土曜日, 4月 13, 2024
ホームアメリカ軍によるリズ・チェイニーの逮捕

軍によるリズ・チェイニーの逮捕

By Michael Baxter -2023年4月2日(Real Raw Newsより翻訳)

ドナルド・J・トランプ大統領の罪状認否が迫っていても、ディープ・ステートの裏切り者と妨害者を国家から一掃するホワイトハットの努力は止まらない、とエリック・M・スミス将軍の事務所の関係者はReal Raw Newsに語っている。土曜日、エリック・M・スミス将軍の指揮下にある米国海兵隊は、1月6日の委員会建築家リズ・チェイニーを、山の風景と近くのグランドティトンの雄大な景色で有名なワイオミング州ジャクソンホールの彼女の高級住宅で逮捕した。

2021年5月に軍事裁判所が、国家反逆罪と2020年の大統領選挙への干渉の罪でチェイニーを起訴してから約2年、遅ればせながらの逮捕となった。2022年末、米海軍法務官軍団は起訴内容を改定し、1月6日の委員会で彼女が果たした役割に対応し、トランプ大統領を米国詐取の陰謀、虚偽陳述の陰謀、反乱の「扇動」「支援」「幇助」の試みで告発しようとした扇動陰謀の罪状を加えた。我々の情報筋によると、チェイニーはアメリカとその国民に対する彼女の犯罪に答えるために軍事法廷に直面するだろう。

起訴から逮捕までが長引いたのには、いくつかの要因があるという: トランプ大統領に対する1月6日委員会のありもしない主張が何の重みも持たないことが明らかになったとき、JAGは彼女を監視リストに入れ、他のディープ・ステートの専制君主を追求することを選択した。また、多くのディープ・・ステーターのように、チェイニーはめったに一人で生活したり旅行したりせず、独裁的な元副大統領の娘である彼女は、今でもシークレットサービスの保護を受けていた。

我々の情報筋によると、軍は逮捕に至る前にディープ・ステイターを孤立させることを好むという。しかし、彼はこの延期が極めて異例であることを認めている。

最近まで、チェイニーはディープ・ステートの拠点であるバージニア州マクリーンの自宅で、武装した警備員(民間と税金で賄われている)と「ネバートランプ」のRINOと民主党の群れの中に隠れていた。3月29日、彼女と2人のシークレット・サービスは、ダレス国際空港からワイオミング州ジャクソンまで民間機で移動し、そこでリムジンに乗って600万ドルのクリーク・ランチのキャビンに向かった。

スミス将軍はチェイニーの旅程を確認すると、海兵隊の偵察小隊を出動させ、ワイオミングに向かい、あらゆる手段で彼女を逮捕するように命じた。奇襲の要素を維持するため、彼らは公共交通機関を避け、キャンプ・ペンドルトンからジャクソンまでの1,800マイル(約2,897km)、往復7時間の距離を、海兵隊の事故多発VTOL機であるV-22オスプレイで空輸した。V-22もCH-53シースタリオン・ヘリコプターも1,800マイルの航続距離を持たないため、スミス将軍は、海兵隊がチェイニーを捕まえた後、KC-135ストラトタンカーという巨大な給油機にAOを周回させてV-22に給油する任務を課した。

V-22 Osprey
KC-135 Stratotanker

海兵隊員は寒冷地仕様の装備を身につけ、殺傷能力のある武器と非殺傷性の武器で武装し、凍った地面を歩いてチェイニーの広大な敷地に面した木のフェンスと錬鉄製の門に到達した。そして、監視カメラ数台を無効化し、こっそりと家に近づいた。2階と3階の窓から光が差し込むが、海兵隊員たちには何の動きもない。ホームセ・キュリティ・システムと “鳴る”ドアベルを回避し、ドアを開ける準備をしたが、驚くことに鍵はかかっていなかった。

先頭の隊員が玄関に足を踏み入れるやいなや、シークレット・サービスのエージェントが戸惑い、ショックを受け、腰の拳銃を取り出した。彼はサプレッサー付きのライフルで頭を3発撃たれ、倒れ込んで死んだ。彼のうめき声が2人目の捜査官に伝わり、2人目の捜査官は階段を上って叫んだ。彼は「立て! 立ち上がれ! 奴らが来るぞ」と叫んで、壁の後ろに隠れた。

「海兵隊は彼に最後通告をした:降伏するか、死ぬかだと。彼らは、この場所を包囲し、チェイニーに対する軍事令状を持っていると告げた。その頃、チェイニーは寝室で叫んでいた。彼女は侵入者を殺せと言った。彼は自衛のために現実的なことを考えたのだろう。その男は賢く、ピストルを捨て、『あのアマをやっつけろ』というようなことを言って降伏した。彼は海兵隊をチェイニーの寝室まで案内した」と情報筋は語っている。

寝間着にスリッパ姿のチェイニーが携帯電話を取ろうとしたとき、海兵隊が寝室に乱入し、スタンガンで殴りつけ、チェイニーは床に倒れ、太陽の光を浴びたミミズのように体をくねらせた。海兵隊員の1人が彼女の腕に鎮静剤を注射し、彼女は意識を失った。

先頭の海兵隊員(1等陸尉)は、チェイニーと運命を共にするか、オスプレイに運ぶのを手伝うかの選択肢を捜査官に与えた。

「彼は自分の権限を超えて、ディープ・ステートと一緒に死ぬか、ディープステートとの戦いに参加するかを諜報員に告げたのです。諜報員は死にたくない気分だったのでしょう。魔女に服を着せ、彼女と死者を運び出すのを手伝いました。彼らは電子機器も押収しました」と情報筋は言う。

彼らは発見されることなくV-22に乗り込み、まだ暗い空の下、飛び立った。V-22はワイオミング上空で給油した後、キャンプ・ペンドルトンに無事帰還した。

「チェイニーは父親のように軍事法廷に臨み、うまくいけば有罪が確定し、父親のように絞首刑になるだろう。悪は一族に宿る。自分たちが犯している犯罪そのものを敵になすりつけるのは、ディープ・ステートの習わしだ」と、この情報筋は言う。

スミス将軍は、この捜査官の運命をまだ決めていないと付け加えた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す