日曜日, 4月 14, 2024
ホームアメリカホワイト・ハット、ディープ・ステートへの "ゴーイング・ハマス"を語る

ホワイト・ハット、ディープ・ステートへの “ゴーイング・ハマス”を語る

By Michael Baxter – 2023年10月11日(Real Raw Newsより翻訳)

先週の海兵隊アルバニー基地に対するディープ・ステートの攻撃を受けて開かれた評議会の議事録によると、ホワイト・ハット評議会のメンバーの何人かは、ディープ・ステートとの永遠の戦いにハマスの残酷さと蛮行を模倣するべきだと考えている。

Real Raw Newsは、煽動的な引用を個々の役員に帰結させないという条件の下で、報告書を確認する許可を得た。私たちは、どの発言がその定義に当てはまるかを自分たちで判断するように言われたが、ジャーナリズムの基準に従ってその要求を守ったつもりだ。

12人のメンバー全員が、ロケット砲撃とそれに続くイスラエル市民の誘拐、拷問、殺人を非難したが、3人はハマスの創意工夫と決意を称賛し、過激派の防諜能力は自分たちを凌駕していると述べ、海兵隊アルバニー基地に対する土曜日のディープ・ステートの攻撃を直感できなかったことを挙げた。第3特殊部隊群司令官ジョン・ビショップ大佐は、ホワイト・ハットの前衛情報部隊である米陸軍サイバー司令部と海兵隊サイバースペース司令部が、ホワイト・ハットが攻撃を回避できたかもしれないディープ・ステートの会話を傍受しなかったか、あるいは不適切に解読し、場合によっては先制攻撃を行ったことを非難した。彼はサイバー司令部にディープ・ステートが潜入している可能性を指摘したが、スミス将軍は「私の部下は」すべての情報工作員を審査しており、彼らは頻繁にポリグラフ検査も受けている、と反論した。

「1万人のスペシャリストが24時間体制で働いても、すべてを把握できるわけではありません。失敗や逃した機会を強調するのは簡単ですが、成功は無視されます」とスミス将軍は言う。

「チャンスを逃す余裕はありません。今は違います」とビショップ。

彼らの会話は、RRNが知らなかった失敗を示唆していた。アンドリュー・コッター米陸軍少佐の謎の死である。彼は3月、タイでの多国籍軍事演習に参加していたが、仲間の兵士たちがドアを蹴破った後、トイレで無反応の状態で発見された。彼の遺体は解剖のためバンコクの病院に運ばれたが、ロイド・オースティンの命令により、国防総省はコッターの遺体が送還された時点で国防総省が死因を調査するとして、総合病院からの要請を禁じた。国防総省は後に、”不正行為はなかった”と言うことになる。しかし、ビショップ大佐によれば、コッターはホワイト・ハットの貴重な戦力であり、頭に2発の銃弾を受けたまま自然死したという。

「ディープ・ステートにハマスのようにするべき時だ。遊びは終わりだ。これ以上の駆け引きはない。これ以上のサプライズはない」と評議会のメンバーは述べた。

別のメンバーも言った。「私もそう思う。汚職警官や政治家がどこにいて、どこに住み、どこで働いているかは分かっている。罪のない子供や家族を危険にさらすとは言っていない。我々はそうしたリスクを軽減するよう訓練されている。しかし、私たちが行ってきたのは事後対応であり、事前対応が必要なのだ。FEMA(連邦緊急事態管理庁)では、私たちは事後対応に終始した。マウイ島でも、私たちは消極的だった。私たちは、そもそも問題になるはずのなかった問題を解決しているのだ。バーガー将軍の後を引き継いだとき、戦術を変えると言ったが、我々は同じ道を歩んでいる。ハマスの連中は不潔なケダモノだと思うが、彼らの指導者は作戦の遂行方法を心得ている」。

スミス将軍は言った。「銃を乱射して、のんきに、気ままに行こうということか?」

「暗闇でコソコソするよりマシかもしれない。公開斬首には反対しない」と別の評議会メンバーは言った。

スミス将軍はいつものように、すべての忠告を真摯に受け止め、検討すると述べた。

残りの会話は穏やかな雑談であり、脆弱な施設のセキュリティ向上についての議論であった。

しかし、彼らの話から、海兵隊アルバニー基地での海兵隊員の死傷者の程度が明らかになった: 死者12人、負傷者21人、うち14人が入院を必要とした。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す