日曜日, 7月 14, 2024
ホームGITMOJAG、マーク・ミリーに有罪判決、絞首刑に

JAG、マーク・ミリーに有罪判決、絞首刑に

By Michael Baxter -2023年10月11日(Real Raw Newsより翻訳)

10/10/2023. GITMO。

ダース・E・クランドール副提督がミリーの挑発的な態度に冷静さを失った軍事法廷の後、グアンタナモ湾の3人の判事団は、失脚したマーク・A・ミリー元将軍に反逆罪の有罪判決を下し、絞首刑を言い渡した。

最初の出来事は、身に覚えのない勲章で飾られた制服の代わりにオレンジ色のジャンプスーツを着たミリーを憲兵隊が法廷に案内し、手首と足首を答弁テーブルと床にボルトで固定したアンカーに固定したときに起こった。ミリーはうなずき、副提督に微笑みかけ、友人や家族には「また会えて嬉しいよ、デル」と言った。

クランドール副提督は唇を噛んだ。「閣下でも結構です、被拘禁者ミリー」。

しかし、ミリーはさらに彼を煽った。「今まで気にしたことはなかったが、バーバラがそう呼んでいるんでしょう?」

バーバラ・パケットは副提督の妻である。1986年に結婚し、3人の子供がいる。

副提督は、ベールに包まれた脅迫は「十数回ある」と言った。それはミリーよりもディープ・ステートに大きな影響力を持つ男たちが口にした。副提督はミリーに、沈黙を守るか、法廷の間猿ぐつわを付けるか、というおなじみの最後通牒を突きつけた。失脚した将軍の声は、公の場やテレビのインタビューでよく使っていたような柔らかいものになった。

JAGが選任した弁護人を解任し、自分自身のために立ったミリーは、パネルの前に鎖でつながれたまま立ち、冒頭陳述を行った。その冒頭陳述では、自分の無実を宣言し、逮捕時と尋問時に行ったありもしない弁明、つまり、米軍内のディープ・ステイターを暴くという使命のためにトランプ大統領のために密かに働いていたという弁明を繰り返した。彼は、J6(1月6日国会襲撃事件)が展開される中で、トランプ大統領から秘密の仕事を持ちかけられたと説明した。トランプは、ハニンク副司令官やバーガー将軍のような高級将校が、愛国心を装いながらトランプの大統領職を貶めていることを証明する証拠を持っていたとミリーは言った。

「この男は私を反逆者だと非難している。彼こそ裏切り者だ!」 ミリーはクランドール副提督を指差して言った。「あなたがたも将校である以上、機密保持の必要性、区分化の必要性、そして最高司令官に疑問の余地なく従う必要性を理解しているはずだ。私はそうしてきた。それが私のしてきたことだ。トランプ大統領は、この任務が非常に極秘であり、何か問題が起きたら、その任務や我々の取り決めについての知識を否定する、と完全に明言していた。私は理解した。そして命令に従った」。

「では、はっきりさせましょう。私の前任者がヒラリー・クリントンを起訴している間、彼女以上のディープ・ステートはいないだろうが、彼は実際にディープ・ステートのために働いていたのか? そして、バーガー将軍がCIAと手を組んだディープ・ステートに誘拐され、薬漬けにされ、殴り倒されたとき、彼もまた、実際にディープ・ステートのために働いていたのか? この委員会が信じることを期待しているのか?」

「率直に言って、彼らが何を信じるかは私の関心事ではない。重要なのは真実だ。詳細が知りたければ、トランプ大統領に聞くしかない」、とミリーは反論した。

「トランプ大統領は最近忙しい。きょうは来られなかったが、パネルのためにビデオを事前に録画してくれた」と副提督。

視聴スクリーンに大統領の顔が映し出された。「もし私がきょうその場にいることができるのなら、臆病者であり、この国がこれまで見た中で最悪の将軍であるマーク・ミリーに対して証言したい。彼は恥ずべき存在だ。彼は大統領と国家を裏切った。1月6日、彼はナンシー・ペロシとペンスに味方し、その正体を世界に示した。彼は中国に電話をかけ、寝ぼけたジョー・バイデンが本当の大統領であり、私はあそこに核兵器を送るつもりだと言った。どういうことだ? なぜ私が中国に核を撃ち込まなければならないのか。私は彼の名前を言いたくはないが、彼は共産主義者のハッカーである作家のボブ・ウッドワードに駆け寄り、ありもしない話をでっち上げた。そして今、彼はいまだにでっち上げを続けている。私のために極秘裏に動き、深層国家を追っていると。彼はひどい嘘つきか妄想のどちらか、おそらくその両方だろう。何度もチャンスを与えたがことごとく裏切られた。彼は私のために働いていたのではない。バイデン、ロイド・オースティン、メリック・ガーランドのために働いていた。彼はネバートランパーであり、私が他のどの大統領よりも尽くしてきた軍を裏切り者で埋め尽くそうとしていた。彼が何を言おうとも、裏切り者であり、憲法を憎んでいることを、私は神の下で断固として誓う」。

