木曜日, 2月 22, 2024
ホームアメリカデルタフォース、D.C.地方検事を国家反逆罪で逮捕

デルタフォース、D.C.地方検事を国家反逆罪で逮捕

By Michael Baxter -2024年1月20日(Real Raw Newsより翻訳)

エリック・M・スミス将軍の事務所の関係者がReal Raw Newsに語ったところによると、アメリカ合衆国デルタフォースは木曜日、コロラド州ブリッケンリッジでコロンビア特別区の連邦検事を逮捕し、この悪名高きディープ・ステイターを、J6参加者を不法に起訴し、投獄した罪で起訴した。

犯罪者メリック・ガーランドは、J6で “人民の家(下院)”を訪れた平和的で愛国的な市民を特定し起訴するという政府の違法かつ前代未聞の作戦における政権のフロントマンであったが、法学史上最も卑劣な司法の誤謬のための足取りを担ったのは、MSMによってほとんど言及されることのなかったマシュー・グレイブスであった。バイデンが任命したグレイブスの小槌は、無実の人々を投獄し、かつては勤勉だった家族を貧困に追いやった。大勢のDC警察、FBI、連邦保安官に守られた安全な法廷のベンチから、グレイブスは1,423人年の投獄を自ら宣告した。

RRNに示された事件ファイルによると、ホワイト・ハットは2021年1月下旬に13人のデモ参加者を告発した直後から、グレイブスを拉致しようと画策していた。その数日後、グレイブスはFBIがさらに150人の容疑者を追いつめていると発表し、「もし何かを見たなら、何か言ってください」キャンペーンを実施し、ゲシュタポ的な警察組織と情報や手がかりを共有するよう市民に呼びかけた。同時にFBIのスティーブン・ダントゥオノ報道官は、FBIは今後数カ月で「数千人の暴徒」を捕まえ、反逆罪と暴動罪で告発する見込みだと述べた。グレイブスとFBIは、プラウド・ボーイズ、オース・キーパーズ、スリー・パーセンターズ、パトリオット・フロントといった合法的に結成された運動とのつながりを引き合いに出し、抗議者たちを「過激派、過激派、MAGA、フリンジの狂人」とレッテル貼りした。グレイブスのメッセージは明確で、彼らを国内テロリストとみなしている。

民間人とともに、現役軍人と退役軍人も連邦政府の捜査網に引っかかった。2021年3月中旬、自動小銃を振りかざした連邦捜査官が、米海兵隊退役軍人トーマス・ティドウェル軍曹の家に押し寄せた。彼らはこの63歳のデビル・ドッグに銃口を向け、令状も見せず、自宅を物色して私物を盗むという憲法修正第4条違反を犯した。ティドウェルは、ペンスが選挙人団の票を不法に数えることに反対し、歴史的な目的のためにこの出来事をビデオに撮るために、J6に国会議事堂にいた。彼は建物に足を踏み入れていなかった。

ティドウェルは、J6関連の犯罪で起訴された少なくとも73人の現役軍人と退役軍人の一人である。

ホワイト・ハットは、グレイブスが6人の現役軍人を “秘密裏に起訴”したと主張している。

いずれにせよ、グレイブスは非合法な大統領によって任命されたため、グレイブス自身も非合法である、というのが軍の主張であった。ホワイト・ハットの目には、憲法上認められたいかなる権限も、グレイブスを地方検事補から地方検事へと昇格させたことはなく、したがって彼の地位は無効である、と映ったのである。

ホワイト・ハットはまた、グレイブスの活動家である妻ファティマ・ゴス・グレイブスは、ジル・バイデン、カマラ・ハリス、民主党議員、閣僚と個人的なつながりがあり、グレイブスには紛れもない利害の対立があると述べた。ファティマ・ゴス・グレイブスは長い間、最高裁の改革(リベラル派で埋め尽くすこと)と中絶への無制限のアクセスを切望しており、民主党とバイデンの陰謀団の優先事項を推進する上で重要な役割を果たしてきた。

グレイブスについては、ホワイト・ハットは、彼を逮捕し、過剰な巻き添え被害を出さないための現実的な機会を待つには、かなりの忍耐が必要であり、そのための3年間とホワイト・ハット・コミュニティ内の対立が必要であったと述べている。2021年4月、スミス将軍の前任者であるデビッド・H・バーガー将軍は、ワシントンDCの裁判所を襲撃し、「手錠をかけられた裏切り者を蹴飛ばしながら通りに引きずり出す」という提案を却下した。バーガー将軍は、この軽率な提案はあまりにも多くの罪のない人々の命を危険にさらすと主張していた。

