日曜日, 4月 14, 2024
ホームアメリカポデスタ軍事法廷 第1日目

ポデスタ軍事法廷 第1日目

By Michael Baxter -2021年5月4日(Real Raw Newsより翻訳)

元記事

火曜日の朝、グアンタナモ湾では、反逆罪、殺人の共犯、無数の児童性犯罪の罪に問われているCの共犯者、ジョン・ポデスタに対する米軍の裁判が開始され、火花が散った。


米海軍法務顧問団のダース・E・クランドール・Jr少将は、ポデスタを、ヒラリー・クリントンが1990年代初頭に自分の「極悪非道な陰謀」に引き入れた、聖人ぶった独りよがりの下僕だと描いて審理を始めた。ポデスタの権力とキャッシュへの飽くなき渇望が、かろうじて有能な弁護士をして、主人をなだめるために魂を犠牲にし、言葉にできない犯罪を犯した、文字通りの「イエスマン」に変えてしまったのだ、とクランドール少将は、軍の訴訟のメリットを判断するために選ばれた3人の士官と全員が女性の委員会に語ったのである。

将校たちは、それぞれの軍服に身を包み、クランドール少将が2003年から2014年の間にポデスタが性的虐待を受けたとされる50人の男女の未成年者の名前を書き連ねるのを聞いた。提督は、ポデスタの魔手から逃れた被害者の宣誓供述書を12枚作成した。現在は成人しているが、ほとんどの被害者は、ポデスタが被害者の両親に、子供たちが政治家やモデル、ハリウッドスターになるように仕込まれていると説得したとき、9歳から12歳であった。2012年7月、10歳のヘンリー・レイは、ポデスタとの出会いをきっかけに、自分の子供が政治家やモデル、ハリウッドスターになるように仕込まれていることを知った。
2012年7月、10歳のヘンリー・レイバーン(本名ではない)は、ワシントンの社交家である両親の友人としてポデスタに紹介されたが、両親は子供の世話よりも外交の場での歓談に時間を費やしていた。ヘンリーの両親は、ポデスタが幼いヘンリーをディズニーランドに連れて行ってミッキーマウスに会わせると言っても、迷わなかった。宣誓供述書によると、ポデスタは自家用機をチャーターして、4人の子供たちとオーランドに「付き添った」という。
クランドール少将は、その一部をパネルに向かって読み上げた。「私はミッキーマウスに会ったことはありません。フロリダに到着した後、ジョン・ポデスタは私たちがホテルに行くと言い、ミッキーに会う前にピザとソーダを注文して食べさせてくれると言いました。忘れようと思っても、ひとつだけ鮮明に覚えていることがあります。それは、食後にふらふらと目眩がして、汗だくで目が覚め、目隠しをされて顔を下に向けられ、今では廃墟となった倉庫の中で金属製のテーブルに縛り付けられたことです。体中が痛くて、悪夢だったのではないかと思うほどでした。叫ぼうとしても、言葉がゆっくりと変になってしまいました。
(内容が読むに堪えないので中略)
ポデスタは飛行機に乗っていなかったし、少なくとも私は彼を見ていません。また、見覚えのない男性が、私が病気になってミッキーマウスに会えなくなったので、早く帰らされると言いました。他の子供たちについて尋ねると、彼らはまだオーランドにいると言われました。全身打撲で、前腕には採血でできた大きな血腫があったのに、両親は「気のせいだ」と説得してきました。両親は決して認めませんでしたが、私は両親が口止め料をもらったと思っています。私は黙っていました。10歳の生意気な子供を誰が信じるでしょうか」。
「他の11枚の宣誓供述書は似たような内容で共通点があります。これらは争うべき議論ではありません。ジョン・ポデスタ氏は公判前にそのことを認めており、我々はそれをすべてテープに記録しています。ポデスタは、子供たちに連続した儀式的虐待を行い、親を買収して脅迫し、口止めをしていました。彼とクリントンは、これらの犯罪に平然と参加していたのです」とクランドール少将はパネルに向かって語った。

4月26日にGITMOで死刑が執行されたクリントン
とは異なり、ポデスタ氏は自分のために弁護人を雇っていた。弁護人のトリシャ・アンダーソンは、グアンタナモ湾では知らない人はいない。2013年から2016年にかけて、彼女はGITMOに収容された17人のイエメン人ジハーディストの一次弁護人を務めた。

彼女は、ポデスタが罪を認めたのは、法廷のわずか2日前に軍が取り消した司法取引が条件だったと主張した。彼女は、ポデスタは善意で合意に署名したのであり、法務総監は「彼の下から敷物を取り除く」ことで彼の権利を侵害したと述べた。
「私のクライアントは、このカンガルー裁判所からの死刑判決を避けるために自白したのであって、罪を犯したからではありません。あなた方は古代の伝聞や薄っぺらな証拠を持っています。もしこの法廷で専門家の証人が認められれば、私はこの証拠を粉々にすることができます。法務総監の行動は、私のクライアントの権利を直接侵害しています」とアンダーソン氏は抗議した。
クランドール少将は、不法戦闘員として拘束されたポデスタには何の権利もなく、証拠の有効性を判断するのはアンダーソン氏ではなく、彼らの義務であることをパネルに念押しした。
「司法取引を撤回した今、彼は突然、起訴された罪を犯していないことになります。魅力的ですね」とクランドール少将は語った。
短い休息の後、彼は次の証拠を発表した。
それは、2013年にヒラリー・クリントンがニューヨーク州チャパクアの邸宅で開催した「プールパーティ」で、ポデスタが自分と妹の前で「露出」したと主張する19歳の男性の録画ビデオ証言だった。この男性は、クリントン夫妻の長年の友人である夫妻の息子であると名乗っている。
「ジョン・ポデスタが、『子供たちはみんなこれを見たがっている』と言っていました」と、その男性は震えるような声で語った。「ヒラリーもビルもいました。チャック・シューマーもいました。俳優のトム・ハンクス、見覚えのない人もたくさんいました。彼らは皆、何が起こっているのかを知っていた。彼は私と妹に自分の○○○を触らせようとしました。彼はその小さなものを振り回し始めたのです」。
法廷では、眼鏡の奥のポデスタの顔から涙が流れ落ちていた。
クランドール少将は、「彼が泣いているのは、反省しているからではなく、捕まったからだ」と言った。「あなた方優秀な将校には自分の子供がいる。考えられないことですが、もしこれがあなたの子供だったらと想像してみてください。まだまだ発表したいことがありますが、異議がなければ、この委員会は明日の11時まで休会します」。
うずくまったポデスタは、手首に手錠をかけられ、弁護士に付き添われて法廷から退出した。
トランプの真実
RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


Most Popular

Recent Comments

ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
やまとたける の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 バーガー将軍行方不明
ウッチー の上 GITMO襲撃犯を特定
ナッキーこと山田直樹 の上 軍がビル・ゲイツに有罪判決を下す