日曜日, 5月 19, 2024
ホームアメリカバーガー将軍、負傷するも回復中

バーガー将軍、負傷するも回復中

By Michael Baxter -2023年1月23日(Real Raw Newsより翻訳)

海兵隊のデビッド・H・バーガー将軍は、CIAの誘拐犯に遭遇したときに負った痛ましい傷から回復するために、非公開のホワイト・ハットの病院にいる、とエリック・M・スミス将軍の事務所の関係者はReal Raw Newsに語った。

彼によると、将軍は1週間の拉致監禁中に以下のような傷を負ったという。

顔の裂傷

胴体、腕、脚への鈍器による外傷

膝頭の骨折

複数の打撲傷

肋骨3本骨折

誘拐犯は彼をベッドに縛り付け、全身を殴打した。左目は腫れ上がり、右耳はカリフラワーのようで、顔はマッシュポテトのようだった。しかし、CTとMRIの検査では、奇跡的に脳障害や内臓損傷の兆候は見られなかった。サディスティックなエージェントたちは、将軍の腎臓や脾臓を破裂させたり肺を潰したりすることなく、拷問して不具にするために力を弱めることに長けているようだと、我々の情報筋は述べた。それにもかかわらず、彼は数日間耐え難い痛みに襲われ、自分でモルヒネを点滴しても、ほんの一瞬しか楽にならないほどであった。

膝頭の骨折はすでに手術済みで、肋骨は時間が経てば治るだろう。

「平凡な男なら死を願うだろうが、バーガー将軍は違う。彼は意識があり、報告を受けている。拉致犯は尋問も質問もせずただ面白半分に殴り続けたそうだ。彼らはまた、彼が自由にならないように彼を鎮静化させた。CIAの生き残りのチンピラによると、彼らはロイド・オースティン国務長官の部下が迎えに来るのを待っていたとのことだ」と情報筋は言う。

既報のとおり、生き残ったスパイは NCIS の調査に対し、彼と彼の一団がバーガー将軍を拉致したとき、ラングレー の承認なしに行動し、「常軌を逸した」ものであったと語った。彼は、ロイド・オースティンが将軍の逮捕を求める指令を出したと主張し、もしバーガーを生きたまま捕らえたら、多額の報奨金を出すと約束した。懸賞金は200万ドルで、それを山分けする予定だったという。彼は、バーガー将軍の殴打に関与したことを否定し、将軍を半殺しにすることを仲間に思いとどまらせようとしたが、誤って殺してしまい、報奨金を得るチャンスを損なう恐れがあったからだと言った。

NCISは今のところ彼の主張を証明も反証もできないが、バーガー将軍とスミスはロイド・オースティンが作戦に関与していたことを確信している。スミスが、疲れながらも明晰なバーガー将軍に、生き残ったスパイの主張について伝えると、バーガー将軍は、オースティンが12月6日、ホワイト・ハットの幹部全員を12月22日までに降伏させなければその結果に直面するという最後通告をしたことを語った。

バーガー将軍は自分を戒め、不注意であったと言った。スミス元帥が病院に見舞いに来たとき、彼は「もっと注意深くあるべきだった」と言った。「これからは、君も監視されるだろう。できることなら、君が捕まえた野郎の顔が見たいよ」。

スミス将軍は、バーガー将軍に「仕返しの時だ」と言ったという。

「時間はかかるが、バーガー将軍は完治する見込みだ。彼は不機嫌だ。もしオースティンとバーンズCIA長官が仕組んだことであれば、彼らは地獄に落ちるだろう」と情報筋は述べた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す