木曜日, 4月 18, 2024
ホームアメリカボディ・ダブルが国連で会見

ボディ・ダブルが国連で会見

By Michael Baxter -2023年9月22日(Real Raw Newsより翻訳)

犯罪者ジョセフ・R・バイデンとヴォロディミル・ゼレンスキーの替え玉が今週、ニューヨークの国連総会で演説した。バイデンはプーチンの「残忍な侵略」を非難し、ゼレンスキーは核戦争の恐怖を呼び起こし、プーチンを独裁的な誇大妄想狂として描き、どんな手段を使っても世界を征服しようとする架空の物語を蒸し返した。

米陸軍サイバー司令部(フォートゴードン)とロシア連邦保安庁(FSB)の情報筋は、本物のバイデンも本物のゼレンスキーも集会に出席しておらず、彼らを装っていたのは仮面を被った偽者か、クローンであった可能性が高いとReal Raw Newsに語った。どちらの情報筋も、ゼレンスキーは生きており、キエフの警備された彼の屋敷で未成年の子供たちのハーレムに囲まれて隠遁生活を送っていると考えているが、バイデンに関する彼らの情報は大きく異なっている。

FSB諜報員アンドレイ・ザハロフは、ジョセフ・バイデンは死んでおり、バラク・フセイン・オバマが2013年3月に彼の処刑を命じたと述べた。彼らは、2010年1月から2014年4月まで西ウィングで働いていたロシアの二重スパイによって書かれたとされる国防省の報告書-RRNは大幅に編集された翻訳を閲覧-を引用した。この32ページの文書によると、バイデンは、オバマ大統領がミシェル(本名マイケル・ロビンソン)に膝をついてオーラルセックスをしている最中に、不注意にも大統領執務室に入った。

にやりと笑うバイデンを見て、彼自身のクローゼットには無数の骸骨があり、オバマ夫妻は、バイデンが見たことをバラしたり、ミシェルの本当の性別を誰かに話したりしたら殺すと脅した。そしてバイデンは、神出鬼没のパフォーマンスに夢中になっているように見え、自分も欲望のままに異常な行為に参加したことがあるから、オバマ夫妻は心配する必要はないと言った。ゴシップ好きなバイデンは、その脅しを忘れたか無視し、バラクとミシェルについて何か異常なことを発見したことを数人の西ウィングのスタッフにほのめかした。その漠然とした噂はやがてオバマ夫妻に伝わり、バイデンが間違った人々にベラベラと話す前に始末しなければならないとオバマ夫妻は判断した。報告書にはさらに、オバマ夫妻がジル・バイデンに接触し、彼女の夫は国家安全保障にとって重大な脅威であり、”交代”させなければならなかったと述べ、彼女、ジルはわかったと答えたと書かれているが、ジルがミシェルが男性であることを知っていたかどうかは書かれていない。

そのころには、ミシェル・オバマの本名と性別はほとんど秘密ではなかった。しかし、オバマのメディア・マシンはそれらの話を無視するか、敵の宣伝屋が広めた陰謀だとレッテルを貼った。

「バイデンの場合はもっと違った。バイデンが主流メディアに話したら、たとえ偶然であっても、オバマにとっては大問題になるかもしれない。彼は同性愛者であり、マイケルかミシェルのどちらかが男性であった。これはオバマの秘密の恥であり、彼はそれを守るためなら何でもした。彼は同性愛者であることを恥じていたが、暗い衝動を抑えることはできなかった。ロシアでは、アメリカのように同性愛を容認していない」とザハロフ氏は語った。

オバマは2013年3月にバイデンを殺害させ、替え玉を用意させた。

俳優アーサー・ロバーツのような名前を挙げているARCYBER(アメリカサイバー軍)の情報源とは異なり、FSBは誰が現在大統領を演じているのか知らないし、推測もしない。実際、プーチンは、政権がヴォロディミル・ゼレンスキーの貪欲な手に何十億ドルもの資金とアメリカの武器を流し始めるまで、偽のバイデンにはまったく関心がなかった。さらにプーチンは、1億人以上の騙されやすい人々がバイデンが2020年の大統領選に勝ち、ホワイト・ハウスに住み、エアフォースワンで飛び回っていると信じていることを面白がっていたと伝えられている。

「アメリカの金が犬のゼレンスキーに渡ったとき、我々はバイデンを見始めた。バイデンは死んだので、我々はそれが本当のバイデンではないことを知っている。あなたのディープ・ステートは愚かにも左利きのダブルを使った。バイデンは右利きだった。我々は多くの替え玉を観察している。バイデンより背の高い者もいれば低い者もいる。確かに年齢とともに骨密度は低下するが、老人が2か月で背が低くなったり高くなったりすることはない。私たちの仲間は今週の国連のビデオを見て、バイデンではないことを知っている」とザハロフ氏。

FSBはクローン、CGI、ディープフェイク技術を検討したのかと尋ねられたザハロフは、「はい、彼らは本物で、非常に説得力があります。今現在、これは俳優であり、クローンやコンピューターによる欺瞞ではありません」と付け加えた。

彼と報告会では、バイデンがオバマの本当の遺産と出生証明書の不正を知ったことも言及された。

確かに、バラクとミシェルが大統領執務室で淫らな行為に及んだという卑猥な話は、空想的で作為的、そしてクリントンのように聞こえるが、FSBはそれを支持している。もし本当なら、オバマがミシェルの性別を暴露して誰かを叩いたのはこれが初めてではない。バイデン氏が殺害されたとされる事件の後、トーク番組の司会者ジョーン・リヴァースは放送中に「ミシェル・オバマは男だ!」と叫んだ。彼女は長くは生きられないだろう。2014年9月4日、リヴァースはマンハッタンのヨークビルにある外来診療所で軽い喉の処置を受けている最中に「呼吸が止まった」。

リヴァーズとオバマはさておき、ARCYBERは、バイデンの終焉の決定的で信頼できる証拠をまだ見ていないが、本物のバイデンは2020年の大統領選挙を盗んだ直後から公の場に姿を現していないと考えていると述べた。

「バイデンは2021年6月に脳卒中で入院した。彼は姿を消したが、退院の書類はなかった。疑わしいロシア文書以上の証拠が欲しい。もし彼が死んでいたとしても、遺体が処分されていれば分からないかもしれない。DNAも信用できない。DNAはクローン化できる。彼は死んでいるかもしれないし、地下室にいるかもしれない」と、ARCYBERの情報源は語った。

FSBのように、ARCYBERはバイデンとゼレンスキーの国連での姿を解剖し、顔認識ソフトと歩行認識ソフト、そして訓練された観察に基づき、両者とも偽者、クローンか、顔面プロテーゼをつけた熟練俳優であると推論した。

「耳たぶの長さ、歯の噛み合わせ、シワの長さ、深さ、数。異常な言葉遣い。これには多くのことが含まれます。本当の問題は、ゼレンスキーの偽者はバイデンの偽者と話していることを知っていたのか、あるいはその逆だったのかです」と彼は言う。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す