日曜日, 4月 14, 2024
ホームアメリカJAG、ビル・エアーズを扇動的陰謀罪で有罪判決

JAG、ビル・エアーズを扇動的陰謀罪で有罪判決

By Michael Baxter -2022517日(Real Raw Newsより翻訳)

リベラル派では、ウィリアム・チャールズ・エアーズは進歩的な活動家、イリノイ大学の引退した教授、そしてバラク「フセイン」オバマの2008年と2012年の大統領選挙キャンペーンを財政的に支持した慈善家として知られている。1969年、エアーズは、同時期に活動していた中国の紅衛兵に倣い、アメリカ資本主義の転覆を目指す革命団体「ウェザー・アンダーグラウンド」を設立した。ウェザー・アンダーグラウンドは、1960年代から1970年代にかけて、米国のベトナム戦争への関与に反発し、警察署、連邦議会議事堂、ペンタゴンなどの公共建築物を爆破するキャンペーンを実施した。この爆破事件により、エアーズは数年間、逃亡者として追われる身となったが、彼と他の者を追っていたFBI捜査官の違法行為により、告訴は取り下げられた。彼の犯罪にもかかわらず、オバマやアレクサンドリア・オカシオ・コルテスのような現代の進歩主義者やソーシャル・ジャスティス・ウォリアーは密かにエアーズの大義を唱え、彼をアメリカの英雄とさえ名指ししているのだ。


軍にとってエアーズはまったく別の存在だ。不満分子で、かつてのディープ・ステートの盟友が訴追を免れる手助けをした重罪人である。この40年間、彼の名前が活字になることはめったになかった。2008年、The Hillはエアーズとオバマの親密な関係を暴露したが、オバマはエアーズを「ちらっと」しか知らないと偽っていた。2011年、調査記者ジャック・カシルは、エアーズがオバマのベストセラー回想録『父の夢』の本当の著者であることを著書『Deconstructing Obama』で証明した。


しかし、友情とゴーストライターは犯罪ではない。もし、エアーズが攻撃的で暴力的な政治活動の場から身を引いていれば、米軍内のホワイトハットは彼を孤独のうちに放置しただろう。しかし、エアーズには別の計画があった。


202111月、米海軍法務官(JAG)部隊は、エアーズが中間選挙を前に民主党と共和党の選挙事務所に対する放火キャンペーンを組織的に実行することを目的とした新しい過激派組織を設立し資金を提供したという動かぬ証拠を得て、彼を立件したのである。JAGは、裁判のための証拠集めに6か月間、1万時間を費やした。


51日、JAGの捜査官は、シカゴのハイドパークの自宅でエアーズを静かに逮捕し、扇動的陰謀で起訴した。彼は、2022512日から13日にかけて行われた軍事法廷の結果が出るまで、手続きを経て、グアンタナモ湾に送られた。


エアーズは、典型的なディープステイターとは異なり、好戦的でも闘争的でもなく、決して声を荒げることはなかった。冷静沈着な彼は、ダース・E・クランドール副提督の質問に対して、冷静に回答を拒否するか、直接的で簡潔な返答をした。JAGの重要な証拠となったのは、エアーズの家宅捜索で捜査官が見つけた80ページに及ぶマニフェストである。それは主にトランプ大統領に対する悲鳴で、エアーズの言葉を借りれば、「ドナルド・J・トランプの2016年から2020年の殺戮支配の再現 」を防ぐために思い切った行動を取らない限り、トランプが大統領執務室に戻ってくると予言したものであった。彼は、「トランプが権力を取り戻したとき、米国は崩壊するだろう。私たちが自分たちを守らなければならない、底知れぬ思いだ」と書いている。


クランドール副提督は、マニフェストはエアーズが政治的同盟者に広めたツールであり、ドナルド・J・トランプのもう4年間から国家を守るために、必要なら自分を犠牲にすることをいとわない信頼できる人物を慎重に採用するよう呼びかけている、と述べた。


「拘束されたエアーズ、あなたの言葉を引用して」クランドール副提督はこう始めた。「『仲間になった者は、ソーシャルメディアを避け、敵対者が見ているプラットフォームで今後の任務について議論しないことを誓わなければならない。デジタルの足跡や紙の痕跡は残さない。口コミのみ。もっともらしい反証が最も重要だ。彼らは非常に献身的でなければならない。我々の立場に入り込んでいる。彼らが捕まったとき、我々が彼らを救えないかもしれないことを理解しているように…2024年まで待つわけにはいかない。今のままでは中間選挙は渦巻き、味方は負ける、それを止められるのは即効性のある断固たる行動だけだ』。これだけでは、被拘束者エアーズが有罪になるように聞こえる」クランドール副提督は言い終えた。


「あなたがマニフェストと呼ぶものを、私は日記と呼びます。その内容は、言論の自由に対する私の憲法修正第1条の権利によって保護されています。私の考え、私の気持ちを告発することはできません」とエアーズは冷静に答えた。


クランドール副提督はマニフェストの朗読を続けた。「バイデン政権は、選挙事務所が空いているときに積極的に狙い、少なくとも死者が出ないようにすることで、中間選挙や2024年の大統領選挙を無期限に延期し、トランプの再登場を防ぐ正当な理由ができるだろう。 歴史的に見ても、放火は強力な武器である。それでも、敵だけでなく、友人をもターゲットにして、妨害行為が特定の政治的所属と結びついていないように見せかける必要がある。このことは、味方も理解してくれるはずだ。今は絶望的な時代だ。我々は絶望的な手段なのだ」。


「繰り返しますが、提督、これは私の考えです。どれもまだ起きていないことです。思想犯罪が訴追される時代になったのでしょうか? そうだと思います」とエアーズが言った。


クランドール副提督は検察側の証人として、20212月にエアーズから金銭的に有利な話を持ちかけられたと主張するオハイオ州の34歳の男性で自称リベラル派の人物を紹介した。この人物は、RRNが名前を出さないよう求めている人物で、2015年から2022年にかけて、ドナルド・J・トランプとその支持者、そして共和党全体への憎悪を訴えるツイートばかりしているツイッターで確認された(青いチェックマーク)ソーシャル・ジャスティス・ウォリアーである。20223月現在、彼のフォロワーは670万人である。


証人は、202227日にエアーズが彼の自宅を突然訪問したと宣誓して証言している。 エアーズは「フォロワーを大義に参加させてくれ」と頼み、100万ドルを超える金銭的報酬を約束したという。


「ビル・エアーズは私に、そう、マイク・デワイン(オハイオ州知事)とナン・ホエイリー(対立候補)の事務所を爆破してくれる人を探すように言いました。彼はこれを7月までにやり遂げろと言いました。これは私にとっても酷なことでした。ええ、私は彼にそうすると言いましたが、実行しませんでした。たとえ政治に反対であっても、誰も殺されるのを見たくはありませんでした」と目撃者は言った。


数時間にわたって、クランドール副提督は同様の証言をした数人の証人を紹介した。


そして、JAGのケースを検討する3人の役員パネルに、その証拠を検討するように求めた。異例なことに、委員会は15時間かけて審議し、最終的に扇動的陰謀罪については有罪の評決を下したが、死刑の宣告はしなかった。その代わりに、エアーズ(77歳)をグアンタナモ湾のキャンプデルタ収容所に25年間収監するよう意見した。


クランドール副提督は、この勧告を受け入れたが、エアーズに最後の質問をした。


「これはオバマの計画ですか?」と彼は尋ねた。


「私は彼をほとんど知らない」とエアーズは答えた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す