木曜日, 4月 18, 2024
ホームアメリカバーガー将軍、トランプにニューヨークに行くなと伝える

バーガー将軍、トランプにニューヨークに行くなと伝える

By Michael Baxter -2023年4月3日(Real Raw Newsより翻訳)

米国海兵隊のデビッド・H・バーガー将軍は、ドナルド・J・トランプ大統領に対し、刑事地方検事と数千人の警察・連邦捜査官が彼の投降を待ち望む敵地ニューヨークへ移動せず、フロリダに留まるよう促す軍幹部の仲間入りをした。

トランプ氏は昨日、今後数日間の旅程を発表した。月曜日の午後、トランプ・フォース・ワンでニューヨークに飛び、火曜日の罪状認否までトランプタワーに滞在する予定だ。ブラッグとディープ・ステートが彼を消そうとしたり、保釈を拒否したりしなければ、彼はマール・ア・ラゴに戻り、火曜日の夕方に演説を行うということだ。反抗的なトランプは、無罪を主張し、法廷で告発者と向き合うと述べた。

CIAの誘拐犯の手による試練以来沈黙を守ってきたバーガー将軍は、日曜日の夜、トランプと短く話し、大統領に共感するが、無実の男がなぜやみくもに地雷原に踏み込むのか理解できない、と語った。彼は、トランプが罠にはまるというスミス将軍の懸念を代弁した。ブラッグが仕掛けた潜在的な待ち伏せは、すでにマンハッタン低地に降り立った9,600人の警官と2,200人の連邦政府のゴーンによって実行されている。

「あなたの周りの民間人が自首を勧めているのは知っています、大統領、しかし、それは戦術的な誤りです、私の専門的な意見では。何も起きなかったとしても、危険を冒す価値があるでしょうか? あなたは無実です。自分を危険にさらす正当な理由はありません」 バーガー将軍は、トランプにそう言ったという。

特に、共和国に繁栄を取り戻すためにプライバシーと個人の自由を犠牲にしてきた人物を、何年もかけて悪者にし、悪者扱いしてきたのだから、ディープ・ステートはどんなことがあっても信用できない」と、大統領の安全を心から心配しているようだった。バーガー将軍は、感情的な独り言の中で、トランプを建国の父に匹敵する愛国的な行いをする勇ましい英雄と呼んだ。

「殉教者ではなく、生きたトランプ大統領が必要だ」とバージャー将軍はトランプに語りかけた。

トランプ氏は、勇敢で自信に満ちた様子で、「言っておくが、この魔女狩りは私に何も関係ない。私はニューヨークへ行く。将軍、私に危害は及ばない。我々は多くのことを成し遂げてきたし、計画もある」と述べた。

バーガー将軍は、”best-laid plans of mice and men(あらゆる生き物のためのよく練られた計画はしばしばうまく行かない:計画倒れ:)”という格言で応え、最も慎重に練られた計画でも失敗することがあるということを意味した。「あなたは不屈の精神を持っています、大統領、しかし、私たちはあなたを失うわけにはいきません。ディープ・ステートの破壊力には限界がないのです」と述べた。

しかし、トランプは将軍の不吉な知らせを退け、ディープステートの不変の悪に打ち勝つと主張した。

「私たちはルビコンを渡ったのです、大統領閣下。私たちがディープ・ステートに与えたダメージは回復不可能であり、彼らは復讐を望んでいます。あなたの幸運を祈るとともに、またすぐに話せることを祈っています」とバーガー将軍は言い、通話を終えた。

これが公表されるころには、トランプはニューヨークへ向かっているかもしれない。私たちは皆、彼の無事を祈るべきだ。

余談だが、本物のトランプ大統領はノラードに潜伏しており、ボディダブルがニューヨークに行くというコメントを知っている。クローン、ホログラム、CGI、変幻自在のAIの世界なので、この可能性には寛容である。しかし、電話の一部を聞いたので、この話を載せなければならないと思った。マー・ア・ラゴにいるトランプが、本物のトランプ大統領のように歩き、話し、行動するドッペルゲンガーであるなら、それはそれでいいことである。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す