日曜日, 6月 16, 2024
ホームアメリカJAG、過去2か月で97人の "メディア"逮捕を主張

JAG、過去2か月で97人の “メディア”逮捕を主張

By Michael Baxter -2024年1月21日(Real Raw Newsより翻訳)

木曜日、ペンサコーラの法務官兵団関係者がReal Raw Newsに語ったところによると、法務官と陸軍CIDの捜査官はこの2か月で100人近いメディア犯罪者を逮捕したとのことである。しかし、逮捕されたのは、華やかで脚光を浴び、毎日集団的な情報への渇望を満たすような顔や人物ではない。彼らはレイチェル・マドウズでもアンダーソン・クーパーでもロバート・コスタスでもない。むしろ、同じように危険な同類を構成しているのは、放送で何を見せ、インターネットの空白地帯で何を公開するかを決める、舞台裏の企画者や管理者たちなのだ。

人気のある名前や顔の裏には、放送局や出版社の斜に構えた意図に沿うように、アウトプットを消化しやすい形に抽出し、コンテンツを編集する、救いようのないゲートキーパーが潜んでいる。ファクトチェッカーからオピニオン編集者、外部コンサルタントから最上階の経営陣までが、会議室やカフェテリアに集まり、真実を無視して放送すべき記事を選んでいる。彼らは、単純で柔和な視聴者に簡単に反証可能なプロパガンダを売り込む原動力であり、一見壊れそうにない防波堤なのだ。

Anderson Cooper

アンダーソン・クーパーが見出しを朗読し、それを拡大するとき、彼はテレプロンプターとにらめっこしている。彼の場合、政治的偏見を共有する16人のスタッフとインターンによる「リサーチ」チームと編集委員会が、彼の話す言葉を厳密に編集している。もちろん、彼も同罪だ。もし彼が局やバイデン政権の虚偽を売らなければ、買い手はいないだろう。彼は単なる役者ではなく、彼の雇い主と同じく共犯者なのだ。

余談:数十年前、MSMの日刊紙とゆるやかに呼べるものに在籍したことがある私は、当時煙に巻かれていた編集室で、ありもしない行為や憤懣やるかたない雰囲気を目撃したことがある。しっかりした記事が棚上げにされたり、23ページの紹介文に減らされ、フィクションに置き換えられたりするのを目の当たりにした。えこひいきや縁故採用、意図にそった記事に対する高額な報酬の例も聞いたことがある。問題の一部でない限り、このような不穏の巣窟は訪れるべき場所ではない。

私たちの情報筋によれば、JAGは主役とハッカーを区別しないという。JAGの目には、参謀法務官が彼らを検証可能な犯罪に結びつけることができれば、誰もが等しく有罪であると映る。

私たちの情報源はさらに続けた: 「ここでは、誰も意見を犯罪視したり、憲法修正第1条を侵害しようとしているわけではないことを理解してほしい。一例を挙げよう。先日、落ちぶれたドラッジ・レポート(アメリカの保守系の政治系ニュースサイト)を含む5つか6つの報道機関が、トランプ大統領の手に切り傷やただれがあるという記事を掲載した。そのうちのいくつかは、トランプ大統領が梅毒に感染していると、ただ煽るためだけに乱暴に推測した。これはくだらない、ばかげた、クリックベイト*のナンセンスであり、明らかに犯罪ではない。一方、アリゾナ州の投票機を考えてみよう。改ざんされた証拠がある。トランプ大統領もそうだ。我々は最近、機械は無謬であり、トランプ大統領はまだ不正選挙の話をでっち上げているという記事を書き続けたMSNBCの編集者を逮捕した。それ自体は、処罰の対象となる犯罪の定義には当てはまらない。しかし、その編集者がメーカーやトランプ大統領の言い分に異議を唱える人々から報酬を得ていたことが証明されれば、それは贈収賄である。賄賂は犯罪であり、提供者も受領者も刑事責任を問われる可能性がある。しかも、その贈収賄は選挙結果に影響を及ぼし、選挙妨害、米国を欺く陰謀、場合によっては国家反逆罪の定義に広く当てはまる。

「だから、トランプが嫌いな人を無作為にピックアップしているわけではない。我々は実行可能な証拠に基づいて捜査しているのだ」と彼は続けた。

彼は、JAGとCIDの証拠が12月と1月に94人の逮捕につながったと付け加えた。逮捕者の中には、MSNBC、CBS、ABC、CNBC、BBC、Vice News、Telemundo、さらにはWeather Channelの従業員や、New York Times、Washington Post、Boston Globe、Denver Postの従業員も含まれているという。『ニューヨーカー』、『ハーパーズ』、『アトランティック』紙の名前も挙げている。このリストはすべてを網羅しているわけではなく、それぞれのケースでJAGは金銭的に不適切な行為を発見したという。

「年収4万ドルのコピー編集者が、突然200万ドルの家、15万ドルのスポーツカー、そしてヨットを購入し、給料をもらいながら生活していると聞けば、疑問を抱くだろう。ディープ・ステートの信奉者たちは、金を見せびらかすのが大好きなのです」と情報筋は言う。

ニュース部門は、レイオフという、消えていくスタッフを説明するのに便利で信じやすい方法を見つけた、と彼は付け加えた。

ここ数か月、全国で数十の報道機関が、広告収入や購読料収入の減少、視聴者・読者数の減少を理由に、人員削減を発表したり実行したりしている。これは一部真実ではあるが、より多くのアメリカ人が捏造されたメインストリームのニュースを避け、事実に基づいたオルタナティブ・メディアを支持している。すべての新聞社にベゾスの後援者がいるわけではないが、カリフォルニアのサクラメント・ビー紙のような小さな新聞社でさえ、ジョージ・ソロスから定期的に寄付を受けている。

「それは輪になっている。これらのメディアの犯罪者たちは、ジョー・バイデンを自分たちの大統領にし、彼、あるいは舞台で彼を演じている者が、今度は彼らに力を与えるのです」と情報筋は語った。

最後に、私たちはこの情報筋に、認識できない人物を標的にすることの価値について尋ねた。

「アンデソン・クーパーを見ましたね。バカの箱(テレビの俗語)のレイチェル・マドウを見れば、『彼らを捕まえろ!』と思うでしょう。そして、そう、彼らは手に入れるだろう。しかし、私たちが見ているのは、上から下まで解体されなければならない大きな構図であり、必ずしもその順番どおりではないのです」。


クリックベイト
ネット上の虚偽・誇大広告の形態の一つで、ネットユーザーの興味を引くような文面のテキストやサムネイル画像を用いてリンクを踏ませ、欺瞞的な内容のコンテンツを読ませたり、見せたり、聞かせたりするものである。 扇情的あるいは誤解を招くような形で提示するのが典型的である。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す