水曜日, 5月 22, 2024
ホーム外部ソーステキサスがコビットを殺した理由

テキサスがコビットを殺した理由

文:ロン・ポール

2021年5月24日(月)

<以下上記サイトの翻訳>
3月、グレッグ・アボット知事は、テキサス州が州全体のマスク義務化なしに100%営業すると発表した。ロックダウン推進派の「専門家」たちは衝撃を受けた。テキサス州のような大きな州がフロリダ州と一緒になって、「科学」を鼻であしらうことに成功すれば、歴史上初めて健康な人々が家に閉じこもり、酸素を制限するフェイスマスクを着用することを余儀なくされることになり、ロックダウンのシナリオは崩壊し始めるだろうと考えたのだ。


バイデン大統領は、この決定を「ネアンデルタール人の思考」と攻撃したのは有名な話だ。テキサス州民主党のジルベルト・ヒノホサ議長は、この命令によってアボット大統領は「テキサス人を殺す」と警告した。次期CDC長官のロシェル・ワレンスキー氏は、「差し迫った運命」という気持ちを涙ながらに語ってくれた。

数週間後、Covidの監禁の申し子であるファウチ博士は、テキサスで患者や死亡者が減り続けている理由を聞かれ、「よく分からない」とだけ答えた。それは、現実に直面するまでは自信満々に力を誇示していた、いわば「カーテンの向こうの男」の姿だったのかもしれない。

全米経済研究所(National Bureau of Economic Research)のワーキングペーパーとして発表された新しい研究は、先日のReason Magazineで紹介されたが、「再開後の5週間において、再開がCOVID-19の新規感染率に影響を与えたという証拠はない。…州レベルのCOVID-19死亡率は、3月10日の再開によって影響を受けなかった」としている。

言い換えれば、ロックダウン狂信者が予測した悲観的な状況が実現しなかっただけでなく、政府の行動に関係なく、ウイルスの絶滅に向けた季節的な減少傾向は継続していた。この1年間、リバティレポートで繰り返し述べてきたように、我々が何をしようとも、ウイルスはウイルスであり続けるのである。テキサス州がそれを証明したのである。

しかし、全米のコビットパニックがようやく収まりつつある今、いくつかの非常に重要な質問に答えなければならない。

まず、Covid-19に有効であることが明らかになったヒドロキシクロロキンやイベルメクチンなどの安全な治療法が禁止されたために死亡した何千人もの人々に対して、誰も責任を取らないのだろうか? ドナルド・トランプがヒドロキシクロロキンがウイルスに効果があるかもしれないと口にした途端、「専門家」たちは円陣を作った。その後、静かに使用禁止が解除されるまで、使用が禁止されていた。

医療の政治化は、反科学、反人間、そして反アメリカ的である。この政治化によって不必要に死亡した人々は、ついに正義を得ることができるのだろうか?

第二に、アボットが大胆な措置をとったことは評価されるべきだが、そもそも州を閉鎖したことについては責任を問われるべきではないだろうか。結局のところ、誰かがあなたの顔を殴っていて、それを止めたとき、あなたは気を許してくれたことに感謝するのか、それともそもそもなぜ殴られたのかを問うのか? アメリカ全土で行われている専制的な法令による命令は、すべて帳簿から抹消されるのだろうか? それとも、彼らはどんな理由があっても、またこのようなことをすることが許されるのだろうか?

第三に、ランド・ポール上院議員のおかげで、ファウチ博士が中国でのウイルスの機能獲得研究に資金を提供する役割を果たしていることを、私たちは皆知っている。私たちは、なぜ私たちが、より致命的なウイルスを作り出すための狂った科学者たちの研究に資金を払わなければならないのか、その理由を正確に知ることができるのだろうか。私たちは、この資金提供を拒否することができるのだろうか?

グレッグ・アボット氏はテキサス州を閉鎖したことで多くの批判を受けているが、彼の再開命令は事実上、国中のCovidの専制政治を終わらせた。そのことに感謝している。これからは、このようなことが二度と起こらないように決意しなければならない。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す