日曜日, 5月 19, 2024
ホームCovid-19JAG、3人のWHO "テロリスト"を逮捕

JAG、3人のWHO “テロリスト”を逮捕

By Michael Baxter -2024年1月11日(Real Raw Newsより翻訳)

米軍の護憲派は先月、犯罪者バイデン政権の国務省や疾病管理予防センターのメンバーと「自由社会における義務」の重要性を議論するために米国に滞在していたチクウェ・イヘクウェズ博士以外の3人の世界保健機関(WHO)職員を逮捕した、とJAGとスミス将軍の事務所の情報筋がReal Raw Newsに語った。

12月24日に報道されたように、アメリカ海兵隊はメリーランド州アナポリスのホテルの外でイヘクウェズ博士を逮捕した。イヘクウェズ医師はドイツで家族と過ごす休暇を犠牲にし、CDCの緊急対応チームと密かに会うために大西洋を渡ったのである。精力的な調査官と、時に全知全能のように見える米陸軍司令部の目と耳は、イヘクウェズが不正な集まりに出席しないことを確実にした。犯罪の共謀者に会う代わりに、彼はGITMOの独房に閉じこもり、そこで当然の軍事法廷を待つことになった。

イヘクウェズは、12月下旬に米国に入国した4人のWHO職員のうちの1人であることが判明した。他の4人は、米州地域ディレクターのジャルバス・バルボサ博士、データ・分析・送達担当事務局長補のサミラ・アスマ博士、東欧活動担当特使のカッペル・クレバク博士である。彼らはイヘクウェズと同様、クリスマス後にメリーランド州アナポリスで米国の共謀者と会うことを画策していた。

合計4人のうち、ホワイト・ハットに逮捕される前にホテルにたどり着いたのはイヘクウェズだけだった。一方、バルボサ、アスマ、チュレバクの3人は、それぞれ別の出発地から飛行機で渡米し、ダレス国際空港の到着ターミナルを出た直後に捕まり、逮捕された。

ホワイト・ハットは、自由を享受しすぎている人々に義務を課し、その移動を制限することの重要性についての “学術論文”を執筆したチュレバクを逮捕することに特に興味を持っていた、と我々の情報筋は語った。アレックス・アザールHHS長官の支持を得たとされる彼の論文は、斬新な考え方を提唱していた: 特にアメリカ人は、どのような科学的・医学的基準が制限的な義務化を必要とするのか、自分で判断することが精神的にも感情的にもできない、というのだ。ポーランド人であるチュレバクは、ジョー・ローガンやドナルド・トランプのような人たちに耳を傾け、彼らの “ニセ科学”を鵜呑みにするような人たちは文明を危うくすると書いた。Covid-19やワクチン否定論者は、世界的な危機の際に偽情報を流せないように閉じ込めておくべきだというのが、チュレバクの専門的な意見だった。さらに彼は、合衆国憲法に成文化されているアメリカの自由は、確立された医学的プロトコルの後ろに団結した世界と表現される “物事の秩序”を維持するために縮小されるべきだという考えを売り込んだ。

「ワクチンと社会的距離の強制に異議を唱えたのはアメリカ人だけだった。北米の隣人であるカナダは、たとえ誰もSars-Cov2で入院したり病気になったりしなくても、命を守るためには義務化が必要だと理解していた: 義務に反抗していた人々は今、”覚醒主義 “との戦いに夢中になっている。私たちは、私たちは、彼らの詰まった鼻の下をすり抜けて、義務化を進めることができる。そして、彼らは手遅れになるまで気づかないだろう。

JAGは何とかしてチュレバクの旅程を入手すると、空港で尾行できるよう調査官を待機させた。チュレバクはターミナルを出てUBERに乗る前に、スーツケースひとつを手荷物預かり所から取り出していた。捜査官はUBERを追い、D.C.のダウンタウンを抜け、州間高速道路95号線を北東にボルチモア方面へ向かい、メリーランド州サベージの休憩所付近でUBERを止めた。チュレバクは車から逃げ出し、パニックに陥った運転手は車の中で黙って両手でハンドルを握っていた。

チュレバクは上着からピストルを取り出し、捜査員に向かって3発発砲したが、弾は命中せず、空中を飛んだり、捜査員の車に当たったりした。一人の捜査官がスタンガンを撃つと、チュレバクは膝をついてピストルを捨てた。

拳銃を肌身離さず、あるいは機内持ち込み手荷物に入れたまま飛行機に搭乗した経緯は不明である; ピストルが預け入れ荷物の中に保管されていたとしても、それを取り出す機会はなかった。

情報筋によれば、チュレバクは拘束され、JAG拘置所に連行されたという。

さらに、捜査官は怯えたUBERドライバーに、睡眠を誘発し、短期的な記憶喪失を引き起こす薬を注射したと付け加えた。

「注射を受けた者は、漠然とした、とらえどころのない記憶で目を覚ます。薬物動態学には疎いので、どのように作用するかは説明できません」。

この記憶喪失薬のニュースはReal Raw Newsにとって新しいものであるため、有益な情報を得るために軍や民間の薬剤師や化学者に問い合わせをしている。

バルボサとアスマの逮捕にはドラマはなかった。捜査官たちはパンチも武器も使わずに彼らを孤立させ、逮捕した。

3人とも外国人テロリストの烙印を押され、軍法の許す限り訴追されることになる。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す