水曜日, 5月 22, 2024
ホームアメリカアダム・シフ、国家反逆罪で有罪判決

アダム・シフ、国家反逆罪で有罪判決

By Michael Baxter -2021年7月4日(Real Raw Newsより翻訳)



7月1日(木)、グアンタナモ湾の軍事法廷は、下院情報委員会のアダム・シフ委員長に対し、反逆罪とスパイ容疑で有罪判決を下した。その証拠は、このいじわるな虫が、大統領執務室に座ったことのある最も愛国的な大統領を弾劾することを目的とした中国主催の陰謀に関連していることを示すものだった。



2019年7月、シフはトランプがウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領との電話会談で、ハンター・バイデンへの調査の見返りに米国の援助を保留したとされていることを大きく歪曲し、乱暴に表現した。トランプもゼレンスキーも疑惑に反論したが、シフは権限を乱用して、ドナルド・トランプに対する弾劾調査を進めるよう議会に迫ったのだ。



2019年9月、米海軍法務官軍団は、シフの行動が下院規則に違反していないか、シフの苦情が合憲かどうかを判断するための調査を開始した。



法務総監の6か月にわたる調査により、シフは他のディープステートの工作員と同様に、豪奢なものに飽き足らず、米国の敵を助ける代わりに、そのような行為が自分の個人的な目標に合致する場合は、喜んで賄賂を受け取っていたことが証明された。



法務総監と軍事委員会事務局は、ドナルド・J・トランプの退陣を狙った中国の陰謀とシフを結びつける証拠を入手した。具体的には、シフはリー・ウェイという中国の実業家から「贈り物」を受け取っていた。リー・ウェイは、ハンター・バイデンが10%の株式を保有している「渤海収穫RST(上海)株式投資基金管理有限公司」の上級幹部だった。



その中には、500万ドルの価値がある貴重な1954年製バオダイ・ロレックスや、約300万ドルの価値があるブガッティ・シロン・パー・スポーツが含まれており、後者は密かにSotheby’sでオークションにかけていた。



軍事委員会事務局は、シフが下院倫理委員会の贈答規則に露骨に違反したと主張している。この規則は、連邦政府職員が便宜を図るために贈答品を受け取ることを禁じており、166ドル以上の物品を購入した場合には国務省に報告することを義務付けている。



この証拠があったからこそ、シフは5月24日に逮捕され、その後グアンタナモ湾に行くことになったのである。



木曜日の審問はわずか2時間で終了し、ジョン・G・ハンニンク副提督は3人の士官委員会に、弁護士なしで出廷したシフを大逆罪で有罪にするよう求めた。



「シフの欲は、ドナルド・トランプに対する煮えたぎるような憎しみと相まって、彼を反逆的な行動の道へと導きました。彼は弱くて柔和な性格で、金儲けのため、そして選挙で選ばれた米国大統領に対して暗黙のクーデターを起こすことを期待して、故意に自分の宣誓を裏切ったのです。確かに、彼がこのような贈り物を受け取ったことや、それが誰から来たのかを他の人も知っていたはずですが、トランプを大統領の座から引きずり降ろそうと必死になっているディープステートによって、そのことは隠蔽されてしまいました。シフは偽名や代理人を使って、不正に得たプレゼントの多くをロンダリングしていましたが、必ず痕跡が残るのです」とハンニンク副提督はパネルに語った。



シフ氏は、自分の罪について答えるように求められ、贈り物を断るべきだったことは認めたが、それは「当然のこと」であり、中国、リー・ワイ、ジョセフ・バイデン、ハンター・バイデンとの関係とは無関係だと述べた。



「もちろん、私はこれらの人々を知っています。しかし、ワイは私の友人であり、彼は幸運に恵まれ、その一部を友人である私と共有しました。トランプ氏とは何の関係もありません。私は長年にわたってこの国に忠実に仕えてきましたが、私に対するこの法廷の権限は認めません」とシフは言った。



ハンニンク副提督は、これまでの法廷でもそうだったように、魔法の帽子からウサギを取り出した。彼は、シフがドナルド・トランプに対抗するために、2,000万ドルの贈り物とインセンティブを受け取ったことを証言したのだ。彼は、領収書や帳簿、シフとハンター・バイデンとの間で交わされた個人的な書簡などを提出し、シフの支払いがトランプを失脚させるための報酬であったことを証明したのだ。



ハンニンク副提督は、「画面に映っている書類は、我々がコピーを持っています」と言い、証拠となる書類をパネルに渡した。「シフ夫人、あなたは夫に不利な証言をするように強要されたり、報酬を得たりしたことはありますか?」



「ありません。私は虐待に疲れていました。やっと終わってよかったです。私たちの家庭に蔓延する嘘、操り、悪には飽き飽きしていました。アダムは、政府からの給料に満足していませんでした。彼は私に、トランプを追い出して同時に金持ちになることを望んでいると話していた」とイヴ・シフは言った。



「アダム、あなたは当然の報いを受けているのよ」と彼女は夫に個人的に語りかけ、画面はウインクして消えていった。



その直後、軍の案件を審議していた3人の士官はシフを有罪とし、アメリカに対する罪で死刑を受けるよう勧告した。ハンニンク副提督も同意見で、シフ氏の死刑執行を8月13日に予定した。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す