木曜日, 2月 22, 2024
ホームCovid-19JAG、CDC職員カレン・ハッカーに有罪判決

JAG、CDC職員カレン・ハッカーに有罪判決

By Michael Baxter – 2023年12月27日(Real Raw Newsより翻訳)

米海軍法務官兵団と軍事委員会は、CDC慢性疾患予防・健康促進局長のカレン・ハッカーを国家反逆罪と選挙詐欺の共謀罪で有罪とし、この専制的なディープ・ステイターに15年の禁固刑を言い渡した。

12月3日に報じられたように、ホワイト・ハットは、彼女が2024年の大統領選挙を前に、マスク着用と避難命令の更新を求める64ページの提案書を共著した証拠を掴んだ後、ハッカーを逮捕した。この文書の中で彼女は、抗生物質耐性の白肺肺炎と、免疫を回避するとされる新興のCovid-19株はすぐに国を蝕み、ワクチン未接種者からワクチン接種者を守るために郵送投票が必要になると、証拠もなしに主張している。さらに彼女は、もし投票所が開いていれば、有権者は「入場して投票するためにはワクチン接種の証明書を提出しなければならない」と書いた。

初期の尋問でハッカーは、文章のほとんどはCDCディレクターのマンディ・コーエンのアイデアか、ChatGPTが書いたものだと言った。それにもかかわらず、ハッカーはその提案書に名前を書き、署名しており、JAGはその内容に関して彼女に責任を負わせた。

クランドール副提督が裁判を監督し、海軍大尉がハッカーの弁護を担当した。彼は弁護士の助言に反して、どちらかが冒頭陳述をする前に法廷で演説する許可を求めた。副提督は許可すると答えた。

斜に構えたハッカーは「無罪」を主張し、CDCの同調圧力と脅迫の果てしない環境に屈したことを謝罪した。彼女は、憲法と自由、そしてドナルド・トランプに対する蔑視がCDCのアトランタ本部に蔓延していると語った。彼女は、新興感染症に対する国の防波堤であるべきものが、政治的説教壇であったと付け加えた。

「私には2つの選択肢がありました」とハッカーはクランドール副提督とJAGが選んだ3人の将校に向かって言った。「そのプログラムに従うか、それとも門前払いするか。特に、ワクチン未接種者を医学的に隔離する必要性を毎日聞かされるような状況では。すみません、自分のことを三人称で言うつもりはありません。紙に書いたことは深く反省していますが、あなたが非難するような罪は犯していません。郵便投票も、強制的な予防接種も、ワクチンは命を救うのに、私は望んでいません」。

「興味深い」と副提督は言った。「では、なぜあなたは予防接種を受けないのですか?」

「その質問には答えるな」と弁護人。

15分にわたる口論の後、副提督はハッカーのマニフェストを朗読した。「見てみよう: 各分野のパイオニアとして、また健康問題に関する米国の統治機関として、我々は社会をそれ自体から守る責任がある。もし病人やワクチン未接種者に直接投票させれば、二度と立ち直れないような大流行が起こる危険性がある。郵便投票はこのような結果を防ぐことができるし、医療監禁は健康な生活を守るための手段と考えるべきだ』。これが被告の言葉である。

彼女はCDCを “統治体”と呼んでいるが、これは以前にも聞いたことがある。彼女は圧力をかけられたと言っているが、はっきり言ってでたらめだ。彼女は立ち去ることもできたはずだ。しかし数分前、彼女は自分の仕事について、儲かるという言葉を使った。

副提督はパネルにハッカーのバンク・オブ・アメリカの財務諸表のコピーを見せた。2020年3月から2023年11月までの間、彼女は基本給に加えて、保健福祉省から毎月合計187万5,000ドルの入金を受け取っていた。彼は、これらの金は、彼女がプランデミックの隠蔽工作に参加したことに対する報酬であると推測した。

弁護人は、それまでその入金を知らなかったと反論した。弁護人は、JAGがディスカバリー・ファイルから供述を隠したと非難した。彼は、ハッカーと個人的に協議するために30分間の休廷を要求し、副提督はそれに同意した。その後、彼はクランドール副提督の前に立ちはだかり、今聞いた話をもとに、良心の呵責からハッカーを弁護することはできないと述べた。

「クランドール副提督、私は弁護士ですが、憲法を守ることを誓った合衆国海軍の将校でもあります。弁護士と依頼人の秘匿特権は尊重しますが、弁解の余地のない者を弁護することはできません。正式に退席し、私の代わりに他の弁護人をつけるよう要請します」と彼は言った。

副提督は首を横に振った。「君の苦悩は理解できるが、そんな時間はない。あなたはこの被拘禁者の弁護を担当することになったし、今後も他の被拘禁者の弁護を担当することになるだろう」。

「私は彼らを弁護できません。私は彼らを非難し、彼らは救いようがない。」 と彼は言った。

「あなたの責任です」と副提督は答えた。

「では、私は合衆国海軍士官を辞職します」と彼は言った。

クランドール副提督は厳粛にうなずいた。「それは難しいことですが、それはあなたが決めることです。明朝、正式な辞表を提出するように」。

彼が去った後、ハッカーは無効審理を要求した。

「要求は却下する。委員会はすでに提出されたものを検討する」と副提督は述べた。

委員会はハッカーを有罪としたが、死刑は宣告しなかった。上級士官は声明の中で、ハッカーの行為は反逆的ではあったが、不正に自分自身を富ませたとはいえ、まだ誰にも危害を加えていないと述べた。

「被告である被拘禁者カレン・ハッカーは、選挙結果に影響を与えるために自分の権限を利用したであろうし、その目的のために金銭的な報酬を得ていたと結論づける。彼女は反省の態度を示しておらず、釈放されてもCDCの監督者の命令を受け続けると考えるのが妥当だ。そのため、15年を超えない期間、仮釈放の可能性なしに収監することを提案します」と担当官は言った。

「しかし、私は何も悪いことはしていません」とハッカーは抗議した。「申し訳ありません!」

クランドール副提督は委員会の勧告を受け入れ、憲兵はハッカーを独房に案内した。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す