日曜日, 5月 19, 2024
ホームアメリカ空母打撃群が錨を降ろす!

空母打撃群が錨を降ろす!

By Michael Baxter -2023年10月9日(Real Raw Newsより翻訳)

ジェラルド・フォード空母戦闘団は日曜の夜、地中海に停泊し、犯罪者バイデン政権による米軍資産に対する権威を否定した。上級幹部は、船員をいたずらに危険にさらし、国家を国際紛争に陥れかねない疑わしい命令には従わないと、軍高官筋がReal Raw Newsに語った。

日曜日に、偽大統領とその犯罪仲間であるロイド・オースティン国防長官、堕落したチャールズ・ブラウン統合参謀本部議長、小児性愛者のジョン・カービー容疑者は、ハマスによるイスラエルへのロケット攻撃に対応するため、軍艦を地中海に派遣すると発表した。

空母とその護衛艦は、戦争を始めることも阻止することもできる6隻の水上艦と、核を搭載した魚雷で武装しているとされる2隻の速攻型潜水艦を含む7,500人の水兵を擁する浮遊要塞に等しい。輸送中の正確な位置は、作戦上のセキュリティのために秘密にされており、艦内のメディアでさえその所在を放送することを禁じられている。しかし、情報筋がRRNに語ったところによると、第6艦隊司令官トーマス・イシー副提督が艦隊全体に錨を下ろして次の命令を待つよう通達を出したとき、打撃群は、比喩的に言えば、イスラエルの手の届くところにいたという。

情報筋によると、イシーと打撃群の艦長たちはビデオ会議を開き、中東危機とバイデン政権の違法性について話し合った。4人の艦長は、バイデンは2020年の大統領選挙を盗んだのだから、彼の命令は無効で違憲だと言い、2人の艦長は、トランプとバイデンのどちらが軍の最高司令官なのか分からないと述べた。イシー氏は、国防総省が使用する用語で、合法的な軍事命令の最終的な情報源を指す国家指揮権(National Command Authority)が侵害され、ドナルド・トランプ大統領だけが艦隊を動員する権限を持っていると述べた。

会話の複雑さやニュアンスはReal Raw Newsには分からないが、2時間の会議の後、6人の艦長全員がイシーの決断を支持し、乗組員たちに追って通知があるまで艦船は待機すると伝えたと聞いた。現時点では、RRNは、各船長が乗組員に “全停船”命令を出した理由を説明したかどうかは分からない。

情報筋によれば、イシーは艦長と協議する前に、共和党の下院軍事委員会メンバー4人と下院司法委員会委員長のジム・ジョーダンと話したという。

「戦闘部隊は必要な支援を受けている。これはイスラエルかハマスか、あるいはどちら側を選ぶかということではなく、犯罪者とまやかしの大統領が何十億ドルものハードウェアと軍人の命を管理するかどうかということだと理解することが重要だ。トランプ大統領が行けと言えば行く。彼が引き返せと言えば、彼らは引き返す。単純なことだ。彼が決定権を持つのであって、陰謀団のものではない。船員たちはそれを尊重するだろう。しかし、ジェラルド・フォード号の何人かは、船が止まるのを嫌がった」と情報筋は言う。

ジェラルド・フォードが停止したとき、MSNBCの撮影クルーが船上で回答を求めた。彼らは船長と話すことを要求し、船の司令マスターチーフとエグゼクティブオフィサーに嫌がらせをした。「なぜ止まっているのか? イスラエルに行かなければならない。誰がこの命令を下したのか? バイデン大統領はこのことを知っているのか?」カメラは没収され、彼らは営倉に放り込まれた。

我々の情報筋によれば、トランプ大統領はこの展開を知らされているという。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す