査開始早々、チームは瓦礫の中から空対地ミサイルの制御フィンのようなものを発見した。フィンの表面には、MQ-1プレデターやMQ-9リーパーに搭載されている空対地ミサイル「AGM-114ヘルファイア」の推進剤が残っていた。
さらに、トランプ氏のチームは、爆発の直前に空から「鮮やかな閃光」が落ちてくるのを見たと主張する2人の目撃者にインタビューを行った。
「トランプ氏のチームは、調査が完了するまでメディアに話さないように彼らと合意した。彼は彼らに気前よく補償しているはずだ。トランプ氏はストーン氏が標的だったと考えており、ミサイルは失敗したと考えている。プロパンガスのボンベを爆発させて大量の二次爆発を起こした。ディープステートは近くに何があるか確認しなかったのだろう。トランプは誰がこの攻撃を命じたのかを知りたがっている。彼は寝ぼけたジョーではないと思っているが、オバマのような他の邪悪な生き物を排除してはいない」と我々の情報源は語った。
トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す