日曜日, 7月 14, 2024
ホームアメリカジェームズ・コミー、ギロチンに頭を奪われる

ジェームズ・コミー、ギロチンに頭を奪われる

By Michael Baxter -2021年6月30日(Real Raw Newsより翻訳)

月曜日の朝、元FBI長官のジェームズ・コミーが当然な理由で死んだ。ギロチンの刃で頭を切断され、心臓が停止したのだ。


既報の通り、6月4日、軍事委員会事務局はコミーに殺人と反逆の罪を犯したと判断し、独立記念日までに首を切ることを決定した。月曜午前11時、米海軍法務顧問団がその約束を果たし、ジョン・G・ハンニンク副提督が処刑に先立って簡単な式典を執り行った。


クリントン氏やポデスタ氏の死刑執行とは異なり、コミー氏の死刑執行にはファンファーレがなく、海兵隊のデビッド・H・バーガー将軍を含む6人の軍人が、コミー氏の悲惨だがふさわしい死を目撃しただけだった。また、これまでの死刑執行とは異なり、コミーの死刑執行には詳細な説明がなかった。2人の制服を着た憲兵がコミーを残酷な装置の前に連れて行き、彼の頭をまな板の上に置いた後、ハンニンク副提督が自らレバーを引いて88ポンドの刃を14フィートの高さから落とした。コミー氏の頭はバスケットの中に落ち、バスケットは密封された後、未知の場所に運ばれた。


処刑は、グアンタナモ湾の南端にあるウィンドワード・ポイント灯台の近くで行われた。この出来事に詳しい関係者がReal Raw Newsに語ったところによると、コミーの命を奪ったギロチンは、オバマ前大統領と一緒に、法を守る愛国者たちに使おうと思っていたものだったという。その意味で、この死刑執行装置は、アメリカとその国民に対するコミーの憎悪の象徴であった。


コミーは、死の直前、憲兵に引きずられてギロチンに向かう際、蹴りながら叫び始めた。彼は次のように語った。「神様、殺さないでください。私は何も悪いことはしていません。命令に従っただけです。私には子供がいます。死にたくありません。これは正義ではありません」。


「あなたには取引を受け入れる機会が何度もありました。今となっては遅すぎます」とハンニンク副提督はきっぱりと答えた。


「こんな扱いを私はされるべきではない」とコミーは続けた。


憲兵は彼の首にロック装置をかけて、彼を動けないようにした。両腕を鷲づかみにされ、手首には手錠がかけられ、プラットフォームに固定された。刃が落ちると、ハンニンク副提督は小さな集会で挨拶をした。


「私たちはこんなことを楽しんではいません。彼にはこの運命を避けるチャンスが何度かありましたが、すべて拒否しました。今日、正義は果たされました」と語った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す