日曜日, 7月 14, 2024
ホームアメリカアイダホ州の変電所を妨害しようとしたFBIを海兵隊が捕らえ、殺害する

アイダホ州の変電所を妨害しようとしたFBIを海兵隊が捕らえ、殺害する

By Michael Baxter -2023年2月15日(Real Raw Newsより翻訳)

米国海兵隊は日曜日、アイダホ州メリディアンの変電所を破壊しようとしたFBIの犯罪者を銃殺したと、スミス将軍のオフィスの情報筋がReal Raw Newsに伝えた。

この3か月の間に、ノースカロライナ州、ワシントン州、オレゴン州で少なくとも9つの変電所が攻撃され、時には数日間、何万人もの人々が電力を奪われた。これらの攻撃の後、FBIは、ノースカロライナ州ムーア郡とランドルフ郡で双発の攻撃を行った者の逮捕につながる情報に対して25万ドルの報奨金を掲示した。

また、FBIは、トランスジェンダーのためのイベントを開催している都市を攻撃したことから、LGBTQコミュニティに反対するトランプ支持者を臆病風に巻き込んだ。

軍は今、FBIが自分たちに25万ドルの懸賞金をかけるべきだったと語っている。あらゆる兆候が、腐敗した捜査官が変電所の事故を起こしたことを示唆しているからだ。

情報源によれば、FBIの「第5列*」と呼ばれる、メリック・ガーランドと彼の忌まわしい司法省に対抗して活動する捜査官の数が増えており、スミス将軍のオフィスに、スーパーボウルの間に「ボイシ近くの発電所」を無効にする不正捜査官が計画していると伝えたが、情報提供者はどの変電所を攻撃するのかは知らなかったとのことだ。ボイシは人口25万人の都市であり、その近郊には数多くの変電所があるため、スミス将軍は海兵隊をむやみに動員する前に、具体的な情報を知りたかったのである。このような攻撃は、人々の怒りを買い、極寒の夜に何千人もの人々が電気のない生活を送ることになったであろうことは否定できない。以前の “第5列”の情報には、有益な情報をもたらし、ディープ・ステートの逮捕につながったものもあったが、他のものは失敗し、時間と資源の無駄であった。

ホワイト・ハットのリソースは広い戦場に薄く張り巡らされており、スミス将軍は噂や憶測、風説ではなく、具体的な情報に基づいて慎重に戦いを選択しなければならないと彼は言う。

「大局的に見れば、1個ないし2個の小隊の派遣は大したことではないかもしれないが、海兵隊員を現在の重要な任務から引き離さなければならないことになりかねない。我々は限られた弾力性を持っており、資産を適切に使用していることを確認する必要がある」と、関係筋は述べている。

また、海兵隊や特殊作戦部隊のメンバーが海外勤務に携わっていることを漏らしたが、詳しくは語らなかった。

変電所の情報が入ったとき、スミス将軍は「ボイシか? なぜボイシなんだ?」と尋ねた。

しかし、内部告発者は何も知らない様子だった。彼は、メリック・ガーランドやクリストファー・レイ長官が攻撃を許可したかどうか、また、不吉なエージェントが現れるであろうボイシにある支局の名前も言えなかった。

「政権奪取と戦うエージェントたちは、自分たちを危険にさらしていることは知っている。しかし、羊の皮をかぶった狼や罠には気をつけなければならない」と関係者は言う。

また、スミス将軍は、この情報を無視するか、アイダホに小さな遠征隊を送るか、2日間かけて方針を決めたという。「もし、何かが起こって、それを阻止するために海兵隊がそこにいなかったら、スミス将軍は自分の不作為を許さないだろう」という理由で、将軍は後者に決定したのである。

スーパーボウルのキックオフまでに、海兵隊の偵察小隊はすでにアイダホに到着し、ボイシのダウンタウンから半径30マイル以内にある5つの配電変電所を偵察してきた。彼らは、太陽がまだ輝いているうちに電力会社を襲うほど大胆な人間は、人里離れた、近隣の住宅が最も少ない場所を選ぶだろうと判断した。しかし、そんな場所はない。ボイシ、イーグル、メリディアンの変電所周辺は人口密度が高く、ブーン、ブーンと鳴る変圧器からほんの数メートルしか離れていない家もあった。小隊長は部隊を手薄にしたくないので、海兵隊員を8人編成の3チームに分け、チェーンフェンスなど最も警備の手薄な変電所に配置し、周囲の木々を利用して工作員が発見されないよう配慮した。

試合開始1時間後、イーグルスはカンザスシティに勝っていたが、アイダホの海兵隊員にはFBIの妨害工作の痕跡はなかった。ハーフタイムに、ペンタグラムのベルトが付いた深紅のボディスーツを着た悪魔のようなリアナがステージに立つと、メリディアンのコロンビア変電所のゲート脇に「トランプ2024」のバンパーステッカーを貼ったSUVが停車した。トラックから降りた4人の男たちは、いずれも連邦捜査官には見えないが、鍵のかかったゲートに近づいてきた。全員がトランプの2024年の大統領候補を支持するMAGAレガリア(帽子やジャケット)を着用し、1人はボルトカッターを所持していた。2人はAR-15スタイルのライフルを肩に掛けていた。

海兵隊員たちは、南京錠のかかったゲートを破る4人組に挑発した。しかし、1人はライフルを肩から下ろし、チャージングハンドルを揺すって、銃口を海兵隊員の方に向けた。しかし、引き金を引くチャンスは一度もなかった。

海兵隊員はサプレッサー付きのM27ライフルで発砲し、彼らを殺害した。遺体を調べたところ、財布や身分証明書はなかったが、弾倉数本とC4爆薬の入ったベルトポーチを発見した。SUVの車体番号とナンバーを調べると、デラウェア州ウィルミントンのコインランドリーに行き着いた。

死者の指紋を採取し、統合指紋識別システムにアクセスできるホワイト・ハットが、ワシントン州スポケーンのFBIオフィスに配属されているFBI捜査官と2組の指紋を照合したとのことだ。

「死者を尋問することはできないが、少なくともFBIが変電所襲撃に加担していることはわかった。さらに悪い事に、我々はMSMに証拠を渡したが 彼らは放送を拒否している。 そう、Fox、OANN、Newsmaxも含めてだ」と情報筋は語った

余談だが、火曜日、我々は情報筋に、塩化ビニルの大気中への放出で住民が病気になったので、ホワイト・ハットが東パレスチナの脱線事故について調べたかどうかを尋ねた。Real Raw Newsは、EPAとFEMAの合同対策本部が脱線事故付近で家畜やペットを殺しているという根拠のない噂も聞いている。情報源は「調査中だ」というが、それ以上の情報はない。また、精神に作用する石油化学製品の影響と思われる、歩き回る負傷者の大群が街を徘徊しているという話についてもコメントしなかった。


訳者注:

第5列、第5部隊(fifth column)
〔戦争などでの〕敵を支持するグループ、同調グループ◆第2次大戦前のスペイン内戦から使われた言葉で、ヘミングウェイの小説や米国の赤狩りにより有名になった。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す