日曜日, 7月 14, 2024
ホームGITMOイスラム過激派「ワープ・スピード作戦」立案者、GITMOで絞首刑に

イスラム過激派「ワープ・スピード作戦」立案者、GITMOで絞首刑に

By Michael Baxter -2023年3月29日(Real Raw Newsより翻訳)

「アッラー・アクバル」。有罪判決を受けたモンセフ・スラウィは、月曜日の朝、グアンタナモ湾の絞首台の上に立ち、自分の死を命じた張本人を威嚇するように見つめながら叫んだ。

その下で、ダース・E・クランドール副提督と数人の高級将校が、スラウィの横に立っていた絞首刑執行人が編んだロープを彼の首にかけるのを黙って見ていた。スラウィはもがき苦しんだが、高くそびえ立つ兵士にはかなわない。兵士はスラウィの手首を簡単に背中に固定し、結束バンドで縛り上げた。スラウィはその兵士の顔に唾を吐いた。

クランドール副提督が「囚人を袋に入れろ」と命じると、兵士は黒いフードをスラウイの頭にかぶせた。

「その訴えはどうなっているんだ?」と、クランドール副提督は叫んだ。

先週木曜日、スラウィの裁判が終わると、彼の弁護士オマル・アクバルは、この判決を不特定多数の機関に訴えることを約束した。スラウィさがワシントンDCのアクバル事務所に電話をかけても、応答はない。

「スラウィさん、私はかつて、あなたがたがいかに人命を軽視しているかに驚かされたことがあります。あなたが今いる場所に立っている他の人たちと同じように、あなたは欲に溺れ、それがこの避けられない運命につながったのです。クランドール副提督は、「私があなたを絞首台に乗せたのではなく、あなたが乗せたのです」と言い、兵士にボタンを押すように指示した。

しかし、スラウィの足元にある蝶番のついた扉は開かなかった。

「壊れています」と兵士は言った。

「アラーは語っている。彼はまだ私を受け入れる準備ができていない」と、スラウィはフードの下からつぶやいた

クランドール副提督は、「電気技師が来ればすぐに準備できるから、期待するな」と言った。

アメリカ陸軍工兵隊の電気技師の到着を待つ間、スラウィは提督にアラビア語の罵声を浴びせ、彼を不敬な異教徒、冒涜者、アラーの敵だと罵った。彼は、アラーとその使徒が復讐してくれるだろうと言った。

電気技師は30分後に到着し、兵士がスラウィをどけてから、緑と赤のボタンを押し、ボックスをテストした。この2年間で2度目となる接続部の緩みを指摘した。そして、緑色のボタンを押すとドアが開き、赤色のボタンを押すとドアが閉まるという回路をテストした。

「これで完了です、副提督」と言い残し、施設を後にした。

兵士は、口を閉じないスラウィをドアの上に配置した。

クランドール副提督は、ワープスピード作戦の設計士にふさわしい最後の言葉をかけた。「ワープ9で次の目的地に到着しますように」。

「アラーは偉大なり」とスラウィは言い始めたが、その言葉を終える前に首が折れた。

米海軍の医師は、東部標準時の午前10時47分、スラウィの死亡を宣告した。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す