木曜日, 4月 18, 2024
ホームGITMOGITMOで絞首刑にされたジェローム・アダムス

GITMOで絞首刑にされたジェローム・アダムス

By Michael Baxter -2023年2月19日(Real Raw Newsより翻訳)

月曜日、元外科医長ジェローム・アダムスは、首を縄で吊られ、ダース・E・クランドール副提督と、彼の処刑を見届けるためにグアンタナモ湾に到着した大勢の将校たちに最後の言葉を残した。熱のこもったアダムスは、トランプとアメリカ国民を裏切った唯一の理由は、ディープ・ステートが彼らの要求に譲歩しなければ家族に危害を加えると脅したからだと、長い独り言を披露した。

「クランドール副提督、あなたならどうしましたか? 彼らは私の妻、子供、15年間会っていない親戚を脅しました。私は彼らのために恐れをなしました。死の恐怖の中で人生を送ることを想像してみてください。もし、あなたが彼らに逆らうと思えば、彼らはあなたを迎えに来ると知っています。 私は、家族の命を守るためにしたことなのです、副提督」。

副提督は答えた。「もし本当なら、なぜ今まで口を開かなかったのですか? 今回初めて聞く話です。誰があなたの家族を脅したのですか? そして、なぜ支払いを受けたのですか?」

「怖かったんです」アダムスはゆっくりと、一語一語間を空けて言った。「そして、そのお金を受け取らざるを得ませんでした。もし断れば、彼らは私を疑うでしょう」。「

「彼らとは?」クランドール副提督が尋ねた。

「それはもうどうでもいいことです。しかし、他の連中はどこにでもいます。そして、あなたがしようとしていることは、クランドール副提督、夫のいない妻、父親のいない3人の子供を残すことになるでしょう」とアダムスは言った。

「私のせいにしないでください。トランプ大統領に会いに行けば、彼はあなたを守ったでしょう。彼ならあなたの家族を守ってくれたでしょう」と副提督は言った。

アダムスの横には、階級も記章もない軍服の兵士が立っていた。彼の人差し指は、アダムスの足下のヒンジ式ドアを開けるボタンの近くにあり、その横には、アダムスの肩に右手の掌を置いた海軍の牧師がいた。

「クランドール副提督、あなたならどうしましたか?」

その問いに、クランドールは苦しそうに身をよじった。「あなたは将校を自称しています。いい度胸です」。

外科医は、米国の8つの制服組の1つである米国公衆衛生局嘱託部隊の将校であり、法律では副提督の階級を持っているが、その階級は主に名誉的なものである。

クランドール副提督は「私は自分の宣誓を守ったでしょう。それが私のするはずのことです。これからもそうするつもりです」と述べた。

アダムスは目を閉じ、詩篇23編4節を朗読し始めた。「死の陰の谷を行くときも
わたしは災いを恐れない。あなたがわたしと共にいてくださる。あなたの鞭、あなたの杖それがわたしを力づける」。

クランドール副提督は深呼吸をして、台の上にいる兵士にボタンを押すように合図した。

海軍の医師が死亡時刻を記録した。2月13日月曜日、午前10時40分(東部標準時)。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す