水曜日, 5月 22, 2024
ホームアメリカマンハッタン検事ブラッグがトランプのDNAを欲しがる

マンハッタン検事ブラッグがトランプのDNAを欲しがる

By Michael Baxter -2023年4月1日(Real Raw Newsより翻訳)

ドナルド・J・トランプ大統領が火曜日に当局に自首した場合、洗脳されたアダルト女優に口止め料を支払ったという濡れ衣を着せられた人物というより、殺人容疑者にふさわしいDNA収集プロセスを受けるかもしれないと、エリック・M・スミス将軍の事務所の関係者がReal Raw Newsに語った。

彼によると、将軍の事務所は米陸軍サイバー軍(ARCYBER)を通じて、マンハッタン検事局裁判部長のリサ・デルピッツォ(Lisa DelPizzo)からアルビン・ブラッグに送られたメールを入手し、そこには、火曜日の午後、事務所がトランプ大統領から頬の綿棒、血液、「少なくとも100本の毛髪サンプル」を採取するかどうかを尋ねているという。また、シークレットサービスがDNA採取を阻止しようとするかどうかについてのブラッグの考えも聞いている。

ARCYBERの情報筋によると、返信を傍受しなかったが、デルピッツォのメールをスミス将軍に転送した。ブラッグが架空とはいえ追加の罪でトランプを陥れるかもしれないという予兆のように思えたからである。

殺人事件や性的暴行事件では、法執行機関は日常的に容疑者を綿棒を口内に入れ、毛根を採取しています。ほとんどの場合、容疑者(あるいは目撃者)は自発的にDNAを提出するよう求められるが、拒否すれば必然的に警察が敵対し、必要であれば力ずくで協力を強制する令状が出される。具体的な飲酒運転の捜査では、警察は酩酊物質の有無を調べるために採血の令状を取ることができる。

しかし、金融犯罪で起訴された人のDNA証拠収集を義務付ける判例はないと、憲法学財団のビル・カレン弁護士はReal Raw Newsに語った。

「大統領を起訴する判例がないだけでなく、金融犯罪の容疑者の口内を綿棒で拭いたり毛根を採取したりする判例も、私の知る限りではありません。もちろん、警察が尋ねることはできますが、誰も自発的に話したり助けたりするべきではありません。アルビン・ブラッグの起訴状はまだ封印されていますが、これは疑わしいと思いますし、トランプに対する告発が偽りであったとしても驚きではありません」とカレン氏は言う。

スミス将軍の事務所の情報筋は、ブラッグがトランプのDNAを欲しがる理由を推測している。

「ディープ・ステートであるブラッグが、拘束しているトランプがクローンやドッペルゲンガー、ボディダブルではなく、本物のドナルド・トランプであることを確認したい、という可能性はなくはないでしょう。DNAがクローンを除外することはできませんが、ダブルを検出することは可能でしょう。あるいは、もちろん、彼がそこに入ったら、何か別のことで彼をハメようとするかもしれない」と彼は言った。

本物のトランプ大統領はNORADやAREA51に隠されていて、ドッペルゲンガーはマー・ア・ラゴに住み、集会で公の場に姿を現しているという説について、私たちは情報筋にコメントを求めた。

「もしそれが本当なら、私が言える範囲外だろう」と彼は言った。

それにもかかわらず、スミス将軍はデルピッツォの電子メールをトランプ大統領とその弁護団に転送したと彼は言った。

昨日お伝えしたように、スミス将軍は、マー・ア・ラゴで待機し、ニューヨークへの移動を避けるようトランプに懇願したが、トランプはその忠告を聞き入れようとしなかった。彼らは日曜日に再び話す予定だと、我々の情報筋は述べている。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す