日曜日, 6月 16, 2024
ホームFEMAディープ・ステートによる大量破壊兵器攻撃を軍が阻止

ディープ・ステートによる大量破壊兵器攻撃を軍が阻止

By Michael Baxter – 2023年6月29日(Real Raw Newsより翻訳)

アメリカ海兵隊は先週金曜日、サウスカロライナ州の倉庫を急襲した。そこではディープ・ステートと契約している科学者たちが、アメリカ市民に配備するための大量破壊兵器(WMD)を製造していたと、エリック・M・スミス将軍のオフィスの情報筋がReal Raw Newsに語った。

金曜日の成功の前に、ホワイト・ハットは過去2年間で、バイデンの陰謀団が小規模大量破壊兵器(低収量核兵器、化学兵器運搬システム、バイオ散布ユニット)を製造しているという7つの手がかりを調査していた。しかし、これらの情報は行き詰まり、赤信号、雁字搦めになり、ホワイト・ハット首脳部を困惑させた。情報源は2021年6月に起きたある出来事を率直に語ってくれた。信憑性の高いと思われる情報に基づいて、ホワイト・ハットはフロリダ沖の漁船に乗り込んだ。その漁船には、バイデン政権がトランプ大統領の別荘があるパームビーチに放つ予定の生物学的製剤が積まれていたとされる。しかし、そのトロール船は、艦橋のコンソールに貼られたタイプライターのメモ以外は空だった。「私たちがそれを望んでいるなら、あなたは今頃死んでいる」と書かれていた。

「ディープ・ステイターには病的なユーモアのセンスがある。我々が資源と人員を浪費することに喜びを感じるのだ。NBCの情報を調査しないリスクは冒せない。もし1つでも信頼できるものがあって、それを見逃したら、その結果は言いようのないものになる」と情報筋は言う。

サウスカロライナ州の手掛かりは、ディープ・ステートの意図に共鳴する核物理学者が、カリホルニウム252を使用する2つの放射線装置の完成に近づいていると主張する連邦政府の “裏切り者”からもたらされた、と彼は付け加えた。

 “裏切り者”とは、ホワイト・ハットの活動を支援する連邦捜査官の数が増えていることを指す。

カリホルニウム252は人工元素であり、放射性テロに適した原子炉で生成された9種類の同位体のうちの1つで、半減期は898年である。特に医療や石油産業など、軍事的、商業的に利用されている。大量破壊兵器に使用される場合、放射性物質で拡散剤/通常爆発の周辺を汚染し、主に民間人に対する領域拒否装置として機能する。核分裂爆弾のような核爆発と混同してはならない。核爆発は、通常爆薬で達成可能な爆風効果をはるかに上回る爆風効果をもたらす。

David Lasseter

この “裏切り者”は、兵器はサウスカロライナ州チャールストン近くの海上倉庫に保管されており、FEMAがその場所を警備していると述べた。彼はまた、デービッド・ラセター国防副次官補(大量破壊兵器対策担当)が6月19日に倉庫を訪れたが、その後 “消息不明”になったと主張した。 CWMDは、大量破壊兵器を使った米国への攻撃を防ぐことを任務とするDHSの一部門である。

「どうやら彼らは、要求された仕事とは逆のことをしたかったようだ」と情報筋は言う。

この情報筋は、”裏切り者”は、自分の話の信憑性を判断するためにポリグラフ検査に同意したと付け加えた。

「彼は具体的な情報を持っており、ごまかしは見せなかった。海兵隊の補給・修理倉庫である建物を監視し、脅威を排除し、武器が空中に消える前に回収することが決定された」と彼は語った。

海兵隊と米陸軍の化学・生物・放射線・核スペシャリスト(CBRN)は21日、チャールストンに到着し、誰もいない砂利の駐車場にタイヤの跡が残る商業ビルを監視した。周辺をパトロールするFEMA(連邦緊急事態管理庁)の姿はなく、ガイガーカウンターからは通常の放射線しか検出されなかった。しかし、海兵隊員たちは、洗練された生体認証セキュリティーが、海産物供給会社のドアを守っていることを奇妙に思った。

古い漁船が何隻か、トレーラーに乗せられたり、ブロックに積み上げられたりして、周辺に点在していた。

ホワイト・ハットは辛抱強く待っていた。

金曜日の朝、日の出前にSUVの行列が駐車場に入ってきた。白衣を着た3人の男女がフォード・エクスペディションから、6人の目立つFBIがトヨタ・ハイランダーから現れた。人のFBIは、黄色い太字で「FEMA」と書かれたウィンドブレーカーを着ていた。6人全員が自動小銃を持っていた。

隠れていた海兵隊員たちはFEMAに降伏を命じたが、2人の捜査官がライフルを構え、3人の海兵隊員が身を隠していた古い漁船の錆びた船体めがけて弾丸を撃ち込んだ。彼らは間もなく、挟み撃ちにされ、四方八方から包囲されていることに気づいた。彼らは海兵隊に発砲するのをやめ、代わりに技術者にライフルを向け、海兵隊の銃撃に倒れる前に3人を殺した。

生き残った技術者の女性は最後通牒を言い渡された。建物の中身を詳しく説明し、ドアを開けるか、友人と同じ目に遭うか。

「生死を問わず、あなたの指紋でドアを開けられるでしょう」と海兵隊員の一人が彼女に言ったと伝えられている。

CBRN部隊は防護服を着て最初に中に入り、被ばく線量計で内部を掃引し、テーブルの下にあったダーティーボム(汚れた爆弾)を探した。情報筋によると、CBRN担当者は爆弾を安全に取り出し、後日、処分のために非公開の場所に運んだという。

「武器以外にも電子機器がたくさんあり、どこで爆発させるつもりだったのか調べているところです。女性はある程度協力的で、ラセターがそこにいたことを確認しています。誰に報酬をもらったかは明かしませんが彼女はこの装置を作るのを手伝っただけで、何に使われるかは知らなかったようです。これは勝利と呼べるでしょう」と情報筋は語った。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す