月曜日, 6月 17, 2024
ホームアメリカスミス将軍がトランプを激励: "降伏するな!"

スミス将軍がトランプを激励: “降伏するな!”

By Michael Baxter -2023年3月31日(Real Raw Newsより翻訳)

鋭く慎重なエリック・M・スミス将軍は木曜日、ソロスに資金提供されたアルビン・ブラッグ地方検事が30件の捏造された事業詐欺で彼を起訴する予定だという懸念の中、ドナルド・J・トランプ大統領にディープ・ステートに降伏しないように促したと将軍の事務所の関係者はReal Raw Newsに語った。

木曜日の初めに、腐敗したニューヨークの大陪審は大統領を起訴し、ブラッグのオフィスは、来週初めに彼の自首を促進するために、トランプの弁護士と話をしたと述べた。

封印されたままの違法な起訴は、数週間にわたる予測の失敗の後に行われた。2週間前、トランプはトゥルース・ソーシャルに「3月21日に逮捕される」と投稿したが、数日前、ブラッグが証拠不十分で「あきらめた」と聞いたと述べた。

スミス将軍も、”流動的な戦場”と呼んできた予測や戦術的な評価を修正した。3月19日に報道されたように、スミス将軍はトランプが降伏することに反対したが、ディープ・ステートが彼を消そうと企てた場合、彼の部隊の一団が彼を安全な場所に連れていく用意があると述べた。現在、彼はトランプ大統領に、軍の保護下にあるマール・ア・ラゴに身を隠し、必要であればそこから長時間の防衛を行うよう懇願している。

情報筋によると、トランプ大統領とスミス将軍は木曜日の夕方、暗号化された回線で会話し、後者はローワーマンハッタンの路上でトランプを守ろうとすれば、「極度の巻き添えを食って血の海になる」と述べたという。

「スミス将軍は想像を絶する大虐殺の可能性を見ている。ニューヨーク市は9,600人の制服警官を起動させ、連邦政府は2,200人のFBIとIRSの犯罪捜査官を戦場に投入する予定だ。トランプは”青を支持”しているが、マンハッタンのようなディープ・ステートの牙城で公に支持する者はいないとスミス将軍は警告した。スミス将軍は、そのような状況下での救出作戦は、マンハッタンを爆撃されたバグダッドに変えてしまうかもしれないと感じている」と情報筋は語っている。

将軍はさらに、トランプに、もし彼が裁判所に入るなら、彼はディープ・ステートに彼の安全を託し、せいぜい政治的公平性に疑問のある数人のシークレットサービスのエージェントに信頼を置くことになると告げた。彼は、シークレットサービスのキンバリー・チートルが、ディープ・ステートの最深部である国土安全保障省のアレハンドロ・マヨルカス長官に報告していることをトランプに思い出させた。

「もし彼らがあなたを裏切ったら、大統領閣下、あなたは一人になってしまうかもしれません」とスミス将軍はトランプに言った。

しかし、トランプはスミス将軍の懸念を否定し、彼がニューヨークで姿を消したり、突然死したりすれば、ほとんど直ちに「この国がこれまで見たこともない」革命が起こり、不屈の抵抗勢力が活気づくだろうと言った。彼は将軍に、身柄の引き渡しを受け、ブラッグの根拠のない罪状に対して無罪を主張することを計画したと話した。

「作戦はこうだ、将軍。もし、彼らが何かおかしなことをしようとしたら、私たちの勝ちだ。もし彼らがおかしなことをしなければ、我々が勝つ。いずれにせよ、我々の勝利だ」とトランプは語ったと伝えられている。

スミス将軍は最後の嘆願、最後の提案を行い、トランプにフォートブラッグかグアンタナモ湾のどちらかの安全な場所に同行するよう求めたが、どちらも武装したディープ・ステートの侵入を撃退できる武器庫を有していたのである。

「スミス将軍は懸念を表明したが、トランプはニューヨークに行くことを決意したようだ」と、我々の情報筋は述べた。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す