「私は内部の議論に深く立ち入ることはできないが、バージャー将軍は、一人の男を捕らえるために大規模な軍事攻撃を行うことは、多くの人々を無益に殺すことになると考えていた。グレイブスはディープ・ステートで最も守られている人物の一人であり、文字通り何百人ものFBIや警官が彼の裁判所やその周辺にいて、彼の家を守っていた。FBIだからといって腐敗しているとは限らない。彼らの多くは若く、世間知らずで、ただ命令に従うだけで、自分たちが働いている悪を理解していない。我々の仕事は犯罪者を裁くことであり、大量殺戮を生み出すことではない。バーガー将軍は多かれ少なかれ、嵐の時ではないと言ったが、今も昔も、正しかろうが間違っていようが、その議論はスミス将軍の在任期間を悩ませてきた」と情報筋は言う。

2023年後半から、ホワイト・ハットはグレイブスの日常生活に変化が生じたことを察知した。彼は個人的な警護を徐々に減らしていった。講演から食料品店への買い物まで、公の場に姿を現す回数が増えた。武装した側近に警護されていることに変わりはなかったが、どうやら時間が自己満足を生み始めていたようだ。2023年10月17日、米陸軍サイバー司令部(ARCYBER)のホワイト・ハットは、グレイブスのデジタルな足取りを監視していたが、彼が1月中旬に冬のスキーで人気のコロラド州ブリッケンリッジへの4日間の旅行を予約していたことを知った。彼はファーストクラスの航空券を2枚余分に購入しており、その航空券の名義は連邦保安局(U.S. Marshals Service)の警官2人組のものだった。

この旅行をキャンセルしない限り、彼は1月15日から19日の間にブリッケンリッジに滞在することになる。

米陸軍デルタフォースの小部隊も同様だ。

グレイブスの小旅行の話を聞いたスミス将軍は、米陸軍特殊作戦司令部のホワイト・ハットの同僚と話し、陸軍の特殊任務部隊が高山の町に入り、不要な注意を引いたり手の内を明かしたりすることなく、パーカーを着てスカーフを巻いた観光客の大群に紛れ込むことができる最善のチャンスだと判断した。

彼らはグレイブスより一足先にブリッケンリッジに到着し、周囲の状況を確認した。山の見える彼のホテルの監視を確立し、最小限の注意を引きながら、あるいはまったく注意を引くことなく、彼を捕らえることができそうな場所を予測しようとした。グレイブスと武装した護衛がリゾートに到着し、グレイブスがデンバーで借りた車を駐車する係員を待っている間、デルタフォースの工作員は遠くから双眼鏡でグレイブスを監視し、グレイブスから3フィート(約91cm)離れたところに立っていた。グレイブスはいかにも裕福そうな観光客だった: 彼はカナダグースのパーカー、1,500ドルのジャケット、ニット帽、ゴアテックスの手袋とブーツを身につけ、護衛も同じような服装をしていた。

デルタ航空はグレイブスを尾行する最初の数日間を、ホテルへの出入りを研究するために使った。彼らは、3人が同じスイートを共有していたこと、ホテルの廊下、レストラン、バーが24時間観光客でごった返していたことから、ホテルの部屋での誘拐を否定した。その上、建物の内部と駐車場には監視カメラがほぼ四方八方を覆っていた。

デルタフォースは間もなく、グレイブスがゲレンデに一風変わった魅力を持っている一方で、おそらく人類史上最も協調性に欠け、スキーの腕前も未熟であることを発見した。彼はリフトの上にある初心者コースでスキーを装着するのに苦労し、たちまちパウダーの中に顔から落ちた。彼は自分の不手際を認めるどころか、間違ったサイズのスキーを借りた添乗員のひとりを叱り飛ばした。それでも彼は、スキーが当たり前のようにできる幼い子供たちを羨ましく思いながら、トレイルをぶらぶらと歩いた。「バカなガキどもめ」とデルタフォースが耳打ちした。

木曜日の夕方、デルタフォースは行動を開始した。

グレイブスとその護衛がダウンタウンのレストランを出て、車に向かって歩いていたとき、デルタフォースが側面に回り、護衛の露出した顔に麻痺矢を放った。グレイブスが助けを求めて叫び、手袋をはめた手で無益にも携帯電話のロックを解除しようとしたときには、護衛は地面に倒れ、彼もまた精神安定剤を注射されていた。デルタフォースは連邦保安官を横たわらせたまま、グレイブスをSUVに乗せ、デンバーに向かい、最終的にはグアンタナモ湾に向かった。

「我々はこれを大々的な逮捕と考えている」と情報筋は言う。

冤罪で有罪判決を受けた愛国者たちにとって、グレイブスの逮捕は何を意味するのか、と尋ねられた彼は、「明らかにメリック・ガーランドはまだ逃走中だ。彼らの家は崩壊しつつあり、誰もこの事態を好んではいない」と言った。

グレイブスの妻がまだ自由の身である理由を尋ねられると、彼はこう付け加えた。「捜査中のことについてはコメントできない」。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す