木曜日, 4月 18, 2024
ホームアメリカ誘拐されたドバイ・ブリリアンスの子供たち、家族と再会

誘拐されたドバイ・ブリリアンスの子供たち、家族と再会

By Michael Baxter -2023年6月30日(Real Raw Newsより翻訳)

ドバイ・ブリリアンス号で誘拐犯から解放されたアメリカ人の子供たち(63人)は、彼らを救った海軍特殊部隊と米海軍法務官(JAG)の児童性犯罪部門の努力のおかげで、家族と再会した、と法務官関係者がReal Raw Newsに語った。

既報のとおり、特殊部隊はドバイ・ブリリアンス号で9人の誘拐犯を殺害し、その後、米沿岸警備隊の協力を得て、監禁されていた「数百人」の子供たちをカリフォルニア州アラメダの岸まで運んだ。本稿では米国の子供たちだけを取り上げる。

救出直後、軍の家族擁護プログラム(FAP)の代表がアラメダに到着し、6月12日にドバイ・ブリリアンス号がサンフランシスコ湾に停泊した後、奴隷商人たちが捕らえた8歳から16歳の子供たち、31人の少年と32人の少女に優しくインタビューを行った。連邦政府の児童福祉機関は児童性犯罪に加担しているからだ。

「かわいそうな子供たちを連邦政府や州のCPSに引き渡せば、また別の船に乗ることになる可能性が高い。私たちは信頼できる人たちに託したかった。私たちは子供たちを安全な場所に連れて行き、まず医学的な評価を与えたのです」と情報筋は語った。

ほとんどの子供たちは健康であった。13歳の少年は鍵のかかったドアを叩いて手首を骨折した。何人かは脱水の兆候があり、点滴を受けた。情報筋によれば、誘拐犯は子供たちを海外に移送することだけが目的であり、性的虐待を受けた形跡はなかったとのことである。

「明らかに、これはアマチュアの仕業ではない。キャンディで子供たちを車に誘い込もうとした小児性愛者ではなく、プロの犯行だ。犯人は船がサンフランシスコ湾に到着した直後から、サンフランシスコ近郊で子供たちの聞き込みを始めたと思われる。誘拐が始まったのはその2日後の6月14日だ」と情報筋は述べた。

彼は、誘拐犯はクロロホルムと注射鎮静剤を使って子供たちを服従させたと付け加えた。

彼らは誘拐をサンフランシスコに限定せず、南はサンノゼ、北はサンタローザ、東はストックトンまで、広い網を張って子供たちをさらっていた。表向きは、ある地域で提出される誘拐報告書の数を最小限にするためである。

RRNは、情報源と一緒に部屋の中の象に対処しなければならなかった。なぜ、これほど多くの子供たちが数日の間に消えているのに、カリフォルニア中の何百万もの電話がアンバー・アラートで鳴り止まないのか、と。

「サンフランシスコ、サンタクララ、サンホアキン郡で23の警報があった。なぜ63件もなかったのか分からない。私たちはカリフォルニア州について話しているのであり、地元の法執行機関が危険にさらされているか、買収されているかどうかは誰にも分からない。推測するのは無謀だ。子供たちは安全です。銃を突きつけた奴らは死んだ。それが重要なのです」と彼は答えた。

FAPの評議員たちは、不眠不休の昼夜を費やして、精神的にショックを受けている子供たちの多くと面談し、彼らの身元を確認した。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す