日曜日, 12月 10, 2023
ホームアメリカバイデン氏、「Dr. Fauci Day」の祝日化を希望

バイデン氏、「Dr. Fauci Day」の祝日化を希望

by Michael Baxter -2021年4月20日(Real Raw Newsより)

米国大統領と呼ばれるジョセフ・バイデンは、アンソニー・ファウチ博士を記念するために、米国で初めてCovid-19ワクチンが接種された12月13日をディープステートの医師に敬意を表して「ファウチ博士の日」とする新しい連邦祝日を制定するかどうかを検討している。

匿名を条件にした2人の政権関係者がRRNに語ったところによると、バイデン氏は早ければ2月にもファウチ博士を讃えたいと考えていたが、連邦の休日は重要な日付や社会への卓越した貢献をした人物を不滅にするためのものだとする共和党主要議員の反発により、この案は停滞していたという。
共和党のジム・ジョーダン議員は、ファウチ氏がCovid-19の予防に関するメッセージを発信した結果、何万人もの予防可能な死亡者が出たと主張した。
「クリスマスは、イエス・キリストの誕生を祝うものです。彼は人類に計り知れない貢献をした人物です。独立記念日は、英国の支配からの解放を祝うもので、国民の祝日にする価値があります。彼(ファウチ)は何をしましたか? 人を殺したのです。彼は刑務所に入るべきで、祝われるべきではありません」とジョーダンはファウチについて語った。
しかし、バイデン氏はその後、ドクター・ファウチ・デーを支持する民主党の支持をかなり集めた。
情報筋によれば、バイデンはミシガン州議員のデビー・ステベナウ氏(民主党)に、ファウチ氏の名前を冠した連邦の休日を求める法案の作成を自ら依頼したという。すでに60人の民主党議員が支持を表明しており、その数は増え続けている。また、民主党のいくつかの知事は、このような行動には何の権限もないが、ファウチの名前が認められるのはずっと先のことだと述べている。ミシガン州知事のグレッチェン・ウィットマー氏はファウチ博士を「アメリカの英雄」と呼び、クオモ知事は「ファウチ博士の功績を忘れてはならない」と述べ、オレゴン州知事のケイト・ブラウン氏は「ファウチ博士の功績は人類の歴史の中で最も変化に富んだものである」と述べている。
この法案は、一旦作成されると、支援を得て、下院と上院の承認を得てから、法律として成立することになります。民主党が違憲状態で議会を掌握していることを考えると、その可能性は高いと思われる。
民主党員と共和党員の間には、ファウチ氏の「業績」に対する見方が大きく分かれているため、市民がファウチ法案にどのような反応を示すかは不明である。共和党は圧倒的にファウチを嫌っているが、民主党は圧倒的にファウチを愛し、彼の美徳を神格化している。
「民主党と主流メディアはファウチ博士を崇拝している」と関係者は言う。「一旦、この法案が記録され、下院の議場に出れば、おそらくすぐに動き出すだろう」。
万が一、この法案が議会で承認されなかった場合、バイデン氏はファウチ博士に歴史上の地位を保証するために行政措置をとることを否定していないと、関係者は付け加えた。
「バイデン氏は、必要であれば大統領令を出すかもしれない」と関係者は述べている。
トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

やまとたける on バーガー将軍行方不明
ウッチー on GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 on 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す