木曜日, 2月 22, 2024
ホーム2024選挙アイオワ州へホワイト・ハット

アイオワ州へホワイト・ハット

By Michael Baxter -2024年1月14日(Real Raw Newsより翻訳)

アイオワ州民が前例のない寒波に耐える準備をしており、月曜日の注目の選挙戦への投票率に影響を与える可能性がある。エリック・M・スミス将軍の事務所の情報筋がReal Raw Newsに語ったところによると、未知数の覆面ホワイト・ハットも防寒具を着用し、不正やその他の悪質な行為の兆候に目を光らせている。

アイオワ州は、共和国で最初に予備選挙が行われる州であり、アイオワ州で起こったことがアイオワ州に留まることはめったにない。通常、アイオワ州で好成績を収めた候補者は、多くの州で対立候補を圧倒する。現状では、世論調査は、軍の合法的な最高司令官であるドナルド・J・トランプ大統領が、最も近い対立候補であるニッキー・ヘイリー(本名ニマラタ・ランダワ)(16%)に対して圧倒的なリード(48%)を示している。トランプ氏の熱烈な支持者たちは、寒い中を投票に出かけるよりも、むしろ家にいることを望んでいる。

「トランプ支持者は体調を崩しており、月曜の朝に外に出るのは最後だろう。私が投票を不正に操作したという主張はすべて捏造だ。あのローラ・ルーマーは、私が天候をコントロールしているとツイートした。こんなおかしなことを聞いたことがあるだろうか? トランプ支持者が投票に行かないのは私のせいじゃない」。米陸軍サイバー司令部が傍受した通話記録によると、ヘイリーがブラックロック・インベストメンツの金融支援者に語ったとされる。

政治的な裏工作やあからさまな選挙窃盗は民主党の間で蔓延しているが、偽共和党員、RINO、気弱な保守派の中には、彼らがしばしば批判する民主党員と見分けがつかなくなるようなドアを越える者も増えている。投票用紙の窃盗は党派を超えて伝染すると情報筋は言う。

ホワイト・ハットは、ヘイリーやデサンティスが明日の予備選を弱体化させようとすることを証明する具体的で信頼できる情報を持っていないが、運命を運任せにはしていない。情報筋によると、ホワイト・ハットは2020年の大統領選挙が盗まれた後、民間人や元軍人を含む熟練した調査官を採用し、彼らは「現場の長靴」という観点から投票用紙窃盗の兆候を目立たないように見つけるよう教えたという。パーカー、マフラー、手袋、帽子といった防寒具に身を包んだ調査員たちは、人ごみに溶け込み、投票集会を監視する。

調査員がどの都市を訪問するかは明かさないが、デモイン、シーダーラピッズ、ダベンポート(州内で最も人口の多い都市)がターゲットになりそうだ。

「現場に何人の兵士が配置されるのか、どこに配置されるのかは言えない。選挙の悪ふざけを素早く根絶するために、私たちは十分な目と耳を持つだろう。そして、さらなる資源もある」と情報筋は言う。

これらのリソースには、米陸軍サイバー司令部(フォートゴードン)と海兵隊サイバー空間司令部のホワイト・ハットが含まれ、サウスカロライナ州チャールストンにあるヘイリー氏の選挙運動本部との間でシグナル情報を傍受できるよう、人員をフル稼働させる予定だ。

アイオワでヘイリーが勝利した場合、ホワイト・ハットはどのように反応するかと聞かれ、情報筋はこう答えた。「あなたがたがニッキー・ヘイリーと呼んでいる人物は、私たちはニマラタ・ランダワと呼んでいる。彼女が勝つ唯一の方法は、不正を働くことだ。もし彼女が不正を働けば、逮捕されるだろう」。

トランプの真実
RELATED ARTICLES

Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す