トランプ大統領の最後のコメント: 「それが私次第なら、彼は処刑されるだろう」。

「被拘禁者ミリー、Covid-19の予防接種は受けていませんね」と副提督が尋ねた。

ミリーは、JAGが処理センターで彼の血を “強制的に”抜いたので、その質問は修辞的なものだと言った。

「ロイド・オースティンが彼とバイデンのワクチン接種を命じたとき、あなたは彼を支持しましたね? 拒否する軍人に不名誉除隊まで勧告したんでしょう? そして、あなたは、子供を含む軍人の扶養家族が駐屯地の住宅に住んでいる場合、立ち退かせるべきであり、医療や維持薬のような給付を拒否すべきだと言いましたね?」

「そのような考えを支持したように記憶しているが、それが私の考えなのかロイドの考えなのかは覚えていない」ミリーは率直に答えた。

「でも、ジャブを打たれたことはないんですか? 一度も? 一発たりとも?」

ミリーは “ジャブ”という言葉を使うことに異論を唱え、世界中のほぼすべての医療専門家が支持している救命ワクチンを中傷していると言った。

「生命維持者というより、ファウチ博士のようですね。なぜジャブを拒否したのか、その理由を言っていただけませんか?」と副提督は言った。

「何も拒否していません。トランプ大統領の計画の一部だからです」とミリーは言った。

「オースティンは? 彼も大統領の計画の一部ですか?」とクランドール副提督が尋ねた。

「私は何も知らないので、肯定も否定もできません。首尾一貫した詳細を知りたければ、トランプ大統領に聞いたほうがいい」とミリー。

「すべての質問に対して、トランプ大統領の計画だったと答えるつもりですか」と副提督は尋ねた。

ミリーはあくびをした。「もうあまり話したくない気分だ」。

クランドール副提督は、ミリーがオースティンに送ったメールをパネルに見せた。その中には、ワクチン未接種の軍人を “非アメリカ的トランプ主義者 “や ” 義務” と呼んでいるものもあった。彼は、軍内のワクチン否定論者全員を除隊させるか軍法会議にかけることに賛成だと書いている。

「被告は混乱している。彼はワクチンが若者を殺し、特に危険であることを知っていた。しかし、彼は彼ら全員を追放し、ワクチン接種を喜んで受ける兵士と入れ替えることを望んだ。彼は文字通り、軍を絶滅させることを望んでいたのです」と副提督はパネルに語りかけた。

ミリーは黙ったままだった。

「そして、こんなことがありました」。副提督はミリーの文章を読み上げながら言った。「ご存知のように、ロイド、私はもうすぐ引退する。おそらく友人のところで永久休暇を取らなければならないだろうが、将軍の退職プランでは困る。私にはもっとふさわしいものがある」と。

「いつも結局は不換紙幣に行き着く」とクランドール副提督は続けた。「私たちは最近の有罪判決で、繰り返されるテーマを観察してきました。任命された、あるいは選挙で選ばれた高官が、ウクライナにワクチンや現金を推薦し、健康で、無申告の、違法なキックバックを得るというものです。ミリーも例外ではありません。もし我々が彼を捕まえなければ、彼は今頃ゼレンスキーと仲良くしていたでしょう」。

彼は逮捕の3日後、9月28日にワルシャワに向かう予定だった航空会社の領収書と確認番号のコピーを見せた。「その場合、彼は向こうにいて、我々は彼の替え玉かディープ・フェイクの似顔絵を国中探し回ることになるでしょう。彼が臆病者でなければ、トランプ大統領が嫌いだと認めるでしょう。それを誇りに思ったでしょう。ディープ・ステートの友人たちと内輪でやっているように、彼はその憎悪を喜び、自慢するでしょう」 。

「きょうは釣り日和ではない」とミリーは言った。

しかし、クランドール提督は漁夫の利を得る必要はなかった。その中には、ゼレンスキー、フランスのティエリー・バックハード国防長官、カナダのジョセリン・ポール陸軍参謀総長との個人的なやりとりも含まれており、軍事費を削減し、その資金でワクチンを購入したり、ウクライナに送ったりするよう、それぞれの政府を説得する計画が詳細に記されていた。副提督はまた、選挙の1か月前の2020年10月2日に、ミリーとミリーのボディ・ダブルがデラウェア州でバイデン夫妻と会っているビデオも持っていた。ミリーはバイデンに、「もしトランプをある方法で追い払えないなら、そして神は我々が試したことを知っている。ジョセフ・バイデン未来の大統領、軍の最高司令官、あなたの大統領職は保証されている。あなたの大統領職、彼のビジョン」と語っている。

「きょうここで起きていることを後悔することになるぞ。ゼレンスキーは、あなたが言うように、ホワイト・ハットのいい男だ。トランプ大統領がゼレンスキーと “完璧な電話”をしたと言ったのを覚えているか? 彼は、ゼレンスキーは、私のような善人だと言っているのです」とミリーは言った。

委員会はこれに同意せず、わずか15分の審議でミリーを反逆罪で有罪とし、絞首刑に処することにした。

「私は将軍だ」とミリーは抗議した。

「もう違う」と副提督は答えた。

その後、クランドール副提督は、ミリーはかつては模範的な将校だったが、最終的には狂気と救いようのない強欲に蝕まれた、とコメントした。

死刑執行は10月13日に予定されている。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す