木曜日, 4月 18, 2024
ホームアメリカトランプ大統領、ポデスタとアベディンを反逆罪と子供に対する犯罪で告発

トランプ大統領、ポデスタとアベディンを反逆罪と子供に対する犯罪で告発

By Michael Baxter – 2021年4月6日(Real Raw Newsより)

復活祭の日曜日、ドナルド・J・トランプは反乱法と愛国者法を行使して、ヒラリー・クリントンの共犯者であるジョン・ポデスタ(彼女の元選挙運動マネージャー)とフーマ・アベディン(クリントンの元政治顧問で愛人とされる)の2人の逮捕を命じた。


ディープステートを打倒し、アメリカを国民の手に取り戻すというトランプ大統領の計画に関わる極秘情報源が、この衝撃的な逮捕劇の詳細をRRNに提供してくれた。

日曜日の正午、ドナルド・J・トランプは、米国特殊作戦軍司令官のリチャード・D・クラーク元帥に連絡を取り、2つの特殊部隊が、メリーランド州フレンドシップ・ビレッジの自宅にいるポデスタと、ミシガン州ランシング近郊の実家にいるアベディンに対して、同時に攻撃を開始するよう要請した。

「トランプは、彼らがそれらの場所にいることを証明する確かな情報を得た。トランプは、彼らがそれらの場所にいることを証明する有効な情報を得ていたが、復活祭の日曜日を選んだのは、彼らが小休止するのに最適な日だと考えたからである。 ポデスタは妻と自宅にいて、アベディンは実家でイースターランチを食べていた。イスラム教徒であるフーマが、なぜイースターを祝っていたのかは分からない。しかし、トランプはその情報を信用していた」と情報源は語った。

午後2時、1つの特殊部隊がランシングのオールド・エヴェレット分譲地にあるアベディンの家を監視した。家の中で家族がガチョウ料理を楽しんでいると、第3特殊部隊グループの部隊が5,000平方フィートの別荘に密かに近づき、攻撃の準備をした。

「知る限りでは、チームの一部は玄関付近で狙撃を行い、他のチームは裏口から侵入して閃光手榴弾を家の中に投げ込み、家の中の人々を驚愕させ、耳をつんざいた。アベディンの両親は恐怖で倒れ、フーマは『自分は守られているからこんなことはできない』と不満を漏らした。彼らは彼女に手錠をかけた。彼らは両親に、静かにしていないと次は自分たちだと言った」と情報源は語った。

特殊部隊は、アベディンをフロリダ州南部の安全な収容施設に連れて行ったという。

並行して、メリーランド州に潜入したポデスタと妻のメアリーは驚いた。アベディン夫妻とは異なり、ポデスタ夫妻は自分たちの財産を守るために民間の警備員を雇っていたが、特殊部隊はポデスタ夫妻の邸宅の周囲を巡回していた2人の武装した警備員を静かに制圧した。

特殊部隊が屋敷に突入し、ポデスタ家の食事を中断したとき、ジョン・ポデスタ氏は膝をついて動物のように泣き叫び、震え始め、「ああ、神様、お願いだからやめてくれ」と叫んだと伝えられている。「こんなことになるはずじゃなかった。こんなことをするつもりはなかったんだ」と。

「臆病な犯罪者の罪が、ついに彼に追いついたのだ。彼は何が起こるか分かっていて、泣き崩れた。特殊部隊の連中が彼と彼の妻を連れて行った。というのも、どうやら彼女は彼の犯罪に加担しているようで、次の人たちに警告することができるはずだからだ。これはディープステートの士気に大きな打撃を与える。まもなく、彼らの犯罪は丸裸にされるだろう」と情報源は語った。

アベディンとポデスタに対する具体的な容疑は、トランプ氏が保有する封印された起訴状に詳細に記されている。トランプ氏は、ポデスタとアベディンの両者を、無数の子供に対する犯罪はもちろん、反逆罪でも起訴している。情報源によると、アベディンとポデスタがそれぞれの軍事法廷に立ち、社会の構造を引き裂くほどの衝撃的な罪状に回答するまで、これらの犯罪の正確な本質は秘密にされたままだという。

「ヒラリーと同様、軍が彼らの運命を決定する」と情報源は語った。

ヒラリー・クリントンの軍事法廷は、4月8日にGITMOで行われる予定である。
トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す