日曜日, 7月 14, 2024
ホームアメリカ今後の軍事法廷について(改訂版)

今後の軍事法廷について(改訂版)

By Michael Baxter -2021年6月3日(Real Raw Newsより翻訳)

読者の皆さん、こんにちは。ご存知の方も多いと思いますが、私はこれまで、グアンタナモ湾の収容所で現在行われている軍事法廷についての報道に集中してきましたが、現在は他の場所でも行われています。ドナルド・J・トランプに近い情報筋がリアル・ロー・ニュースに語ったところによると、トランプと米軍は、今年の7月か8月にトランプが再就任した後に全米を席巻する大量逮捕を前に、ヒドラの頭を「首切り」するために動いているといいます。

我々の情報筋は7月4日の独立記念日と言っていますが、トランプ自身はホワイトハウスに戻る可能性のある日付として8月を挙げています。

以下は、今後数週間に予定されている法廷の最新リストです。人名は身柄を確保していると思われます。

フーマ・アベディン – 6月7日
ビル・クリントン – 6月14日
ジョン・ベイナー – 6月17日
ウィリアム・バー – 6月17日(別の場所で拘束されると思われる)
俳優のトム・ハンクスと妻のリタ・ウィルソン – 6月21日
俳優のケビン・スペイシー – 6月21日(法廷の場所はまだ決まっていない)
デボラ・バークス博士・・・6月23日
最高裁判事エイミー・コニー・バレット・・・6月28日
元FEMA長官クレイグ・フゲイト – 6月29日
元FEMA長官ブロック・ロング・・・6月29日
スーザン・ライス – 7月2日


このリストはすべてを網羅したものではなく、情報が入り次第更新されます。


トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す