土曜日, 6月 3, 2023
ホームCovid-19ギャビン・ニューサム軍事法廷 第一日目

ギャビン・ニューサム軍事法廷 第一日目

By Michael Baxter -2021年12月30日(Real Raw Newsより翻訳)

12月28日(火)


またしても遅れて、火曜日の朝、ギャビン・ニューサムの法廷が始まった。

グアンタナモ湾の南法廷に足を踏み入れたとき、ギャビン・ニューサムはいしばしば見られるような真珠のように白い歯をむき出した笑顔を浮かべておらず、クランドール少将と、彼に対する軍の裁判を評価する任務を負う3人の役員パネルから嘲りの視線を浴びることになったのだ。公の場に出る前に化粧と衣装に3時間かけることで知られる男が、ボタンアップシャツ、ブレザー、スラックス、コールハーンの靴ではなく、白い拘禁者用のジャンプスーツで法廷に現れたのだ。手入れをせず、ひげも剃っていないニューサムは、弁護人を雇うと「違法な軍事司法制度を正当化することになる」ため、弁護人を雇わなかったと委員会に語った。

「私は自分の意思に反して不法にここにいる。偽りの申し立てと根拠のない証拠だけに基づいて、家から誘拐され、愛する妻と子供たちから引き離された。この偏見に満ちた裁判所、その信用を与えるのは嫌だが、私はすでに有罪だと判断していることを知っている。私が何を言っても、何も変わらない。だから、私は憲法修正第5条の黙秘権を行使することにした」とニューサムは述べた。

「メリークリスマス、ミスター・ニューサム」とクランドール少将は口火を切り、法廷に向けて、ニューサムがカリフォルニア州フェアオークスの邸宅の地下牢で若い女の子をレイプしている、意図的にぼかした映像を流したのである。女性は意図的に隠されていたが、ニューサムははっきりと映っており、口をあんぐりと開けて、明らかに未成年の少女に目を丸くして狂ったように苦しめていた。


「彼が今何を言おうが言うまいが、最初の宣誓証言で、このビデオが作られたとき、彼はアドレノクロムでハイになっており、他の人にもそれを飲むよう勧めていたことを認めました。このビデオに登場する子供は、制作当時13歳でしたが、まだ未成年であるため、彼女の身元は公表していません。しかしこれは一例に過ぎず、われわれはニューサムが未成年の女性と性行為に及ぶことを示す、こうしたビデオを12本押収しています」とクランドール少将は述べた。

ニューサムは沈黙の誓いを破り、少女が18歳と言ったと言い、セックスは合意の上だったと主張した。

これに対し、クランドール少将はパネルに宣誓書を示し、少女が、ニューサムが彼の邸宅で外交パーティーを開きながら、彼の政治的友人の娘たちを目立たぬように触ったり愛撫したりしようとしたことを記述した証言をした。

「私は両親と一緒に彼のパーティーに何度か参加しましたが、彼が他の女の子に擦り寄って、お尻に手を回し、髪を弄り、腰を抱き、肩にキスしているのを見ました。父に『気持ち悪い』と言ったら、『ああ、それがギャビンの優しいところなんだ』と言われた。そして、もう彼のパーティーには参加したくないと言うと、私が欠席したら、彼(ギャビン・ニューサム)はとてもがっかりするだろうと言われたのです。それが3回目の訪問だったんですが、全部は覚えていないんです。彼は何らかの方法で私に薬を飲ませ、彼の部屋に私を連れて行き、私をレイプしたと思っています。両親は彼を愛しているようだったので、何も言いませんでしたが、私は家を飛び出しました。私のように、パーティーの景品にされた人がいることも知っています」と、彼女の供述書の一部が読み上げられた。


ギャビン・ニューサムとハンター・バイデンが、同じ脚本から犯罪のインスピレーションを得ているように見えたのは不気味だ。

次の4時間で、パネルは他の6人の若い女性(ZOOMに出演している女性もいる)の証言を聞き、ギャビン・ニューサムが政治的権限を乱用して有権者に自分の子供を売春させるよう強要したり、彼からの誘いを完全に無視したという主張を支持した。ローレンとしか名乗らないある少女は、ニューサムに会ったとき16歳だったが、この堕落した知事が当選後ほとんどすぐに子供を食い物にし始めたと宣誓している。2019年1月12日、彼女はカリフォルニアからDCへ向かうチャーター便に乗り、ニューサム氏の知事選の資金を援助した政治献金者、場合によってはその子供たちでいっぱいの中、ニューサム氏と出会った。

「ええ、あの野郎に会いましたよ」と彼女はZOOMの電話で語った。「私の両親はワシントンにいて、私は彼らに会うためにそこに行き、彼らは私を彼の飛行機に乗せました。彼は私の隣に座り、私のことをどんなに可愛いかと言い続けました。自分の娘も私みたいにセクシーだったらいいのにって。そんなこと言うバカがいますか? 彼は私に処女かどうかを尋ね、一緒に過ごそうと提案しました。私は彼に失せろと言いました。そして、彼は、私たちが話したことを誰かに話したら、私の両親を破滅させると言いました。でも私は誰にも話しませんでした。マスコミにも言いましたが無視されました。地獄で朽ち果てればいい」とローレンは言い残した。

証言した若い女性たちの中で、ローレンだけがニューサムの魔の手から逃れた。他の人たちは、何らかの形で痴漢やレイプに遭っていた。

彼女たちの証言が終わると、クランドール少将は、木曜日の朝まで法廷を休廷させ、その後、ニューサム氏のCovid犯罪の詳細を示す証拠に焦点を当てると述べた。
トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

やまとたける on バーガー将軍行方不明
ウッチー on GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 on 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す